_登壇メンバー

アフリカ系起業家によるクールなD2Cは世界を包み込むか。初のFaB Africa開催

◆ English version: African entrepreneurs take on the world with stylish D2C businesses — FaB Africa’s first meet up
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ファッションとビューティテックのコミュニティFaB による、初めてアフリカ系スタートアップのミートアップが、11月7日にパリのインキュベーター50 Partners で開催され、D2Cブランドビジネスを中心にしたアフリカ系の起業家たちが80名ほどの参加者を前にセッションを行った。多様性と包括性の世界トレンドのなか、アフリカ文脈の新興ブランドがまさに世界に出ようとしている。

FaB アフリカがパリを開催地に選んだ理由は、フランスにはアフリカ系の移民が多く、アフリカ系の人々、ひいてはアフリカ市場に向けたビジネスが続々と登場しているからだ。アフリカ、欧州を拠点にしている起業家も、パリであれば地理的にも集まりやすい。今回はFaBの創始者であるオディール・ルジョル氏もサンフランシスコから駆けつけた。

フライヤーのコピー

FaB アフリカのオーガナイザーは、パリのインキュベーション施設であるStation Fにベースを構え、アフリカのテック業界と海外のテックコミュニティをつなぐAfrobytes の共同創業者 アウェヤ・モハメド(Haweya Mohamed)氏だ。アフリカでは、MIT(米マサチューセッツ工科大学)卒業者など若く優秀なテクノロジー系人材がどんどん祖国に戻ってきている。Afrobytesでは欧州でアフリカのテックイベントを開いたり、ビジネスマッチングを行い、彼らが活躍するためのエコシステムを整えている。

②アウェヤ・モハメド氏とオディール・ロジョル氏

モデレーターのアウェヤ・モハメド氏と
オディール・ルジョル氏

フランス在住の650万人の移民のうちアフリカ出身者は46.1%を占めるが、人口約6,700 万人のフランスの中ではマイノリティだ(データ:仏国立統計経済研究所)。世界的な動きではあるが、アフリカ市場を語る上で「ダイバーシティ(多様性)」「インクルージョン(社会的な排除をなくすこと)」というワードはやはり外せない。性別、人種、民族、国籍、社会的地位、障害の有無などにより排除されることなく、誰もが生活しやすい社会を作るムーブメントが、さまざまな業界で起こっている。

ファッション業界では、グッチが2018年秋冬コレクションに発表したニットが人種差別的なデザインだと物議を醸し、深く謝罪した上で、2019年2月にダイバーシティ&インクルージョンに力を入れると発表したことは記憶に新しい。近年、NYコレクション、パリコレクションなどのショーにも、さまざまな肌色、体型、ジェンダーのモデルが登場するようになり、今年は人種的な多様性が最も高まったと複数のメディアが報じた

もはや企業も無視できないアフリカンビューティー市場

「ファッションショーでマイノリティのモデルを登場させることはビジネスのためでもある」という見解を示したのは、フランスのジャーナリストでTV番組のホストも務めるロキャヤ・ディアロ(Rokhaya Diallo)氏だ。同氏は10年前から人種、性別、宗教の平等のための活動を行なっており、「フランスにはアフリカ系移民が多く、需要が高いにもかかわらず、私たちはずっと無視されてきた」と過去を振り返る。

③ロキャヤ・ディアロ氏

ロキャヤ・ディアロ氏

その例として、大手スーパーマーケットには、マジョリティである欧州人用のラインナップが大半を占め、メラニン色素の多い肌に合うファンデーションや特有の髪質(強い縮毛)に対応したシャンプーを見つけることが難しい。小型スーパーはさらに売れ筋のみの品揃えで、選択肢が少なくなるのは言うまでもない。そして、彼らの肌やボディラインに似合う洋服やアクセサリーも同様に、思うものを見つけるのが難しいという。

また、ディアロ氏はTV番組の出演前に、プロのメイクアップアーティストに化粧をしてもらうが、彼らは濃い色のファンデーションや肌に映えるアイシャドウを十分に持ち合わせていないため、自らメイクボックスを持っていき、その中から使ってもらうことが多いという。アフリカ系の女優も同じ状況だと聞くという。

いまはダイバーシティ、インクルージョンの視点から、企業はすべての人の声に耳を傾け、全員がマーケットの一部に含まれていると感じさせる必要性がある。アフリカ系の人々に向けたビジネスはファッションや化粧品業界においてもポテンシャルが高く、「もはや企業は我々の存在を無視することはできない」(ディアロ氏)。と社会の変化を指摘し、アフリカ市場に特化したビジネスの発展、投資に期待を寄せた。

大きな可能性を秘めたヘアビューティアプリ

そんなアフリカ市場に特化したビジネスで注目されているのは、2016年にローンチした美容師の出張サービスのアプリケーション NappyMe だ。共同創業者のアンジュ・ブアブル(Ange Bouable)氏 は、「パリにはアフリカ街があり、美容室も複数あるが実際のところは男性客が多い。また、地方に住んでいる人は美容室の選択肢が少ない」という背景から、独特の編み込みヘアなど、時間のかかるスタイリングを美容師マッチングによって自宅で気軽に行えるサービスをスタートした。

現在、約2,000人の美容師またはフリーランスが登録しており、料金はサービス提供者が自由に設定できる。ユーザーは、過去のスタイリングや評価をチェックしながら、美容師を選び、日にち、時間を指定して予約完了。時間が空いたときに即利用できるのも利点だ。このアプリはソーシャルメディアで話題を呼び、現在ユーザーは15万人を超える。

画像3

アフリカ系女性に人気のヘアスタイル例
NappyMe公式ページより)

特筆すべきは、ヘアスタイリングができれば、資格がなくても学生や社会人でも副業として稼げることだ。ウェブサイトでは、フリー美容師として、月平均450ユーロ稼ぐ学生、週末だけで月平均300ユーロ稼ぐ企業の人事マネージャーなど、具体的な例も紹介している。テクニックさえあれば、空き時間を利用して生活費を補填することが可能になる。

ブアブル氏が狙っているのは、フランス市場だけでない。同氏によると、アメリカにはアフリカ系人口が4,200万人(女性はその半数)おり、イギリス、アフリカ全土なども合わせると、巨大な市場だ。消費者は良い品やサービスに見合った代金を支払う準備ができていると強調したうえで「1年以内に100万ドルの資金を調達し、アメリカに本格的に進出したい」と意気込みをみせた。

⑤アンジュ・ブアブル氏

NappyMeの共同創業者の
アンジュ・ブアブル氏

メラニンスキン専用のスキンケアやメイクアップの登場

NappyMeのブアブル氏同様、アメリカ市場を見据えているのは、スキンケア製品を開発中のRys Cosmetiques 創業者のノエリー・ミシュー(Noelly Michoux)氏だ。紫外線に対する反応の違いで分類されるスキンタイプPhototypeで4・5・6にあたるメラニン色素の多い肌に特化したスキンケアで、独自のアルゴリズムでパーソナライズも可能とのこと(発売前のため、詳細は非公開)。

画像5

1〜6に分類されるスキンタイプ
(Phototype)の例
出典: HyFac公式サイトより

この画期的なスキンケアメソッドとアイテムは、フランス・シャルトル市に本部を構える化粧品クラスター、コスメティックバレーにコンタクトしたのがきっかけで、現在、Cosmet’up の支援プログラムのもと、LVMH ResearchやEurofins のサポートを受けて処方開発を進めている。2年の開発期間を経て、2020年5月にローンチ予定だ。

⑦ノエリー・ミシュー氏とキンジャ・アンジュ氏

左から、ベルギーをベースに活動する
Rys Cosmetiquesの
ノエリー・ミシュー氏と
Andjou Cosmeticsの
キンジャ・アンジュ氏

また、Andjou Cosmetics の共同創業者であるコンゴ出身のキンジャ・アンジュ(Kindja Andjou)氏は、メラニン色素の多い肌に特化したリキッドファンデーションを販売する。アルコール、パラベン、動物試験なし、皮膚科学的にアレルギーを起こさない処方で、皮脂を抑え、12時間テカることなく、マットな仕上りをキープするという。カプチーノ、ショコラ、カカオ、カフェイン、エスプレッソという可愛らしいネーミングの5色展開だ。アフリカでは、FacebookやWhatsAppなどソーシャルメディアを利用した情報交換が盛んなため、SNSを効果的に利用して、ユーザーにアプローチを図っている。

画像7

ミックス肌やオイリー肌に
適したファンデーション
出典: Andjou Cosmetics公式サイトより

デザインの力で産業化を促進。アフリカのリュクスなプロダクト

また、デザインによって、アフリカの伝統工芸やクリエーションの価値を上げているアフリカ生まれの2人の女性起業家も登壇した。 

⑩アイッサ・ディオヌ氏とエマニュエル・クレージュ氏

左より、アイッサ・ディオヌ氏と
エマニュエル・クレージュ氏

セネガル系のフランス人で、テキスタイルデザイナーのアイッサ・ディオヌ(Aissa Dione)氏は、25年前に自身の名を冠した会社アイッサ・ディオヌを起業し、西アフリカの伝統的な手織り技術で、現代的なデザインに昇華したインテリアテキスタイルや家具を提案している。

画像9

クラシックな生地Bakel
出典: Aissa Dione 公式サイトより

目的は西アフリカの経済的な発展だ。「セネガルには生地の原料となる高品質のコットンがある。そして、高い技術を持った職人がいる」とディオヌ氏はいい、西アフリカ固有のモチーフを現代ニーズに合わせたデザインにアレンジすることで、高級ファブリック産業に発展させている。

「ソーシャルメディアはほとんど使用していない」というディオヌ氏のビジネスはB2Bのみだ。エルメス、ディオール、ルブタンなど有名ブランドと取引があるほか、日本の結城紬の老舗、奥順ともコラボレーションをしている。最近では、アメリカのオバマ元大統領から家具の特別注文を受けたという。ローカルの雇用を確保し、地産コットンの価値を高め、長期的な発展を目指すエシカルな活動が、この企業の評価をさらに高めている。

この活動に賛同するのは、アフリカのクリエーターによるモード系ECサイトLago54 を創業したエマニュエル・クレージュ(Emmanuelle Courreges)氏だ。同氏は大使館で働く父親とともに、生後から20歳までアフリカ諸国(カメルーン、セネガル、コートジボワール)で育ち、一流の伝統工芸やアートに触れて審美眼を磨いてきた。「重要なのは、キュレーションだ」同氏は現地でハイセンスな商品をセレクトし、すべて買取った上でネット販売している。

同氏の強みは、本業がフリーランス・ジャーナリストであること。Elle、ヴォーグ・イタリア、マリー・クレールなど有名雑誌の社会・政治面などに記事を寄稿している。その文章力と切り口で効果的なプレスリリースを作成し、高級デパートやセレクトショップにアプローチしている。また、パリ市内にショールームを設け、ファッションウィーク時には世界中のバイヤーを招いて、アフリカンモードをプロモートしている。

画像10

クレージュ氏が注目するブランドの一つ
Studio189」は、サステナビリティ
にも取り組んでおり、2018年に
CFDA + Lexus Fashionを受賞

クレージュ氏はこのビジネスを通して、アフリカのモードに対する見方を変えていきたいという。現代アートの世界では、一部のアフリカ出身アーティストが高く評価されているが、モードの世界で「メイド・イン・アフリカ」は、まだチープなイメージが強く、高品質でデザイン性の高いファッションを連想する人はまだまだ少ないという。

同氏は「アフリカにもイヴ・サンローランのようなデザイナーが存在する」と強調し、クリエイティブでインスピレーショナルなデザイナーをプロデュースし、将来的に、パリ、NY、東京などと並んで、アフリカの都市がファッションウィークで注目される未来を見据えている。オーガナイザーのモハメド氏も、アフリカが持つ「貧困」で「発展途上」のイメージを、テック系ビジネスで変えていきたいと同調していた。

アイデンティティでつながるビューティコミュニティー

製品やサービスだけでなく、アフリカ系女性のビューティ(彼らはブラックビューティと呼ぶ)に関するコミュニティやイベントも登場している。

ナイジェリア出身のアントニア・オピア(Antonia Opiah)氏は 、2013年にブラックビューティに関する初のメディアネットワークUn-ruly.com を妹と共にスタートした。現在はパリ在住だが、カリフォルニア、NYを拠点に展開している。

13 アントニア・オピア氏

Un-ruly.comの創業者の
アントニア・オピア氏

アフリカ系の黒髮のヘアスタイル、ケアに特化した情報サイトで、つけ毛を足しながら編み込む無数のアレンジ方法を紹介したり、乾燥、枝毛などの悩みに合わせたヘアケア方法やプロダクトを提案している。また、パリ、ロンドン、テルアビブなど、さまざまな都市で輝くアフリカ系女性をインタビューし、多様な価値観や生き方も動画で紹介している。

オピア氏は、このサイトは世界中のアフリカ系コミュニティをつなぎ、自分たちのアイデンティティや世の中のビューティスタンダードについて再考するプラットホームだという。その大きなきっかけとなったのは、2013年にP&Gのヘアケアブランド「パンテーン Pro-V」とコラボレーションして行なった「You Can Touch My Hair」キャンペーンだ。

NYのユニオンスクエアで、アフリカ系女性が「You Can Touch My Hair」と書かれた紙を持ち、通りがかりの人からの質問にざっくばらんに答える。このキャンペーンは、世の中のブラックビューティへの関心を高め、違いや固有の美を理解すると機会となった。

P&Gは参加者にパンテーンの試供品を
提供し、キャンペーンで得られた
インサイトをマーケティング
戦略に生かしている

また、パリをベースとするアフリカ系のコミュニケーションエージェンシーAK-A agency は、2012年からブラックビューティのイベント「Natural Hair Academy」を開催し、トレンディなヘアスタイリングの体験、クリエーターを招いたファッションショー、ロールモデルとなる社会で活躍する女性の講演会などを企画している。2019年は8,500人が来場した。

パリ市の公園 Parc Floral de Paris 内で
開催されたNatural Hair Academyの様子

「Natural Hair」とは、生まれながらのオリジナルの髪を示す。カラーリングをしたり、ストレートパーマをかける人ももちろんいるが、ありのままの自分を大切にしながら、個性を際立たせるヘアスタイルが人気のようだ。

14 ディディエ・マンダン氏

AK-A agencyのパートナーの
ディディエ・マンダン
(Didier Mandin)氏

このように、髪やヘアスタイルに関するコミュニティやイベント、サービスが複数あることから、アフリカ系の人々にとって、ヘアスタイリングが重要な要素であることが読み取れる。髪は彼らの歴史であり、民族としてのアイデンディティでもある。

15 会場の様子1

16 会場の様子2

会場に集まったスタートアップや
業界関係者から質問が出る

モデレーターを務めたベンチャーキャピタルCathy Innovation の共同創業者であるドゥニ・バリエ(Denis Barrier)氏は、Cathy Capitalを創業した中国人起業家ミンポ・カイ(Mingpo Cai)氏とともに、主にテック系の投資を行う。

2019年10月にはロレアルによりCathy Innovationに戦略的投資が行われ、中国におけるビューティテックのスタートアップ、エコシステムとの関係性を強めていく。Cathy Innovationの主な投資先は北アメリカ、中国、欧州だが、「アフリカは若い世代の人口が多く、中国同様にビジネスポテンシャルが大きい」とし、アフリカテック産業にも投資している。

17 ドゥニ・バリエ氏

Cathy Innovationの共同創業者の
ドゥニ・バリエ氏

アフリカ系というアイデンティティは、世界中の同胞をも包み込み、早晩アフリカ大陸にも広がっていくだろう。それがグローバル経済の成長にどのようなインパクトを与え、貢献するのか。テクノロジーによるエコシステムの充実化、スタートアップの活躍がめざましいアフリカ系のファッション&ビューティ分野の萌芽がここではっきりと見えた。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
12
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp