アフリカ系起業家によるクールなD2Cは世界を包み込むか。初のFaB Africa開催
_登壇メンバー

アフリカ系起業家によるクールなD2Cは世界を包み込むか。初のFaB Africa開催

◆ English version: African entrepreneurs take on the world with stylish D2C businesses — FaB Africa’s first meet up
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ファッションとビューティテックのコミュニティFaB による、初めてアフリカ系スタートアップのミートアップが、11月7日にパリのインキュベーター50 Partners で開催され、D2Cブランドビジネスを中心にしたアフリカ系の起業家たちが80名ほどの参加者を前にセッションを行った。多様性と包括性の世界トレンドのなか、アフリカ文脈の新興ブランドがまさに世界に出ようとしている。

FaB アフリカがパリを開催地に選んだ理由は、フランスにはアフリカ系の移民が多く、アフリカ系の人々、ひいてはアフリカ市場に向けたビジネスが続々と登場しているからだ。アフリカ、欧州を拠点にしている起業家も、パリであれば地理的にも集まりやすい。今回はFaBの創始者であるオディール・ルジョル氏もサンフランシスコから駆けつけた。

フライヤーのコピー

FaB アフリカのオーガナイザーは、パリのインキュベーション施設であるStation Fにベースを構え、アフリカのテック業界と海外のテックコミュニティをつなぐAfrobytes の共同創業者 アウェヤ・モハメド(Haweya Mohamed)氏だ。アフリカでは、MIT(米マサチューセッツ工科大学)卒業者など若く優秀なテクノロジー系人材がどんどん祖国に戻ってきている。Afrobytesでは欧州でアフリカのテックイベントを開いたり、ビジネスマッチングを行い、彼らが活躍するためのエコシステムを整えている。

②アウェヤ・モハメド氏とオディール・ロジョル氏

モデレーターのアウェヤ・モハメド氏と
オディール・ルジョル氏

フランス在住の650万人の移民のうちアフリカ出身者は46.1%を占めるが、人口約6,700 万人のフランスの中ではマイノリティだ(データ:仏国立統計経済研究所)。世界的な動きではあるが、アフリカ市場を語る上で「ダイバーシティ(多様性)」「インクルージョン(社会的な排除をなくすこと)」というワードはやはり外せない。性別、人種、民族、国籍、社会的地位、障害の有無などにより排除されることなく、誰もが生活しやすい社会を作るムーブメントが、さまざまな業界で起こっている。

ファッション業界では、グッチが2018年秋冬コレクションに発表したニットが人種差別的なデザインだと物議を醸し、深く謝罪した上で、2019年2月にダイバーシティ&インクルージョンに力を入れると発表したことは記憶に新しい。近年、NYコレクション、パリコレクションなどのショーにも、さまざまな肌色、体型、ジェンダーのモデルが登場するようになり、今年は人種的な多様性が最も高まったと複数のメディアが報じた

もはや企業も無視できないアフリカンビューティー市場

「ファッションショーでマイノリティのモデルを登場させることはビジネスのためでもある」という見解を示したのは、フランスのジャーナリストでTV番組のホストも務めるロキャヤ・ディアロ(Rokhaya Diallo)氏だ。同氏は10年前から人種、性別、宗教の平等のための活動を行なっており、「フランスにはアフリカ系移民が多く、需要が高いにもかかわらず、私たちはずっと無視されてきた」と過去を振り返る。

この続きをみるには

この続き: 5,721文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

この記事が参加している募集

note新エディタ

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf