独バイヤスドルフが韓国でアジアトップの美容特化アクセラレーターを目指す理由
見出し画像

独バイヤスドルフが韓国でアジアトップの美容特化アクセラレーターを目指す理由

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年6月15日、ドイツの大手化粧品メーカーであるバイヤスドルフが、韓国国内のビューティ関連スタートアップを発掘・育成する独自のアクセラレータープログラム「NIVEA Accelerator(ニベア アクセラレーター)」の第二期選定企業5社を発表した。採択されたスタートアップの顔ぶれと、なぜ韓国を選んでアクセラレーターを運営するのかの理由を探る。

「NIVEA Accelerator(ニベア アクセラレーター)」(以下、NX)の実施は昨年に続き今回が2回目となる。なぜNXは韓国で開催されているのか。過去に支援を受けたスタートアップはいかに成長を遂げているのか。バイヤスドルフ韓国のベンチャー&新事業部門で部長(Head of Ventures and New Business at Beiersdorf)を務めるヤツェク・ブロズダ(Jacek Brozda)氏に話を聞いた。

NXの第二期には、250社以上が応募

2020年のNXには、2019年より多い250社以上のスタートアップが応募。最終的に、「FEMMUE」「BEIGIC」「ICE CREATIVE」「woohwaman」「AIO&CO」の5社が採択された。バイヤスドルフは選抜したスタートアップと長期的なパートナーシップを締結し、グループ最高幹部らによるトレーニングプログラムなど、さまざまなオプションや支援を提供していく計画だとしている。

写真001

バイヤスドルフ韓国
ベンチャー&新事業部門部長
ヤツェク・ブロズダ氏

では、NXを運営する舞台裏ではビューティビジネスに関するどのような議論が交わされているのか。まず、本国ドイツではなく、韓国をアクセラレータープログラムを実施する舞台として選んだ理由について、ブロズダ氏はこう語る。

「韓国は、デジタル・IT技術で世界に先んじており、同時にスタートアップ・エコシステムやビューティビジネス・エコシステムが確立されている。この3つの条件がここまで整った地域は、世界を見渡してもほかにはない。そのため、韓国こそスキンケアブランドの新しいトレンドを生み出し発展させるのに最適な立地と考え、NXプログラムの出発点とした」

2回目となるNXには、韓国国内のスタートアップから多くの応募が寄せられた。なかには、参加可否について問い合わせ(現在は韓国を拠点とするスタートアップのみを対象)をしてくる海外スタートアップも何社かあったという。さまざまなアイディアを持ったスタートアップが集まるなか、バイヤスドルフでは、「量より質」にフォーカス。選定基準を明確化し、「NX4P」という独自の指標を開発したとする。

この続きをみるには

この続き: 2,669文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf