海外BeautyTechトレンド「高価格帯フレグランス」「トラベルリテール」「宇宙美容」がキーワード【2021年10-11月】
見出し画像

海外BeautyTechトレンド「高価格帯フレグランス」「トラベルリテール」「宇宙美容」がキーワード【2021年10-11月】

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

毎月1回、ビューティ業界にインパクトを与える海外ニュースを俯瞰し、注目すべきポイントと報道の裏側にある背景を解説。グローバルな視点からビジネスの潮流を紐解く。今回はパンデミック後に復活めざましい欧米の香水市場とトラベルリテール、エスティ ローダーの宇宙での美容研究について。

【追記あり】2021年11月22日

欧米で香水市場がV字成長の兆し、異業種やセレブの参入も続々

出典:Cosmetics Business

★注目ポイント
欧米のプレステージビューティ市場の復活を牽引する香水カテゴリー。プレゼント需要も増えるホリデーシーズンをにらみ、2021年10月は異業種からの大手カード会社を含む新規参入ラッシュとなった。米国では同カテゴリーが50%増の急成長との予測もある。

欧米の美容業界は、パンデミックの悪影響から回復基調をみせている。なかでも米国のプレステージ(高価格帯)ビューティ市場は第3四半期の売上が前年同期比25%増を記録した。これに大きく貢献したのが、メイクアップと香水(フレグランス)の伸びである。調査会社米NPDの調べによると、プレステージメイクアップの2021年7〜9月の売上は前年比24%で17億ドル(約1,940億円)に達した。だが、それ以上の成長を示したのが香水カテゴリーで、パンデミック以前の2019年と比較した収益は38%増。NPDでは、大型セールやホリデーシーズンが到来することをかんがみ、2021年末には50%増にまで膨らむと予測している。

この“成功の香り”をいち早く予感したのか、2021年10月、米マスターカードが香水市場への参入を発表、香水ブランド「Priceless」をローンチした。コーポレートカラーの赤とオレンジの2種類のボトルで展開し「Priceless Passion」「Priceless Optimism」という前向きなネーミングにも同社の期待が感じられる。

同10月には、Z世代のスーパースター、ビリー・アイリッシュ氏も自身でプロデュースした香水「Eilish」をローンチしファンを歓喜させた。アイリッシュ氏が好きな身体のパーツというヒトの胸像をイメージしたボトルで、バニラを基調にアンバーやココアのノートが匂いたち、「クリスマスの日にぬくぬくと丸まっていたい気持ち」にさせる香りと、アイリッシュ氏はELLE.comで語っている。

このほかにも、メキシコの職人が大理石をひとつひとつ手作業で削って作るボトルキャップが特徴で、肌のためにヒアルロン酸を配合した「House of BO」。インドにインスパイアされたインテリアやファッショングッズを扱うラグジュアリーリテール「Good Earth India」の創業者が、ニューヨークの高級デパート、バーグドルフ・グッドマンでデビューさせた「LilaNur Parfume 」。世界初、空気でできている香水「Air Eau de Parfum」など、この秋は、単価200ドル(約2万3,000円)以上の高価格帯で新しい香水ブランドの誕生が相次いだ。

一方、ヘアケアやボディケアブランドがフレグランス領域に進出する動きも顕著だ。「モロッカンオイル」からは「Hair & Body Fragrance Mist」が登場。インフルエンサーが立ち上げたD2Cヘアケアブランドの「dae」も、2種類の「Hair + Body Perfume」をリリースした。ヒップケア用クリーム「Brazilian Bum Bum Cream」で知られ、ボディポジティブをうたう「Sol de Janeiro」もPerfume Mist Collectionやオードパルファンを商品ラインナップに加えた。

その背景には、シャワーや洗面所でシャンプーやボディケア製品を使い、香りを気に入ったユーザーから、普段の生活でもフレグランスを楽しみたいという要望がコンスタントに寄せられる現状があるという。ブランド側にとっても、香りはすでに商品開発の一部としてノウハウがあり新商品につなげやすく、ファンコミュニティが手の出しやすい新しい提案にもなる点が、フレグランス製品の開発に拍車をかけているとみられる。

ヴァレンティノビューティ、アジア&中東のトラベルリテール市場にデビュー

出典:Global Cosmetics News

★注目ポイント
低迷していたトラベルリテール市場にメジャーブランドが注力する兆しをみせている。これはアジア太平洋地域での成長が大きなカギとなることを、いずれの企業も理解しているからだ。中国の海南島ではすでに大規模免税品モールでのプレゼンスを競う施策が始まっている。

ロレアル傘下の「ヴァレンティノ ビューティ」が初のメイクアップコレクションを韓国・ソウルとUAE・ドバイの空港内免税店にローンチした。これはロレアルがトラベルリテール・セクションの強化に乗り出す戦略の表れとして注目されている。

パンデミックにより2020年の旅行業界はグローバルで大きな打撃を受けたが、最近になってロレアルのトラベルリテールは徐々に回復をみせており、同社ではとくにアジア太平洋地域での今後の市場の成長に期待をかけている。ヴァレンティノビューティの次の進出先は中国・海南島の免税店になる予定だ。

いち早くコロナが沈静化した中国では、海外旅行に行けない反動から国内の旅行需要が高まり、観光特区の海南島には2021年2月に新たに2つの大型免税品店がオープン。同4月には花王が「SENSAI」と「est」ブランドの製品を販売する化粧品コーナーを同地の免税店モールに開設したほか、同5月にはランコムとSK-IIが期間限定のポップアップストアを設けている。

一方、ヨーロッパでも年末に向けて人の移動が増えることを見込み、トラベルリテール施策を打ち出すブランドが現れている。シャネルは英ロンドン・ヒースロー空港の出発ラウンジに、香水「シャネル No5」の100周年を記念するスペースシップをイメージした特設ポップアップを設置した。また、ドイツの免税店オーナー企業Gebr. Heinemannは、環境保護やサステナビリティに配慮した“未来にフレンドリー”なコスメやパーソナルケア製品をセレクトしたポップアップをベルリン、フランクフルト、ハンブルグの各空港に開設。スイス・ジュネーブ空港には、タッチスクリーン方式で免税品の注文から支払い、受け取りまで非接触で行えるデジタルベンディングマシン(自動販売機)が登場した。

エスティ ローダー、宇宙での研究のため100万ドルを拠出

出典:Glossy

★注目ポイント
2022年注目のテック系カテゴリーとして「スペーステック」が挙げられるなか、エスティ ローダーが国際宇宙ステーションでのサステナビリティ研究を支援するプロジェクトを開始した。「宇宙美容」がトレンドワードとして急上昇する予兆か。

2021年は富裕層が宇宙旅行を実現するなど「スペーステック」への興味が高まったが、エスティ ローダーは環境問題の解決に向けて宇宙規模の発想を取り入れることを決断した。

同社はISS (International Space Station) National Labとパートナーシップを結び、宇宙におけるサステナビリティ研究プロジェクトを実行するために100万ドル(約1億1,000万円)の資金を提供し、個人の研究者の参加を募る「ISS National Lab Sustainability Challenge」を開催すると発表した。エスティ ローダーのグローバル・ブランド・プレジデントのステファン・ドゥ・ラ・ファヴリ(Stephane de La Faverie)氏は「この研究が最終的に、美容業界を含む多くの産業に応用可能な、幅広い用途のバイオポリマーやプラスチック代替え品の開発につながることを期待している」と語った。

参加を希望する研究者は2021年12月6日までにコンセプトを提出して審査を受ける。同コンペティションでは「プラスチック廃棄物の削減」「石油化学製品以外のポリマー製造」「バージンプラスチックの削減」の3つの分野に焦点をあてた研究を求めている。プレゼンテーションと事前に録画した「ビデオピッチ」による審査を経て、10名のファイナリストが選ばれ、2022年3月、ケネディスペースセンターでのセッションを行い上位3位が決定。提出されたISS National Labを活用した宇宙空間フライトプロジェクトの提案書を精査し、最終的なプロジェクトの概要は同年7月に発表される運びとなる。

日本でも宇宙に向ける視線が熱くなっている。花王株式会社ハウスホールド研究所・ヘアケア研究所・包装技術研究所は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策のアイデア募集」に応募し、衣類の汚れやニオイを除去する衣類用清浄シート「Space Laundry Sheet」と、簡便に頭皮や髪の汚れを拭きとれる洗髪シート「3D Space Shampoo Sheet」の2品が採用となったことを発表。2022年頃、ISSに搭載される予定だ。

出典:花王プレスリリース

また、パルコの新規事業推進グループはJAXAの第一宇宙技術部門と、SDGsに関する広報・情報発信において連携を図る協定を締結した。地球の環境問題と向き合うため、宇宙からの視点を取り入れ、業種を超えた普及啓発活動に取り組むとしている。

他方、特定非営利活動法人ビューファは「『未来美容』×『宇宙美容』の共創プロジェクト」を一般社団法人宇宙美容機構とスタートする。第一回宇宙美容シンポジウムの後援をはじめ、人が宇宙で生活するようになっても、美容・化粧ニーズは形を変えつつ未来に存続していくとの仮説をもとに、地上と宇宙での美容・化粧がどのような相関性を持って進化するのかを、美容専門家、大学・研究機関研究者、アーティストらと連携し、論文やビジュアル映像などで社会に発信していくとする。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image: Kerri Shaver via Unsplash

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf