シャネルやゲランなどの遠隔サービスが再ロックダウンのフランスで顧客に寄り添う
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

シャネルやゲランなどの遠隔サービスが再ロックダウンのフランスで顧客に寄り添う

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックの第2波により、再びロックダウンとなったフランスでは、ランコムやディオール、シャネルが美容部員によるカウンセリングやコーチングサービスを強化。クラランスやゲランのようにバーチャル店舗をオープンする動きもある。大手美容ブランドによる、さらに進化した遠隔サービスの実態を紹介する。

再ロックダウンでは「商品受け取り」がOKに

フランスでは、2020年10月末から12月中旬まで2度目のロックダウンとなり、生活に必要不可欠な業種を除いて、商業施設は再び一時的な休業を余儀なくされた。3月中旬から5月上旬の1度目のロックダウン時には、デジタル化が急速に進み、eコマースをはじめ、非接触や遠隔サービスでの対応が急務となった。同時に、未曾有の事態に対して、化粧品メーカーが製造ラインを変更して消毒ジェルを生産して寄付したり、インスタグラムなどのSNSプラットフォーム上でストレス緩和のヨガレッスンを開催するなど、自社の売上よりも社会やコミュニティーに寄り添う連帯精神がみられた。

2度目のロックダウンでは、外出制限下でも経済活動を継続すべく、店舗は閉店していても商品を受け取る専用カウンターだけはオープンを認め、オンライン決済後に商品を実店舗で受け取るClick & Collectや、電話注文によるCall & Collect(または配送)のサービスが加速。美容大手企業では電話やビデオによるカウンセリング、3Dバーチャルブティック、パーソナルショッパーサービスなど、自宅にいながら買い物が楽しめる体験や、よりパーソナルなサービスの提供が進んだ。

2度目の外出制限下(10月末〜12月中旬)で展開された、フランス美容大手企業の多様な遠隔サービスを紹介する。

ランコムのビデオカウンセリングはARバーチャルメイクを使用

ロレアル傘下のランコムは、新型コロナウイルス感染症の発生時から、美容部員がどのように消費者に寄り添えるかを考え続けている。日本では消費者とのコンタクトを維持するために、予約なしで受けられる文字チャットで美容部員と遠隔対面するオンライン相談が4月から始まったが、フランスでは11月から30分間の無料ビデオカウンセリング(E-コンサルテーション)がスタートした。

同ビデオカウンセリングでは、リアル店舗を訪れた時のように美容部員に自由に質問ができる美容相談と、冬をテーマにした美容アドバイスの2コースが用意されている。

この続きをみるには

この続き: 4,917文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf