コスモプロフ アジア2017は、K-Beauty、高機能マスク、アプリが主役!
見出し画像

コスモプロフ アジア2017は、K-Beauty、高機能マスク、アプリが主役!

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界の美容業界関係者が一堂に集結するコスモプロフアジア2017。その最終日にメイン会場の香港国際展示会議場を訪れた。今年は名誉参加国の韓国のK-Beautyが圧倒的な存在感を見せる一方、会場全体で、高機能付加価値マスクの台頭、家庭用LED美容機器やスマホアプリ連動美顔器の可能性を感じさせられた。熱気溢れるイベントを現地からレポートしよう。

画像1

2017年のコスモプロフアジアは、香港中心部にある湾仔の国際展示会議場と、香港国際空港に近いアジア・ワールドEXPOの2カ所で開催。昨年比7%増となる世界54カ地域から2877社が出店し、135地域から昨年比9%増となる83,793人の来場者が訪れた。

掘り出しものの宝庫だが発掘には根気が必要

開催中日の11月16日、まずは53カ国2034社が出展する湾仔の会場へ。「Cosmetics & Toiletries」「Beauty Salon」「Hair Salon」「Nail & Accessories」「Discover Trends」「Wellness & SPA」「Natural Organic」という7つのカテゴリーによる展示もあるものの、実際には例えばイタリアのブースが並んでいる中に、自然派化粧品、メイクアップ用品、ガジェット、さらにヘアケア用品がバラバラに入っている、というように分類はあってないようなもの。

そして同じ国でも業界団体ごとに展示場所が分散して、その中にまた様々なカテゴリーがランダムに混在している。また各展示が外から見て、一目瞭然で内容や売りが分かるようには必ずしもデザインされていないこともあり、展示スタッフに説明を受けて初めてそれが画期的なアイテムだと気づくことも。

「掘り出しものの山だけど、掘り出すのには勘と根気が必要ね」
そんな日本人来場者の会話が聞こえてくるほどだ。各国からの展示スタッフとの会話は、主に英語、そして北京語話者もかなりの数がいた。実は今回2017年の来場者数が最多だったのは日本人という統計結果が発表されており、来年度は日本語でのコミュニケーションを重視する流れが生まれるかもしれない。

日本の中小企業が初めて海外進出をする際の支援の一環として、コスモプロフ出展を推進するJETROものづくり産業部生活関連産業課の春田麻里沙さんは「今回は、発想が新しく付加価値がありながらも価格が抑えめだったり、機能を絞りこんで特徴を際立たせた商品がアジアからたくさん出品されている」と語る。

名誉参加国・韓国K-Beautyが会場を埋め尽くす

この続きをみるには

この続き: 5,606文字 / 画像41枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf