アモーレパシフィックがコロナ禍で急ぐテックスタートアップとの協業とDX
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アモーレパシフィックがコロナ禍で急ぐテックスタートアップとの協業とDX

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国国内売上1位の化粧品メーカーで、アジアでも資生堂、花王につぐ3位につけているアモーレパシフィックは、競合の台頭や新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、業績が下降傾向にある。この状況を打破するために同社がとるのがデジタル戦略の強化と、これまで以上のイノベーションの推進だ。創業75年を迎えた同社の試みをみていく。

韓国最大手の化粧品メーカー、アモーレパシフィックは、製品開発やマーケティング面でのイノベーションに注力し、国内トップランナーの地位を確固たるものにしてきた。近年ではテクノロジーに対する投資も強化。並行して、コロナ禍を克服するためのデジタライゼーションや、新時代のトレンドを牽引するためのブランド構築にも傾注している。国内ライバルたちの追撃が迫るなか、オープンイノベーションをさらに進める姿勢だ。具体的には、テックスタートアップやファッション大手との連携、社内ベンチャー育成そして海外販路の強化だ。

図1

アモーレパシフィック・
R&Dイノベーションチャレンジの模様 
出典:アモーレパシフィック公式サイト

テックスタートアップとの関係強化

2020年に創業から75周年を迎えるアモーレパシフィックは、米Forbes誌が選出する「世界で最も革新的な企業100社」に4年連続でランクインするなど、そのイノベーティブな社風や企業文化を常に堅持してきた。時代に先駆けたブランドや新製品を相次いで発表しつつ、世界各地に拠点を組織し、海外進出やローカライゼーションにも意欲的に取り組んでいる。

マーケティングや製品開発において、韓国コスメ業界のイノベーションを牽引してきたアモーレパシフィックだが、近年はテクノロジー関連のイノベーションやエコシステムづくりにも余念がない。

2020年4月からは、韓国貿易協会が保有するオープンイノベーションプラットフォーム「Innobranch」を利用し、「アモーレパシフィック・R&Dイノベーションチャレンジ」(以下、チャレンジ)を開催している。同年6月末には新たなパートナーとなるベンチャー企業の選定を終え、今後、投資および支援にのりだす計画だ。具体的には、技術ライセンシング、共同研究および製品開発などを行っていくという。

Innobranchには、約8,500社の国内スタートアップと、約50社の投資機関および大企業・中堅企業が参加しており、事業マッチングするネットワークに強みを持っている。

この続きをみるには

この続き: 2,974文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf