オルビスの「一貫」のメディアミックス戦略など、COSME Techからの学び
見出し画像

オルビスの「一貫」のメディアミックス戦略など、COSME Techからの学び

◆ English version: Orbis unveils branding strategy success after restructuring and product renewal
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年1月に開催された化粧品開発展(COSME Tech)から、ビューティテック関連の展示と、オルビスによる特別講演「デジタルからリアルまで EC化率50%企業が考えるメディアミックス戦略」を紹介する。組織とクリエイティブの、いわば一貫性で成功したマーケティング事例だ。

2019年1月20日〜22日にかけて、千葉県・幕張メッセにて化粧品開発展(COSME Tech)が開催された。今年は国内外から780社と過去最多の企業が出展。また来場者数も過去最多となる2万5627名(※同時開催展含む)となった。

ビューティテック関連展示、注目の3社

同展示会場には数多くの製品が展示されていたが、なかでも注目のビューティテック関連製品は次の3つだ。

日本での展開に向け参考出展した韓国発のAURA EZNAILⅢは、業務用のネイルプリンターを展示。1本あたりわずか10秒ほどで指定のデザインをプリントできる。爪をプリンターにセットすると、液晶画面上に自分の爪が表示されるので、内蔵されたデザインから好きな絵柄を選択。自身で取り込んだ画像を配置することも可能だ。指1本の操作で、自分の爪のサイズに合わせて絵柄の配置バランスを調整できる。予定価格は60万円〜としている。

画像1

Union Communityグループのブランド、NURUGOは、3つの製品を展示していた。コスメプロフアジア2017にも出展していた韓国のバイオメトリック企業である。スマートフォンに簡単に取り付けられる倍率400倍のマイクロスコープ「NURUGO Micro」は、髪の毛や肌の状態をより正確かつ詳細に見られるというもの(下の画像)。

画像2

専用のスマホアプリと連携して使用するスキンアナライザー「NURUGO Derma」も、スマホに取り付けて肌診断を行える。CES Innovation Awards2017を受賞した「NURUGO SmartUV」は、世界初のUVカメラだ。他の2製品と同じく、スマートフォンに取り付けて使用する。同製品は、人間の目が感知できないUVライトを視覚化。肌の深層部を映し出し、将来シミになりそうな部分がわかるというものだ。

この続きをみるには

この続き: 5,384文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf