独バイヤスドルフは韓国LYCLとアクセラを通じて協業、日本での実施も視野に
見出し画像

独バイヤスドルフは韓国LYCLとアクセラを通じて協業、日本での実施も視野に

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

バイヤスドルフが韓国で行うアクセラレータープログラムの選定企業LYCLは、バイヤスドルフからグローバル進出など広範囲でのサポートを受け、2度の投資に加えて、パートナーとして製品開発などの協業を進めている。双方にインタビューを行い、ドイツに本社をおくバイヤスドルフが韓国、そして日本も視野にいれてアクセラレータープログラムを実施する意図についても話を聞いた。

独バイヤスドルフが韓国で実施する「ニベア・アクセラレーター」

ドイツのグローバルスキンケア企業バイヤスドルフは、韓国発の有望な美容系スタートアップを発掘・育成するため「ニベア・アクセラレーター」(以下、NX)という独自のプログラムを韓国で展開している。2020年6月には、第二期の選定企業が発表された。(参考記事『独バイヤスドルフが韓国でアジアトップの美容特化アクセラレーターを目指す理由』)。

今回は、NXの第一期選定企業の1つであり、大型投資を受けるなど動向に注目が集まるビューティスタートアップ「LYCL」のハン・マニ(Manhwi Han)副代表と、バイヤスドルフ韓国のベンチャー&新事業部門で部長(Head of Ventures and New Business at Beiersdorf)を務めるヤツェク・ブロズダ(Jacek Brozda)氏にインタビューを行い、LYCLが描くビジネスの将来像やバイヤスドルフのNXのもくろみについて聞いた。

LYCLはクチコミプラットフォームUNPAを活用しPBブランドを開発

LYCLは、2013年創業で、Kビューティアイテムのクチコミレビューやコンテンツを提供する「UNPA」(オンニのポーチ)という情報プラットフォームと、オリジナルのスキンケアブランド「unpa.Cosmetics」を運営している。

LYCLの強みは、200万ダウンロードを超えるUNPAに集まるデータを分析して利活用し、消費者インサイトにもとづいた、人気が出る確率が高い自社製品を早いサイクルで市場に投入するビジネスモデルを持つ点だ。過去には、約100万人のユーザーデータを解析して開発したリップスクラブ「ブビブビリップ」がミリオンセラーとなり、日本でもドンキホーテなど大型小売店を通じて販売され評判になった。

「LYCL ではUNPAで話題となっているキーワードや、ユーザーに対するアンケートから次のトレンドや需要を予測し、自社ブランドでの新製品開発に活かしている。これまでブビブビリップのほかにも、『チャチャトゥースペースト』という歯磨き粉がヒット商品となった」(ハン氏)

この続きをみるには

この続き: 2,725文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf