見出し画像

続々登場のフェムテック関連製品やサービスが、女性たちをより生きやすく自由にする

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2016年にスウェーデン人の女性起業家Ida Tin(アイダ・ティン)氏が発案したとされる「フェムテック」という言葉は、今ではエンパワーされた女性たちの存在そのものを象徴するといっても過言ではない。世界中の女性が、自ら抱える課題をテクノロジーの力で解決しようと立ち上がっている。2018年4月にBeautyTech.jpでフェムテックを紹介してから約1年。フェムテックのなりたち、いま注目の製品やサービスをまじえながら、業界を俯瞰する。

2011年に出版された官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」に、とある有名なシーンが登場する。

主人公アナスタシアの相手役が彼女の脚の間に手を伸ばし、ゆっくり紐を引っ張ることでタンポンを引き抜く。この一幕は、2015年に公開された映画版からは割愛された。裸体、セックス、ボンデージはありでも、日用品のタンポンは描写できなかったようだ。

女性の体や性について語ることは、長らくタブー視されてきた。タンポンはおろか、生理という生理現象ですら人前で声に出して言うことがはばかられる。

そもそも体のつくりが違うのだから、男女のヘルスケアは異なって当たり前かと思いきや、世界の人口の約半数のニーズはこれまで後回しにされてきた。アメリカの新薬開発の臨床試験に女性の参加が認められるようになったのは、1993年のこと。そう遠い昔のことではないことに驚かされる。

充実するフェムテック市場

ところが、ここ数年で風向きが変わり、女性のヘルスケアへの注目が高まりつつある。2014年からの約4年間で10億ドル(1ドル100円の単純換算で1,000億円)の資金を集めた「フェムテック(FemTech)」が、ヘルスケア市場期待の分野として台頭しているのだ。

フェムテックは「Female + Technology」を組み合わせた造語。テクノロジーを活用することで、女性の健康課題を解決するソリューションを指す。投資家から信頼される米国の調査会社CB Insightsが、2017年1月にフェムテックの市場マップを公開している。

CB InsightsのFEMTECH MARKET MAP

多くの女性にとって身近な例に月経トラッキングアプリがあるが、不妊治療や搾乳器、セクシュアルウェルネスに至るまで多岐にわたる。生理パッドをつけることにまだ慣れていないティーンエイジャーから妊活中の女性、はたまた更年期に悩む女性まで、フェムテックは女性のさまざまなライフステージを支える役割を担う。

パーソナライゼーションとウィメンズパワー

豊富なデータと、それを適切に診断・分析できるソフトウェアなどのテクノロジーによって、広告からカスタマーサポートに至るまであらゆるもののパーソナライゼーション(またはカスタマイズ)が実現しつつある。医療分野もその例外ではない。

デジタルヘルスの投資対象トップ5位には、「パーソナライズド・ヘルス」と「消費者向けテクノロジー」がランクインしている。女性のためにパーソナライズされたフェムテックは、その追い風を受けていると言える。

また、ここ数十年で女性の活躍の場は家庭の外へと広がりを見せ、彼女たちの社会的地位や経済力が向上している。2010年頃、女性経済圏を意味する“SHEconomy”という言葉がメディアで踊ったが、その後も女性経済圏は順調に成長している。

2018年頭に公開されたレポートによると、グローバルにみた女性の総収入は5年間で13兆ドル(約1,300兆円)から18兆ドル(約1,800兆円)にまで増える見通しだ。また、ミレニアル世代の女性においては平均以上の世帯収入であることが多く、彼女たちの市場規模は1,700億ドル(約17兆円)に上る

購買力の増加のみならず、女性は頻繁に家庭内の”CMO”(Chief Medical Officer)としてヘルスケア関連を含む家計支出の83%を決定している。家庭を代表する意思決定者として、ますます経済に直接的に影響を与えている。

「#MeToo」や「#TimesUp」ムーヴメントなども相まって、女性がかつてなくエンパワーされていることも、フェムテック台頭を後押ししているだろう。

課題への共感で集まる資金

起案者がそのアイディアを広く世の中に呼びかけることで、共感者から資金を調達できるクラウドファンディングの存在も大きい。アイディアを製品化する資金を集めるだけでなく、アイディアを検証し、見込み利用者からフィードバックを得ることでより実用的な製品を世に送り出せる。

クラウドファンディングで生まれたフェムテックの製品やサービスを挙げればキリがないが、サニタリーショーツの進化版Thinx(694人のバッカーから64,811ドルを調達)やバイブレーターのDame(4,844人のバッカーから394,360ドルを調達)などがある。

課題への“共感”が資金調達への近道であることは、クラウドファンディングも投資会社も変わらない。投資家もまた、自らが共感できる課題に出資するからだ。

これまで男性主導だった投資業界に徐々に女性が増え始めたことで、フェムテックに資金が流れ始めた。2017年、トップ100の投資会社のうち8つが女性役員を登用した。アクセラレーターや投資会社の役員に女性が占める割合は15%と、1年半で25%の増加を見せている(Crunchbase調べ)。

女性による女性のためのソリューション

フェムテックの波が一過性のトレンドで終わらず、今後もますます伸びていくであろう最大の要因は、それが頻繁に”女性による女性のためのプロダクト”であるためだ。

スタートアップ企業のデータベースCrunchbaseが2017年に実施した調査では、女性創業者が手がけるテクノロジー企業の実に21%がヘルスケア寄りであることがわかっている。

ポッドキャストFuture of Sexのホストを務めるBryony Coleは、「市場にはかつてなく女性のためのセックス・テック製品が溢れている」と話す。彼女は、フェムテックというイノベーションが起きている理由について、次のように述べている。

「実際にそれを使う人が作っているから。特にセックストイ業界は大きな変革を強いられている。安っぽくて安全とはいえない素材を使う男性主導の業界から、今では女性が立ち上げていたり、少なくとも女性がデザインチームにいる、最新のテクノロジーを駆使するブランドが生まれている」

これは、セクシュアルウェルネスにとどまらず、フェムテック全般に言えることだ。骨盤トレーナーを開発するElvieの共同創業者Tania Bolerは、「女性向け製品=ただピンクにしたりジュエリーにしたりする」時代は終わったと話す。

ここからは、フェムテックの具体的な製品やサービスを紹介しよう。

フェミニンケア用品

婦人科医のお墨付き、100%オーガニックで素材の安全性にこだわった生理用品やセックスアイテムの定期購入サービスLOLA。タンポンや生理パッド、コンドーム、ローション、生理痛用の痛み止めなど豊富なライナップから必要な量と頻度を選べる。北米の低所得層の女性に生理用品を寄付する社会貢献活動も行う。

今年1月から北米の高級デパートNordstrom(オンラインまた一部店舗)でも購入できるようになった進化版サニタリリーショーツThinx。超吸収型の4層テクノロジーで、ナプキンもタンポンも着用不要の下着だ。売れ筋商品のHiphugger(34ドル)は、タンポン2本分の吸収力を持つ。

Thinx

1993年の誕生から変わらないタンポンを置き換えるのがFlexだ。子宮頸部と恥骨のあいだに装着して経血をキャッチする月経カップで、タンポン約8〜10本分の経由に対応できる。体温によって膣の形に変形することで違和感がなく、水泳やセックスの際にも着用可。男性の2倍以上の女性が”生理中のセックス”を避けているというが、生理への苦手意識そのものを変えてくれそうだ。

毎月ドラッグストアに足を運ばずとも、避妊薬やアフターピル、HIV感染予防薬、また自宅用HPV検査キットなどを自宅に届けてくれるNurx。同社お抱えの医師が処方箋を出し、避妊薬なら最大で3ヶ月分が翌日に届く。プラスチックを一切使わず、トイレに流せる妊娠検査薬Liaは、アメリカのFDA(食品医薬品局)に認可されており一般販売が待たれる。

NurxのHPV検査キット

不妊対策などの妊娠サポート

米国の疾病対策予防センターによると、同国における出生率は過去最低を記録し、30代の出産が20代の出産を初めて上回った。また、6組に1組のカップルが不妊に悩まされているというデータもある。

BluDiagnosticsは、唾液から妊娠のしやすさ(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を調べる自宅用ホルモン検査を開発している。Modern Fertilityは、指先採血を用いた包括的なホルモン検査キットだ。

Modern Fertility

Celmatixは、100万件を超える不妊治療とその成果データをもとに、カスタマイズした不妊対策を提案するツール。いつ体外受精に切り替えるべきか、卵子提供を検討すべきかなど、医師と患者は具体的な不妊治療の計画に役立てられる。2018年には、製薬会社Ferringとの共同研究を発表している。

北米における不妊治療の平均費用は約1万1,000ドル(約110万円)だと言われるが、不妊治療は保険の適用対象外であることが多く、結局のところ請求書が届くまでわからない。そんなブラックボックスを、Future Familyが月額制の会員制度でもって明瞭にしてくれる。60ヶ月間、月額250ドル(約2万5,000円)の卵子凍結&体外受精のプランなどがある。

また、Carrotのような福利厚生サービスの登場で、不妊治療を健康保険の一部として提供する企業が増えてきている。企業は、卵子凍結から体外受精まで自社社員にカスタマイズしたサポートを提供できる。医師による不妊症の診断を不要にすることで、同性愛者など誰でもサポートが得られるのが特徴だ。

妊娠中から産後まで

スイスでは12人に1人が早産で生まれるというが、その可能性が早くにわかれば妊娠期間の延長や新生児の健康状態の改善が可能になる。Pregnoliaは、従来の超音波に代わる診断装置を開発。子宮頸部の硬度を瞬時に確認することで、早産を早い段階で特定する。2019年春には、欧州のCEマーク(基準適合マーク)を取得する予定だ。

赤ちゃんを母乳で育てる女性は、搾乳器と無縁ではいられない。搾乳しておいた母乳なら、母親以外の人がボトルで飲ませることができる。従来の搾乳機は大型で、ポンプ部分を持つため両手がふさがった。ハンズフリーでコードフリー、スマホ連動のWillowは、ブラの中に入れて機能するためシャツを脱ぐ必要すらない。

母乳の質については、母親の食事内容が直接影響する。Lactation Labは、母乳を郵送することでその栄養素を調べてくれる検査キット。カロリー、タンパク質、ビタミン、脂肪酸などを、まるで食品ラベルのようにわかりやすく教えてくれる。

妊娠中また出産後に鬱になる女性は20%。パートナーの男性も10%の確率で鬱になるという。鬱状態に早く気づいて対処すれば、80〜90%と高い確率で回復できる。妊娠・出産に特化したメンタルヘルスケアを提供するのは、イギリス発のMoment Healthだ。ムード(気分)トラッカーで自分の感情を把握し、状況に応じて適切なサポートを提案してくれる。

出産や加齢など、女性の3人に1人が人生のどこかのタイミングで尿失禁に悩まされる。特に出産後は、胎児や子宮の重さで骨盤底筋がゆるんでしまうため、7割の女性がトラブルを抱える。

そんな骨盤底筋を鍛える骨盤トレーナーには、イギリス発Elvie、オランダ発Carin、北米発のPeriCoachなどがある。199米ドルのElvieは、膣に挿入したデバイスが骨盤底筋の状態を把握し、アプリのエクササイズが正しく行うよう手引きしてくれる。

Elvie

ここまで、フェミニンケア用品、不妊対策などの妊娠サポート、妊娠中から産後のための具体的な製品やサービスを紹介した。

どれもフェムテック、つまり女性のために開発されてはいるものの、妊活や産後など女性のパートナーである男性(そして子ども)にも大きくかかわる分野であることがわかる。また、前述したCarrotのようなサービスによって、フェムテックにはヘルスケア全般にダイバーシティをもたらす効果もある。

フェムテックの投資状況や規制緩和を含む盛り上がり、またセクシュアルウェルネスを含む製品やサービスについては別記事で紹介する。

Text: 三橋ゆか里(Yukari Mitsuhashi)
バナー画像:志谷のぞみ(Nozomi Shiya / BuzzFeed)

__________________________________

BeatyTech.jpは、BuzzFeed Japanとコラボレーションして、ビジネスチャンスの大きい新しい市場として世界的に注目を浴びている「フェムテック」をテーマとした記事キャンペーンを展開。国際女性デーにちなんで2019年3月8日(金)〜31日(日)、フェムテックに関する記事を積極的に配信するほか(記事一覧はこちら)、花王ロリエ&めぐりズムの協賛のもと、Twitterのハッシュタグ「#わたしの本気はすごい選手権」を使ったアワードを実施いたします。

■Pinterestの特設サイト https://pin.it/cyopcqetzs34am
BeautyTech.jpのフェムテック関連記事一覧はこちら

Twitterアワード「#わたしの本気はすごい選手権」
期間:2019年3月8日(金)〜3月25日(月)
応募方法:「女らしさ」や「男らしさ」の壁や思い込みを乗り越えるために本気を出したことについてツイートを募集します。
賞:BuzzFeed Japan賞(1名)/ BeautyTech.jp賞(1名)/ 花王ロリエ&めぐりズム賞(1名)/ ナイキ賞(1名)
発表:2019年4月4日(木)
※受賞作品は、BuzzFeed Japan NewsやBeautyTech.jpで発表し、受賞された方には発表後に各賞の記念品を贈呈します。記念品の詳細はプレスリリースでご覧ください。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
12
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp