見出し画像

FaBベルリン、美容やアパレル起業家たちが希求するサステナブルビジネス

BeautyTech.jp

◆ English version: FaB Berlin brings together beauty and apparel entrepreneurs working towards sustainability
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界でもリベラルで先進的な都市、ベルリンで2回目となるFaBが開催された。商品だけでなく、サプライチェーンのすみずみにわたってサステナブル精神が根づく起業家たちが語るのは、美容やファッションというビジネスで、いかに世の中をよくしていくのかという命題だ。それは決して概念ではなく、彼ら彼女たちにとってのリアルな日常である。

2019年11月14日、美容とファッション業界において、新しい価値を創造する起業家と投資家のコミュニティ「FaBベルリン」のミートアップが開催された(1回目はこちら)。FaBは、元ランコムCEOの投資家オディール・ルジョル(Odile Roujol)氏が、2017年にサンフランシスコで発足させた「BeautyTechSF」が前身で、現在はニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京、上海を含む世界各地に支部を持ち、延べ3,000人が参加するまでに成長した。

ベルリンでは2回目となる今回のパネルディスカッションのテーマは、「クリーンビューティ&フェムテック」と「サステナブルファッションと資金調達」が掲げられた。登壇したブランドも、ヴィーガンやフェムテック分野のスタートアップや、環境への影響を第一に考えたプロダクツやサービスを提供する企業で占められる。気候変動などに対するエコロジカルなムーブメントがトレンドとなっているヨーロッパ・ベルリンならではのトピックが飛び交う会となった。

図1

こうした環境にまつわるテーマがベルリンで盛んに語られる文脈を理解するために、ベルリンに根づく環境意識についてまず、押さえておきたい。

リベラルなエコ意識が当たり前に浸透

スウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥーンベリさんがはじめたFridays For Future(未来のための金曜日)運動や、ロンドンを中心とした市民運動Extinction Rebellionをはじめ、気候変動に関するアクションが世界中で急速に広がっている。

たとえば、2019年9月にニューヨークでの国連温暖化対策サミットを前に、世界各国で気候変動への対策を求めるデモが行われた。163カ国で400万人以上が参加したこのストライキに、ベルリンでは27万人、ドイツ全体では150万人が参加した。

この続きをみるには

この続き: 6,324文字 / 画像9枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン