ウルタ・ビューティの「デジタル・スタイリスト」は人間的ふれあいをもたらす
スクリーンショット_2019-08-05_14

ウルタ・ビューティの「デジタル・スタイリスト」は人間的ふれあいをもたらす

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年6月パーフェクト・コープの主催でニューヨークにて開催された「The Global Beauty Tech Forum」。知見に満ち多くのヒントに富んだパネルディスカッションを紹介するレポートの後編は、テクノロジーをテコに変わりつつあるリテールの姿を伝える。(前編はこちら

バーチャルメイクアップツールを活用し、販促や消費者インサイトを知り、より良い購買体験と、ひいては顧客エンゲージメントにつなげようとするブランドの試みが明かされたパネルに引き続き、フォーラムでは、化粧品小売の将来像についてもパネル討論が行われた。

ヒューマン・コネクションを重視

ウルタ・ビューティは約1年前にデジタル・イノベーション部門を設立し、テクノロジーによる顧客体験の向上に取り組んできた。同部門VPのミシェル・パチンスキ(Michelle Pacynski)氏によると、その一環として同社が重視するのが店内スタッフのビューティ・アソシエイト(BA)を活用する「ヒューマン・コネクション(顧客との触れ合い)」の構築だ。

ウルタは提携ブランドと協力し、「デジタル・スタイリスト」と呼ぶデジタル・ツールの試験的運用を6店舗で開始した。顧客が店内でヘアカラーやメイク、アイブロウをバーチャルに試せるようにし、AIによって商品を提案するのと同時に、BAが顧客に一種のコンサルテーションを提供し、顧客の好みやニーズに沿った商品選びやメイクを対面でアドバイスする。BAの専門知識とバーチャルメイクアプリを組み合わせる試みである。

画像1

写真左から、モデレーターのGlossyの
編集者、プリヤ・ラオ(Priya Rao)氏、
SAPのインダストリー・
エグゼクティブ・アドバイザー、
マット・ガードナー(Matt Gardner)氏、
ウルタ・ビューティのパチンスキ氏、
Perchのサムナー氏


しかし、デジタル・スタイリスト導入の狙いは、商品の販売促進もそうだが、むしろテクノロジーの助けを借りて、顧客の購買体験にBAを「参加」させることにある。パチンスキ氏は「BAと顧客との新たなコミュニケーション手段」としてテクノロジーを活用し、BAを情報武装させるとともに、BAの専門知識や経験を生かして顧客体験の向上につなげたいという。

ウルタでは、売上げの9割以上がロイヤリティ・プログラム加入者によるものだ。そのため、データという意味では「実はBAが好みをわざわざ質問するまでもなく、われわれは顧客のことをすでに熟知している」とパチンスキ氏。そして、「今後ARなどの新たなツールを通じて顧客データ収集の幅を広げ、さらに顧客の感情も認識できるようになれば、それらデータをAIによって高度に分析し、その結果を顧客の利益のために生かしたい。それが最終的に競合他社に対するウルタの強みになるからだ」とその目指すところについて語る。

この続きをみるには

この続き: 2,394文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf