米国のティーンたちが恋こがれる美容フェス、Beautycon 2018の熱い2日間
見出し画像

米国のティーンたちが恋こがれる美容フェス、Beautycon 2018の熱い2日間

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

まるでアイドルバンド総出演の音楽フェスのように、ティーンたちが押し寄せる美容フェスティバルがある。それが、2018年4月21日・22日の2日間ニューヨークで開催されたBeautycon・NYCだ。ガーリーに彩られたインスタ映えする会場では、人気ユーチューバーの登壇にミレニアルズやジェネレーションZが歓声をあげる。何が彼女たちをひきつけるのか。その理由を2回にわたって探る。(後編はこちら

画像1

1万6,000人が参加するNY最大のビューティフェス

2018年4月21日・22日、ニューヨーク市マンハッタンにあるジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターを会場にBeautyconが開催された。その名のとおり美容に特化したコンベンションで、NYでの開催は2回目となる。

参加費用は一日券39ドルにはじまり、特典付きのオールアクセスパッケージ999.99ドル、ホテル宿泊付きの1999.99ドルと幅広いが、全てのチケットがソールドアウトになり、2日間の来場者数は1万6,000人にものぼる。

画像2

造花で彩られたターゲットのブース

会場に入って最初にパッと目にとまるのが巨大な花飾り。全米にあるチェーンスーパーで、最近コスメの品揃えの充実ぶりが光るターゲット(Target)のブースである。見まわすと、広大な空間はどこもかしこもガーリーな雰囲気に溢れている。ブースを構える参加ブランドは90以上、かかわっているクリエイターは150名を超える。各ブースともメイクやヘアスタイリング 体験、自社製品のお試しコーナーなど趣向を凝らして来場者を呼び込んでいる。

今年のテーマは「ビューティバザー」であり、「ルールを破り、リスクを引きうける者たちのコミュニティ」というスローガンが挑発的だ。来場者は圧倒的に女性。ほとんどが友達と連れだって来ていて、20〜30代のミレニアルズが主流を占め、さらに特徴的なのは10代の少女たちも多いことだ。高校生のグループもいれば、母親に連れられて来場したローティーンも少なくない。

画像3

ニューヨークでは美容関係のトレードショーはいくつも開催されるが、基本的には業界人向けのBtoBイベントで、10代が来ることはない。ジェネレーションZと呼ばれる年代を取り込めるBeautyconの魅力とは何なのだろう。

この続きをみるには

この続き: 3,927文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf