新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アモーレパシフィックがコロナ禍で急ぐテックスタートアップとの協業とDX

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国国内売上1位の化粧品メーカーで、アジアでも資生堂、花王につぐ3位につけているアモーレパシフィックは、競合の台頭や新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、業績が下降傾向にある。この状況を打破するために同社がとるのがデジタル戦略の強化と、これまで以上のイノベーションの推進だ。創業75年を迎えた同社の試みをみていく。

韓国最大手の化粧品メーカー、アモーレパシフィックは、製品開発やマーケティング面でのイノベーションに注力し、国内トップランナーの地位を確固たるものにしてきた。近年ではテクノロジーに対する投資も強化。並行して、コロナ禍を克服するためのデジタライゼーションや、新時代のトレンドを牽引するためのブランド構築にも傾注している。国内ライバルたちの追撃が迫るなか、オープンイノベーションをさらに進める姿勢だ。具体的には、テックスタートアップやファッション大手との連携、社内ベンチャー育成そして海外販路の強化だ。

図1

アモーレパシフィック・
R&Dイノベーションチャレンジの模様 
出典:アモーレパシフィック公式サイト

テックスタートアップとの関係強化

2020年に創業から75周年を迎えるアモーレパシフィックは、米Forbes誌が選出する「世界で最も革新的な企業100社」に4年連続でランクインするなど、そのイノベーティブな社風や企業文化を常に堅持してきた。時代に先駆けたブランドや新製品を相次いで発表しつつ、世界各地に拠点を組織し、海外進出やローカライゼーションにも意欲的に取り組んでいる。

マーケティングや製品開発において、韓国コスメ業界のイノベーションを牽引してきたアモーレパシフィックだが、近年はテクノロジー関連のイノベーションやエコシステムづくりにも余念がない。

2020年4月からは、韓国貿易協会が保有するオープンイノベーションプラットフォーム「Innobranch」を利用し、「アモーレパシフィック・R&Dイノベーションチャレンジ」(以下、チャレンジ)を開催している。同年6月末には新たなパートナーとなるベンチャー企業の選定を終え、今後、投資および支援にのりだす計画だ。具体的には、技術ライセンシング、共同研究および製品開発などを行っていくという。

Innobranchには、約8,500社の国内スタートアップと、約50社の投資機関および大企業・中堅企業が参加しており、事業マッチングするネットワークに強みを持っている。

天然素材・親環境(環境に優しい)原料などの「素材」、生分解・プラスチックフリーなど「持続可能パッケージ」、マイクロバイオーム・遺伝子分析といった「バイオ」、ウェアラブル・ARなど「デジタル」、そして、美顔器などの「デバイス」の5分野で公募が行われたチャレンジには、約125社が応募し、最終的に選出されたのは、「CIMPLRX」「PiQuant」「パルン」の3社である。

CIMPLRXは、「COMBINE -CURE」というソリューションを開発しているが、これは創薬のためのAIプラットフォームだ。健康や美容上の効能がある物質を人間がひとつひとつ探しあてる作業には非常に多くの時間とコストがかかってきたが、近年はそれらを短縮・削減するためのAIソリューションが相次いで登場している。CIMPLRXも同分野のスタートアップである。

一方、PiQuantは分光学をベースにしたIoT製品を開発する企業だ。端的にいえば、「測定技術」に優れた企業である。2017年には、粉ミルクに混入した有害物質「メラミン」を検出する携帯型測定器を、続く2019年には水のなかの菌を検出するウォータースキャナーを開発した。現在はPM2.5測定器の高度化や、食材に含まれる物質を分析するアルゴリズムの開発を行っている。ビル&メリンダ・ゲイツ財団やユニセフなどとも協業する、グローバル規模の社会課題解決を重視したテックスタートアップである。

最後のパルンは、口内の有害菌を殺菌する食用口内管理製品「クリーニングタイム」を開発した企業だ。クリーニングタイムは化学成分を含まず、天然の食品素材のみを使用してつくられたパウダー状の製品だ。ソウル大学歯科病院と共同で行った製品テストでは、虫歯や歯周病を誘発する7つの有害菌を、平均90%抑制することができるという結果が得られた。

アモーレパシフィック技術研究院のパク・ヨンホ院長は、今回の選出にあたり「オープンイノベーションの協力機会拡大を通じて、これからもアモーレパシフィックの健全な企業エコシステムの一環として、スタートアップとともに成長するために最善の努力を続けていく」とコメントしている。

社内ベンチャー発のブランドが成長中

アモーレパシフィックは2016年から社内ベンチャープログラム「Lean Startup」を行なっているが、そこからスピンアウトしたブランドが、コロナ禍の渦中において健闘している。たとえば、2019年ローンチの男性用メイクアップブランド「BE READY」の2020年上半期の売上は、前年比79%増となっている。

図1

出典: BE READY公式サイト

Lean Startupは本来、短期間で製品化をして成果を測定し、次製品に改善を加える作業を繰り返すことで成功確率を高める手法という意味がある。アモーレパシフィックは、「潜在力があり、ニッチな分野を攻めるブランド」を対象に、同プログラムを通じて2016年から毎年2ブランドをローンチしてきた。

BE READYの前年にLean Startup から登場したブランドには「CUBE ME」 と「fradore」があるが、こちらも小規模ながら確実な成果を積み上げている。

図1

出典:CUBE ME 公式サイト

口の中で噛み砕いて飲み込むタイプのコラーゲン錠剤を展開するCUBE MEは、2019年に目標とした売上の3倍を達成。大型量販店コストコなどにも入店が実現している。fradoreは「体臭スタイリング」という新しいコンセプトを打ち出した香水専門ブランドで、ミレニアル世代を中心に販路を開拓している。コロナ禍の影響で抗菌に対する需要が高まるなか、「ASMR」という抗菌・脱臭アロマミストをリリースするなどポートフォリオの拡大に努めている。

図1

出典:fradore 公式サイト

アモーレパシフィックがテクノロジースタートアップや社内でニッチブランドを育成する背景には、国内大手ライバルの猛追や、世界各地で勃興する新興ブランドの存在がある。

アモーレパシフィックの営業成績は、2016年を頂点に3年連続で下降線を脱却できていない。韓国で業界2位のLG健康生活が61分期連続で成長を維持しているのとは対照的だ。

LG健康生活などライバルの台頭に加え、優秀なOEM企業と組んだ新興ブランドの登場が相次ぎ、アモーレパシフィックがこれまで勢力を保っていた国内市場はレッドオーシャン化している。中国など海外市場においては消費者の所得の向上に伴い、求める商品が変化して日本や欧州のブランドへと関心が移っており、ラグジュアリーやプレミアム商品が伸びてきている。そのなかで、Kビューティというカテゴリーで勝負するアモーレパシフィックは苦戦を強いられているという。アモーレパシフィックとしては、新たな打開策がなんとしても必要な状況だ。

コロナ禍はアモーレパシフィックの危機感に拍車をかけた。今年、第2四半期の営業利益は連結で362億ウォン(約32億円)で、これは前年同期と比べ67.2%減少した数値だ。売上と純利益もそれぞれ前年比24.7%減、93.1%減となった。理由は、免税店、百貨店、ロードショップなど、国内外のオフラインチャネルが軒並み休業を余儀なくされる状況に追い込まれたからだ。

そこでアモーレパシフィックのソ・ギョンベ会長は、9月にオンライン開催された創業75周年の記念式典で、「新型コロナウイルスの感染拡大でビューティ関連市場のオフラインとデジタルの境界がより曖昧になっていくなかで、成長の機会を掴まなければならない」と、生き残りと成長のための強い意思を表明。2020年下半期からは、デジタル戦略により一層の力を注いでいくことを宣言した。

同じく9月には、ビューティ市場のデジタルシーン拡大に寄与する有望企業を育成するため、日本でいえばZOZOのような位置づけで若い世代に支持されるファッションEC大手「MUSINSA」と提携することを発表。「AP&M ビューティ・ファッション合資組合」という団体を組成し、ジョイントブランド、リテール、MCN(マルチチャネルネットワーク)、コンシューマーサービスなど、デジタルに関連した多様な分野に投資することを決定している。

また「AMOREPACIFIC」と「Mamonde」の2ブランドに関しては、米アマゾンで公式に流通させることも決めた。米国の顧客との接点強化を図るためだ。また7月には、人気ブランド「ソルファス(Sulwhasoo)」のインド展開も開始。インドのセフォラともいわれる美容専門ECの「NYKAA」を通じてアプローチを行っている。

競合他社やブランドの増加、新型コロナウイルス感染症の世界的流行という外的要因は、アモーレパシフィックにさらなる革新の必要性を突き付けている。イノベーティブな企業文化で危機を克服し、さらなる飛躍を実現できるのか。韓国の業界トップが描く未来の行方はグローバルな化粧品業界の勢力図にも影響を与えそうだ。

Text: 河 鐘基(Jonggi HA)
Top image: Ki young via Shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
9
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 578本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます