見出し画像

ユニリーバや資生堂などが取り組むマイクロバイオーム化粧品、カギは3つの方向性

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容・ヘルスケア業界において、マイクロバイオーム(微生物叢)がグローバルで大きなトレンドとなっている。マイクロバイオームへのさまざまなアプローチで製品開発が進むなかで、第三者機関による皮膚マイクロバイオーム製品の認証「KIND TO BIOME」を提供する取り組みなどもスタートした。ユニリーバ、J&J、ロレアルなど各美容企業が取り組むマイクロバイオーム化粧品開発の最新事例を紹介する。

マイクロバイオーム化粧品開発3つのアプローチ

マイクロバイオーム化粧品市場には、英ユニリーバ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、仏ロレアルをはじめ、大手化粧品やヘルスケア製品メーカーが参入しており、Global Market Estimatesの調査によると、2021年から2026年のあいだに約7.5%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されている。

日本でも、“美肌菌”美容液として2019年にリニューアルしたランコムの「ジェニフィック アドバンスト N」のヒットで注目を集めるほか、2022年9月には資生堂が英国のマイクロバイオームスキンケアブランド「ガリネー(Gallinée)」の買収を発表しマイクロバイオーム研究を加速させていく考えを示すなど、期待が高まっている。

マイクロバイオーム製品は、微生物が働きやすい環境に整えるプレバイオティクス、生きた微生物を与えるプロバイオティクス、有機酸やペプチドといった微生物の代謝成分を取り入れるポストバイオティクスなど、大きくは3つの方向性で開発が進んでいる。今回は、各アプローチごとのマイクロバイオーム化粧品最新事例についてみていく。

ユニリーバは膨大なサンプル収集でプレバイオティクスに注力

プレバイオティクス製品は、善玉菌をはじめとする皮膚にとって有益な微生物に栄養素を与えることで、皮膚の健康維持を目指すものだ。そのプレバイオティクス領域に特に注力しているのが、ユニリーバである。

同社は、2003年からマイクロバイオーム領域の研究開発を開始。特徴的な事例としては、世界各国の臨床研究から1万2,000以上のマイクロバイオームサンプルを収集し、12テラバイト以上のマイクロバイオームデータを生成したバイオインフォマティクスの取り組みがあげられる。2021年からはここに人工知能(AI)技術も導入し、データ収集・解読をさらに加速させている。また、インド、中国、米国からさまざまな地理的サンプルを収集することで、マイクロバイオームがどのように機能しているのか、人種を超えて共有できるマイクロバイオームのコアとなる要素は何か、マイクロバイオームに対するより深い理解を進めている。 

こうした研究開発活動による成果を反映させ、2017年以降には、プレバイオティクスのプレステージ製品、およびマスブランド製品を発売している。たとえばDoveの「ディープモイスチャー ボディウォッ​​シュ」は、刺激の少ない界面活性剤と常在菌を妨害しない有効成分を使用するセラミド技術により、皮膚のマイクロバイオームを健康な状態に保つとしており、従来の石鹸に比べて洗浄後のマイクロバイオームの変化が少ないという報告もある。

また、2019年にLiving Proof から発売したヘアケア製品「Scalp Care Dry Scalp Treatment」は、ビタミンB3ベースの複合体がマイクロバイオームのバランスを調整することで、頭皮の乾燥やふけ防止につなげているとする。

ロレアルが研究する微生物自体を活用のプロバイオティクス

一方でプロバイオティクスは一般的に、ヒトに有益な作用をもたらす生きた微生物と定義されているが、化粧品に関していえば、生きた微生物の培養物ではなく、微生物から作られた抽出物を含有する製品を指しているケースが多い。

マイクロバイオーム研究を「アクティブ・コスメティクス」部門6ブランドの製品開発に活かすロレアルは、プロバイオティクスの観点から、乳酸菌抽出物を含むクリームが肌の質と常在菌のバランスに良い影響を与えることを証明している。また、国内でもヒットした同社の「ランコム ジェニフィック」シリーズは、プレバイオティクスとプロバイオティクスに注目。マンノース、α-グルカンオリゴサッカリドといったプレバイオティクスのほか、ポリムニアソンチホリア根汁、ビフィズス菌培養溶解質、酵母エキス(酵母の有用な成分を化学的に分解抽出したもの)、乳酸桿菌といったプロバイオティクスが液中に含まれており、皮膚のマイクロバイオームのバランスを回復させるとしている。なお、ロレアルのマイクロバイオーム研究室グループの責任者は、英ロンドンで開催されたIFSCC(国際化粧品技術者会連盟)2022にて、生きた微生物を扱うプロバイオティクスにも着目して研究を進めていることを明かしている

プレバイオティクスとプロバイオティクスに注目したジェニフィック
出典:ランコム公式サイト

DSMは、ポストバイオティクスアプローチも用いて化粧品原料を提供

常在菌は、糖、アミノ酸、ペプチド、有機酸、脂質などさまざまな物質を代謝し、産生している。ポストバイオティクスとは、これらヒトにとって有益な微生物の代謝成分を指す。

オランダの大手総合化学メーカーDSMは 、乾燥肌、脂性肌、普通肌などの肌状態に大きな影響を与える菌として、Cutibacterium Acnes、Staphylococcus Epidermidis、Corynebacterium Kroppenstedtiiの3つを特定。これらに対して働きかける、皮膚生理活性成分であるOXY 229 PF、ペプチド誘導体 SYN-UP、有機生理活性物質 ALPAFLOR ALP-SEBUM CBなどを化粧品原料として提供している。後者の2つはプレバイオティクス的アプローチだが、OXY 229 PFはVdH2というパン酵母の一種からつくられる成分であり、ポストバイオティクス的アプローチといえる。バリン、スレオニン、グルタミン酸、グリシン、コハク酸二ナトリウムなどから構成されるOXY 229 PFが、Corynebacterium Kroppenstedtiiと皮脂量のレベルを低下させることで、顔の赤みを効果的にコントロールするとされている。

DSM公式サイトではSkin Bioactivesの成分リストが閲覧できる
出典:DSM公式サイト

資生堂が買収のガリネーはプレ、プロ、ポストを独自の組合せで配合

化粧品市場において、現時点で最も大きなインパクトがあるのはプレバイオティクスであり、ほかの2つのアプローチよりも一歩リードしているといえる。

プロバイオティクス、なかでも生きた菌を利用する製品に関しては、対象となる菌の数が膨大であり、さらにそれぞれが異なる環境で異なる機能を発揮するため、その効果を検証するためにはマッピングが不可欠となる。さらに、使用期限内に適切な数の細菌がどの程度生きたまま残っているかを確認する必要があるため、開発のハードルが高い。

ポストバイオティクスは、プロバイオティクスと比較すると保存期間の長さや安全性の高さなどが特徴で、DSMによると、化粧品原料市場で革新的なアプローチになりえるという。一方、ユニリーバの研究チームは、ポストバイオティクスを配合物に組み込むことは、それらが吸収されない限りは必ずしも効果的な方法ではなく、その有効性には疑問符が残るとしている。

マイクロバイオーム研究が先行している医療・ヘルスケア業界の動向にかんがみると、今後はプレバイオティクスからプロバイオティクス、ポストバイオティクスまで含めた、トータルでマイクロバイオーム環境のバランスを考えていく流れになると見られる。

資生堂が買収したガリネーは、プレバイオティクス、プロバイオティクス、ポストバイオティクスを独自の組み合わせで配合するアプローチをとる。ガリネーの創設者で薬学博士のマリエ・ドラーゴ(Marie Drago)氏は、自身の炎症性疾患の症状がプレバイオティクスとプロバイオティクスの食事によって改善された経験をスキンケアに応用すべく、マイクロバイオームの研究を加速し、ガリネーのさらなる発展を目指すとしている。

マイクロバイオーム化粧品市場の成長を後押しする周辺領域の取り組み

検査や認証など、マイクロバイオーム周辺領域での取り組みも盛んになりつつある。

日本のKINS、米国のDr. Elsa Jungmanといった新興企業は、皮膚の菌の状態を把握できる検査キットを開発・販売することで、自社のサプリメントや化粧品の利用につなげようとしている。また資生堂は、ヤマトエスロン株式会社、株式会社オルコアと共同で、小型の簡易型PCR検査装置を応用することによって約40分という短期間で皮膚常在菌の状態がわかる検査手法を開発。今後は美容部員によるカウンセリングサービスとかけあわせるなど、皮膚常在菌測定をサービスとして提供していく考えを示す。

欧州では、第三者機関による皮膚マイクロバイオーム製品の認証「KIND TO BIOME」を提供する取り組みもスタートしている。KIND TO BIOMEでは、対象製品に対しISO 17516:2014(製品の微生物学的品質評価の規格)に準拠した微生物学的検査を行ったうえで、天然細菌叢や病原菌、皮膚マイクロバイオームのバランスへの影響をin vitro(試験管内)試験によって評価する。in vivo(生体内)試験と比較して、低コストかつ迅速に実施することができるため、同機関は、「マイクロバイオームフレンドリーなスキンケアの未来に向けて、製品開発と原料選定を促すために、アクセスしやすく科学的に検証された研究プロトコルを提供する」としている。スウェーデンのIDUN MINERALSのオイルセラム英VotaryのフェイシャルオイルなどがすでにKIND TO BIOMEの認証を取得している。

KIND TO BIOMEの認証マーク
出典:KINT TO BIOME公式サイト

こうした周辺領域の取り組みも、今後のマイクロバイオーム化粧品市場の盛り上がりを支えていくものとみられる。

Text: 周藤瞳美(Hitomi Suto)
Top image: Juliasuena via shutterstock


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!