Spartyのパーソナライズ・プラットフォーム構想、新スキンケア「HOTARU」で加速
見出し画像

Spartyのパーソナライズ・プラットフォーム構想、新スキンケア「HOTARU」で加速

◆ English version: Hotaru — a glowing new skincare brand from Japanese personalization specialist Sparty
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

会員数が15万人を突破した(2020年6月時点)日本初のパーソナライズ・ヘアケアブランド「MEDULLA」を運営する株式会社Spartyが、満を持してスキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED」をローンチした。同社が目論むのは「パーソナライズ・プラットフォーム」だ。この夏にはMEDULLAとHOTARUのID統合も予定されている。

2018年5月22日に発売されたパーソナライズ・シャンプー「MEDULLA」に続き、「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」が2020年の同じ5月22日に登場した。その発売からわずか3週間で、オーガニックの流入のみで診断数が1万回を突破。コンバージョン率は同社のパーソナライズ・ヘアケアブランドであるMEDULLAよりも高く、購入者の約半数が新規顧客だという。しかも、反響があったのは女性だけではないと語るのが、株式会社Sparty HOTARU PERSONALIZED ブランドマネージャーの西田将之氏だ。

 「MEDULLAは、女性ユーザーが圧倒的に多いが、HOTARU PERSONALIZEDは男性の購入者が想定以上に多かった。女性は20〜50代と幅広い年代のユーザーが購入しており、かなりの手応えを感じている」(西田氏)

ブランド名のHOTARUには、「ホタルが、種類や個体によって光り方が異なるように、人間の輝きかたは一人ひとり違う。自分だけの輝きを見つけてもらいたい」という思いや、海外展開を見据えて「日本らしさを感じられる名前にしたい」という思いが込められている。

画像1

HOTARU PERSONALIZED
通常価格9,200円、
定期コース8,280円(税別)
提供:Sparty

西田氏によると、パーソナライズ・スキンケアの構想そのものは、2018年5月にMEDULLAをリリースするタイミングの段階で、すでにあったという。MEDULLAを運営しながら、そこで培ったパーソナライズのナレッジやバリューチェーン分析を活用して開発されている。

HOTARU PERSONALIZEDでは、10問からなるWebアンケートへの回答とカメラ撮影による肌解析から肌状態を11万通りに分類する。その結果に合わせて処方をマッチングして、「ローション」と「モイスチャライザー」の2品が調合される。

この続きをみるには

この続き: 3,243文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf