見出し画像

韓国でコスメ開発プラットフォームを提供する話題の5社。P2Cは本格化するか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国では近年、大手OEMやベンチャー企業を中心に、「コスメ開発プラットフォーム」をサービスとして展開するプレイヤーが続々と登場している。個人や企業がアイディアだけ持ち込めば、企画から製造、マーケティングまで、化粧品ビジネスに関連するさまざまな業務を丸ごとサポートし、ノウハウを提供してくれるというものだ。代表的なコスメ開発プラットフォームの最近の動きとともに、今後の韓国化粧品産業の潮流を分析する。

誰でもが化粧品をつくれる時代は韓国から

コスメ開発プラットフォーム(以下、プラットフォーム)が数多く登場している背景には、韓国市場特有の事情がある。1つには、ここ7~8年の間に化粧品ブランドを立ち上げようという個人や小規模事業者が、以前にも増して急激に増加していることだ。

韓国の政府省庁・食品医薬安全処の統計によると、2012年は829社だった「化粧品販売会社」というカテゴリーの登録事業者は、2019年にはおよそ19倍の1万5,707社にまで膨れ上がっている。並行して、中小ブランドの数も増加。韓国の化粧品業界に詳しい専門メディア関係者によれば、「国内に約3万ブランドが乱立するレッドオーシャン状態」となっている。

激しい競争を勝ち抜いたいくつかの新興ブランドが、グローバルブランドに巨額買収されるなどの成功事例を目の当たりにして、数百万円の資金を元手に、明日のK-Beautyドリームを掴みたいという新興ブランドの数もさらに増える。それに伴い、夢の実現を支えてくれる“実務役”としてプラットフォームの需要も高まるという状況だ。2019年には世界のOEM工場と、化粧品をつくりたい人のマッチングをかなえるプラットフォーム、Cosmepolitanが登場して話題となった

加えて、昨今の韓国では消費者に強力な訴求力を持ったインフルエンサーたちが化粧品ブランドの立ち上げに参入し始めている。競争がさらに過熱する国内市場のなかで、インフルエンサーの影響力やマーケティング力を取り込みたい業界関係者の思惑が、プラットフォームビジネスという形で表出してきている側面もある。

画像1

出典: Beauty Makers 公式サイト

韓国は安価で小ロットの化粧品の生産が比較的簡単にできる「コスメ製造のエコシステム」が整っている国である。化粧品業界には、いわゆるコンサルティングと呼ばれる専門家も少なくない。とはいうものの、インフルエンサーなど個人が化粧品を開発、製造、販売までトータルに行うには、既存のサービスやエコシステムだけではハードルが高いのも事実だ。

事前に業界や製品についての知識を得る学習から始まり、市場調査や企画の練り込み、サンプルテストに、容器やパッケージ、ラベル業者との個別の折衝など、やらなければならないことは山ほどあり、結局は、多様化する消費者ニーズを読み取り、製造過程の運用を後押しし、さらには商品を適格に市場まで届けてくれるパートナーが必要となる。スタートアップから大手まで、プラットフォームを提供する企業はこうした業界内の新たな立ち位置を確保するために動き始めている。

韓国で注目されるコスメ開発プラットフォームを手掛ける企業を5社紹介してこう。

Beauty Makers

代表的なコスメ開発プラットフォーム事業者としてはまず、「Beauty Makers」があげられる。2019年に化粧品に特化したクラウドファンディングとして立ち上がったサービスだが、現在では「コスメA-Z非対面フルサービス」をうたい、サービス拡充に注力している。最終的に目指すのは、企画・生産・販売などすべての工程とソリューションを、オンラインで提供して完結させるというものだ。

スクリーンショット 2020-09-28 9.14.49

出典: Beauty Makers 公式サイト

Beauty Makersの公式サイトにアクセスし、スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、マスク、ネイルなど希望するカテゴリーのアイテムや効能を選択していくと、ユーザーは自分が作りたい化粧品の製造にかかる費用の概算見積もりを簡単に確認することができる。またサンプル製造が可能な最低金額も提示される。いずれも、約1,100社のOEMメーカーのデータをベースに算出される試算だ。実際に製造過程に入る際には、OEMメーカー以外にも、登録している約100社のパートナー企業のなかから適した業者がマッチングされる仕組みとなっている。

「全オンライン化」を強調するBeauty Makersだが、一方で対面コミュニケーションも重要な要素と捉えており、ソウル・江南には「Maker Space」というショールームのようなオフラインスペースも用意している。ここでは、化粧品製造に関する具体的な相談が可能で、顧客がポップアップストアを出店するスペースとしても使用される。

Planit 147

次いで注目されるのは、韓国を代表するOEMメーカーのひとつ、韓国コルマーが運営する「Planit 147」だ。こちらでは、化粧品業界に進出した異業種企業やインフルエンサー、一般の個人に対して、各自にパーソナライズしたソリューションを提供。事前教育、ブランド企画、成分・パッケージ開発まで幅広いサービスを受けることができる。

図1

出典: Planit 147 instagram

ソウル・瑞草区にある同社の総合技術院(総合研究所)のロビーには、実際に開発工程を実体験できる設備も設けてある。ここで原料や配合過程などを確認して、具体的に成分に落とし込むための議論を可能にしている。相談スペースには、成分、パッケージ、ブランディングなど各分野の専門家である相談員が常駐し、顧客が持ち込んだアイディアの実現をサポートする。今後は、誰でも手軽にアクセスできるオンラインプラットフォームも用意する予定だ。

■ woohwaman

2018年にローンチされたwoohwaman(運営企業はGoodscompany)も有力なプラットフォームとして期待を集めるサービスの1つだ。同社では、消費者から寄せられた既成の製品への不満や改善点の提案をもとに、まず市場調査を行い、その結果、需要や市場成長性が認められた場合は、プラットフォーム側と提案者がさらに議論を詰め、最終的に製品化して市場に流通させるという仕組みである。すでに、殺菌力と保湿力を兼備した「OSAKハンドジェル」や、塗るタイプのマスクパック「Inflight Relaxing Mask」などが製品化されている。

画像4

出典: woohwaman 公式サイト

上記に挙げたサービス以外にも、「YOUR BRAND」や、「COS247」 といった新興のプラットフォームも登場している。

YOUR BRAND

YOUR BRANDは、韓国国内でトレンドリーダーとして強い影響力を発揮する美容系インフルエンサーが、自らの化粧品ブランドを立ち上げることができるビューティプラットフォームだ。コンテンツマーケティングのプラットフォームMCN CELEBを運営するアイエムピーラボ、化粧品開発およびブランディング専門企業Enhance B、化粧品製造大手COSMAXの3社がタッグを組んで立ち上げたプロジェクトで、その流通を国内最大手リテールのロッテが担当している

COS247

一方、2020年7月にローンチされたばかりのCOS247は、化粧品の企画から開発、生産にいたるまでのあらゆる業務を完全オンライン化することをサポートするサービスで、顧客側(ブランドや企業)と製造側の「非対面協業」を実現するツールとして注目を浴びている。今後、顧客と製造側のマッチングや、製造履歴管理、顧客管理ツールを提供していくとしている。コスメ開発・製造支援ソフトウェアという立ち位置から、エコシステムを支えるプラットフォームを目指している。

以上のように、コスメ開発プラットフォームと一言でいっても、そのターゲットはさまざまだ。一般消費者の要望に応えていくタイプもあれば、他業種やインフルエンサー、もしくは優れた個人の知見や意見に特化してサポートするタイプのサービスもある。収益モデルもさまざまで、予算ありきで受託する事業者もあれば、woohwamanなどのようにレベニューシェアモデルもある。

P2Cトレンドはどこまで伸びるか

コスメ開発プラットフォームが増えていけば、すでにブランドや製品が飽和傾向にある韓国国内において、競争はさらに熾烈になるだろう。そしてその行き着く先は、まるで個人ブログやウェブサイトのように、定められたステップに則り必要事項を入力していくだけで、いわばDIY感覚で「誰でも手軽に化粧品をつくれる環境」の実現かもしれない。

そうなるとD2Cの次にくる流れとして注目されるP2C(Person to Consumer)という新たなトレンドが本格化する可能性もある。なぜなら、P2Cとは個人の思い入れやこだわりから発生した製品やサービスを直接消費者の手元に届けるビジネスモデルだからだ。

インターネットが普及しコンテンツが爆発的に増えたとき、それまでマスコミとして権威があった新聞やテレビは一気にその勢いを失った。それと同じことが化粧品業界でもいずれ起きるかもしれない。「誰でも簡単に化粧品がつくれる」コンセプトが市民権を得て、個人を軸にした化粧品製造のマイクロエコシステムのなかからビジネスの成功例がでてくるかどうか。今はまだ小さな動きかもしれないが注視していく必要がある。

Text: 河 鐘基(Jonggi HA)
Top image: ARTFULLY PHOTOGRAPHER via Shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
81
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

国と地域
国と地域
  • 428本

BeautyTech.jpの記事を国や地域別にまとめたマガジンです。