フェムテックに特化した投資会社も。2025年までに約5兆円市場へ
見出し画像

フェムテックに特化した投資会社も。2025年までに約5兆円市場へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

画像1

フェムテック分野のサービスの広がりに触れた前回の記事に続き、今回は投資業界、大手企業の参入や規制緩和、また活発なカンファレンス開催など、業界全体の盛り上がりについてまとめた。

月経、ヘルスケア、セックス、マスターベーション、そして、“vagina-nomics”(ヴァジャイナ+エコノミクスを組み合わせた造語)。セックスコラムにこそ並んでいそうな言葉だが、これはどれもスタートアップ投資業界向けのホワイトペーパーに登場する言葉だ。

画像2

グローバル広告代理店J. Walter Thompson Intelligenceが、2017年に未来のトレンドと変化についてまとめた「The Future 100: Trends and Change to Watch」に登場している。

女性役員の割合が6%にとどまり、未だに男性が大半を占めるスタートアップ投資業界が向けるその熱い視線が、フェムテックの本格的な幕開けを物語っている。

フェムテック市場の市場規模

今では累計6,380万ドル(約71億2,400万円)を調達しているCelmatix(不妊治療の成果データに基づいてカスタマイズした不妊対策を提案)は、創業当時、「そんなニッチな領域ではなく、糖尿病のような大きな課題を追いかけている」として、投資家に出資を断られたという。

2009年当時、難解な遺伝子検査という事業内容よりも、女性をターゲットにしているということが”ニッチすぎる”と評価される要因だった。10年前のフェムテック市場への投資金額がわずか2,300万ドル(約25億6,800万円)にとどまったのも納得がいく。

この続きをみるには

この続き: 4,136文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf