韓国LILLYCOVERはAI肌診断から自社製造のパーソナライズD2Cブランドまで、その評価
見出し画像

韓国LILLYCOVERはAI肌診断から自社製造のパーソナライズD2Cブランドまで、その評価

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら https://goo.gl/7cDpmf
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

AI肌診断ソリューションを開発する韓国スタートアップ、LILLYCOVER(リリーカバー)が、約4億7,000万円のシリーズA投資調達に成功した。肌診断用ハードウェア「Muilli(ミュルリ)」や分析用AIを自社開発する同社は、ユーザー個人のデータにもとづいたパーソナライズコスメの製造およびサブスクリプションサービスも展開している。自社工場としてスマートファクトリーも稼働させ、AI肌診断から化粧品ブランドのリリースまで手掛ける、D2C分野の新たなプレイヤーとして着実に基盤を固めている。

肌データ数11万件とスピーディなパーソナライズコスメ製造が高評価

LILLYCOVERは、2016年創業の韓国・大邱に拠点を構える美容スタートアップだ。肌診断を行うための専用ハードウェア端末「Muilli」や、端末と連動した解析用AIアルゴリズム、スマートフォン用アプリなどを開発している。2019年には、韓国の行政機関である中小ベンチャー企業部が主催する技術創業プログラム「TIPS」に、また2021年には独バイヤスドルフが韓国で運営するアクセラレータープログラム、NIVEA Accelerator NXにそれぞれ選定されるなど、着実に知名度を高めてきた。

LILLYCOVERはシステム開発とあわせて、パーソナライズコスメブランド「BALANX」も運営している。AI肌診断によって分類されたユーザーの肌タイプに合わせたカスタムメイドコスメを製造・販売するコンセプトで、2週間に1度商品を届けるサブスクリプションモデルを採用している。

パーソナライズスキンケアブランド
「BALANX」

LILLYCOVERのサービス全体像はどのような仕組みなのか、レイヤーごとにより詳細にみていこう。

まず肌診断機器であるMuilliはハンディタイプのハードウェア端末で、外見はコンパクトカメラや家庭用ビデオカメラを思わせるデザインだ。重さは121gと軽量で、スマートフォンとWiFi連動してデータをやり取りする仕組みである。また、Muilliには顔をケアするプラズママッサージ機能も搭載されている。

肌診断デバイスMuilli

ユーザーはMuilliを肌にかざすだけで、毛穴の状態、シワ、油・水分バランス、ほてり具合、敏感度などを測定することができる。その後、独自開発されたアルゴリズム(AI)が40種類以上の類型に各ユーザーの肌タイプを分類する。ユーザーは専用スマートフォンアプリ「당신의 피부(あなたの肌)」を通じて診断結果が得られる。

この続きをみるには

この続き: 2,338文字 / 画像2枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf