美容サロンアプリ

requpoなど美容サロンアプリが劇的に変えた、ユーザー体験と働き方

◆ English version: 7 Apps that are changing the way salons do business in Japan
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

メルカリやPairs、Airbnbなどマッチングアプリがサービスの提供者と受け手の距離を急速に縮めているが、美容業界もその例外ではない。サロン予約はウェブやアプリでできるのが当たり前になり、雑誌の切り抜きを握りしめてサロンに電話予約するユーザーも少なくなった。それはほぼ一強で業界を切り拓いてきたHOTPEPPER beautyの功績とも言えるだろう。その後生まれた美容マッチングアプリは、ユーザー体験だけでなく、サロンワーカーの働き方も変えつつあり、さらに業界に変化とインパクトをもたらしはじめている。

サロン版Airbnbから予約時の検索をなくすアプリまで

数多ある美容マッチングアプリを俯瞰してみると、いくつかの種類に分けることができる。ユースケースごとに美容マッチングアプリを眺めてみよう。

サロンとサロンユーザーをつなぐBtoCモデル

HOTPEPPER beauty

出典:HOT PEPPER 

ユーザーがサロンを検索して予約をすることができるサービス。サロンワーカー(個人のサロンスタッフ)を指名したり、予約の問い合わせをしなくてもサロンワーカーの空き時間を見て予約することができる。クーポンを利用できるのがアイデンティティなのはHOTPEPPER全サービスと同じ。

ミニモ

出典:minimo

mixiのコミュニティから生まれたサロン予約サービス。サロンから検索するだけではなくネイルやまつげエクステンション、ヘアスタイルのデザインから予約したいサロンワーカーを探すことができる。

サロンワーカーとサロンユーザーをつなぐCtoCモデル

requpo

画像提供:株式会社リクポ

空いている時間、希望のメニューや価格帯をリクエストするだけで複数のサロンワーカーから提案が届き予約ができる、ユーザーとサロンワーカーをつなぐサービス。サロンを検索して探すのではなく、提案を受け取りメッセージをやりとりしながら予約をすることができる。

サロンワーカーとカットモデルをつなぐCtoCモデル

カトモ


出典:カトモ

ユーザー側には「無料ヘアカット」、サロンワーカーには「隙間時間でモデルハント」をメリットに両者をマッチングする。モデルの定義には練習用のモデルも含まれており、モデルのハードルは低い。

クープ

出典:coupe

撮影用のセミプロやプロのモデルを美容師が探すことができるサービス。プラットフォームの審査を通過したモデルだけが登録しておりそのクオリティの高さが差別化ポイントとなっている。

カッティ

出典:カッティ

「カット無料の美容師さんを探す」ユーザーと無料でカットモデルを探す美容師をマッチングするサービス。男性カットモデル志望者の利用を推奨していることと、メールアドレスを使わず、アプリ上メッセージのやりとりができることが特徴。

サロンとサロンワーカーをつなぐBtoCモデル

AIRSALON

出典:AIRSALON

美容業界版Airbnbとも言われる、面貸しの美容室と美容師をマッチングするアプリ。フリーランスの美容師が好きな時に好きな場所で施術することができる。

体験そのものを変えるサービスも

こういったサービスががリプレイスするのは、サロン予約、モデルハント、店舗とサロンワーカーの契約、作品撮りまで多岐にわたる。さらに、単なるリプレイスにとどまらず、体験そのものにも変革を起こしたのが「requpo(リクポ)」だ。

サロン予約時の検索などの煩わしさに着目したことから生まれたrequpo(リクポ)は、ユーザーが空いている時間、希望のメニューや価格をリクエストするだけでサロンワーカーから提案が届き予約に結びつけてくれるサービスだ。株式会社リクポ代表取締役CEO、木崎智之氏に話を聞いた。

「それまでのサロン予約サービスは、予約体験そのものはwebやアプリなどのメディアに掲載されたサロンのなかから検索してサロンを決めるいわば掲載型で、店側からいえばいわば待ちの集客だった。requpo(リクポ)ではそれを、サロンワーカーが直接提案する攻めの集客にした」

画像提供:株式会社リクポ

ユーザー側のメリットは検索の煩わしさから解放されることだけではない。予約時に「ユーザーの承認欲求を満たす」ために実装されたおねだり機能で、前髪カットやトリートメントといった施術メニューへの要望を書き込むことができ、記入率は70%以上と高い支持を得ている。このようなユーザーファーストなサービス設計が結果としてサロンワーカーにもベネフィットをもたらすことになった。

「これまでの予約システムでは、サロン側は早い者勝ちで施術時間を埋められてしまい、時間単価の高いメニューの予約をとり逃がすなどの機会損失があった。提案する予約の形にすることで、サロン側も提案する際にユーザーを選ぶ自由を得ることができるようになった」

パフォーマンスが決して高いとはいえないビラ配りなどからも解放され、導入前比200%の売り上げを達成した個人サロンワーカーもいるという。また、サロンそのもののPRに左右されずとも、サロンワーカー本人が積極的に営業ができる点でも、従来のプロモーションの発想をくつがえした。

美容サロンサービスが、パーソナライズ化する未来

ユーザーが自分にあったマッチングのために自身の情報をより細かく登録すれば、さらに効果的なメニューを提案することもできるようになる。取得したデータをマーケティングオートメーションと結び付ければ、交通広告やビラ配りなど、セグメントしにくく、かつトラッキングや効果測定しにくいプロモーション手法からも脱却できる。

ユーザーが豊かなサロン体験を求めて美容マッチングアプリを利用することで、美容サロン業界全体が熱を帯びていく。その先には足を運び施術されるサロン体験が、より個人に最適化された特別な時間になる未来が待っているのかもしれない。

Text: Koh


ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
12
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp