P&Gがオーガニック生理用品サブスク企業を買収、フェムテックに大企業も注目
見出し画像

P&Gがオーガニック生理用品サブスク企業を買収、フェムテックに大企業も注目

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

画像1

投資額も増大し世界的にフェムテック市場が盛り上がるなか、女性の日常に深くかかわる生理ケアにまつわるユニークな商品やサービスが米国では数多く登場している。そして、大企業も、こういった女性の悩みに寄り添うスタートアップに注目しはじめている。

2019年2月、P&Gがオーガニック生理用品のスタートアップThis is Lを買収して話題となった。買収額は明らかにされていないが、専門家はおよそ1億ドル(約110億円)と推定しており、フェムテックがもはやニッチな市場ではなく、大手メーカーが真剣に参入を考えていることを示すものとなった。

This is Lはまた、商品の原材料や製造過程を隅々まで公表する透明性でも支持を集めるブランドで、情報開示に積極的なP&Gとの親和性も高く、オーガニックやサステイナブルといったキーワードに敏感な新しい顧客層の取り込みをP&Gはもくろんでいると思われる。

This is Lの創業者タリア・フランケルは、もともと国連や赤十字による人道的支援の現場を取材してきたフォトジャーナリストで、世界の貧しい地域で多くの女性の自分の体を守りケアする権利がないがしろにされている現状を目撃したことが、起業のきっかけになった。

このように、女性特有の生理現象である月経に正面から向き合い、体への負担の軽減や暮らしの快適性を高めたり、月経サイクルを利用した健康管理を提案したりするなど、新しい発想のサニタリー用品を開発するスタートアップが続々と生まれ、存在感を高めている。

今回はそんな月経にフォーカスした米国発の注目プロダクツを9つ紹介していこう。

この続きをみるには

この続き: 3,763文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf