ランコムの3Dバーチャル旗艦店が示した、近未来のデジタルショッピング体験
見出し画像

ランコムの3Dバーチャル旗艦店が示した、近未来のデジタルショッピング体験

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年8月から9月にかけての約4週間、ランコムはジェニフィック アドバンスト Nの3Dバーチャル旗艦店をランコム シンガポールの主導でオープンした。パーソナライズした各種診断、ライブ動画配信、ファンコミニュティの声を集めるなど、オンラインのみで濃い顧客体験を実現するデジタルショップをレポートする。

化粧品の購入場所がこれまでの主流だった実店舗から、オンラインへと急速にシフトしていくなか、ロレアル傘下のランコムは世界に先駆けて同社の売上ナンバー1の美容液「ジェニフィック アドバンスト N」に特化したバーチャル旗艦店を、シンガポールにて2020年8月28日〜9月20日の期間限定で開設した。

「インナーストレングス(内に秘めた強さ)」をキーワードに、同店はユーザー一人ひとりが備えている精神的な力と肌が持つ本来の力の双方を発見する旅にいざなうというのがコンセプトだ。未来的なデザインの3D空間には、パーソナル判定、肌診断、セレブによるトークセッションのライブ配信から愛用者の声まで、ショッピングジャーニーの過程でユーザーが自ら参加体験をしていくインタラクティブな仕掛けがちりばめられている。

ここで提示されたのは、デジタルを駆使することでリアルを超える体験を生み出し、オンラインでどこまで顧客のエンゲージメントを高められるかという挑戦であり、新しい非接触型ショッピングのあり方だ。

ランコムはプレスリリースのなかで、「(この旗艦店は)没入型の3Dバーチャルショッピング体験を届けるものであり、オンライン上にリテールとエンターテイメントが一体化した“リテールテイメント”の世界を創出して、ユーザーが自宅でくつろぎながら楽しむことを可能にした。ユニークな5つのゾーンを訪れる旅を通して、ビジターはランコムのジェニフィック アドバンスト Nをより深く知るとともに、自身が持つインナーストレングスと同時に、肌のインナーストレングスを発見することができる」と説明している。

「発見」「探検」「インスパイア」「ライブ」そして「ショップ」と名付けられた5つのゾーンへはスマートフォンやPCから簡単にアクセスでき、ジェニフィック アドバンスト Nの愛用者から初めてトライする人まで誰もが楽しめるよう、コンテンツがバランスよく組まれたのも特徴だ。

この続きをみるには

この続き: 3,204文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf