ドランクエレファントも新製品を投入、2021年は高機能ボディケアがトレンド
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ドランクエレファントも新製品を投入、2021年は高機能ボディケアがトレンド

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

多様性の尊重や自分の体に自信を持つボディポジティブの考え方が広まる欧米では、パンデミックによるステイホームや健康志向の高まりを後押しに、ボディケアへの関心が強まっている。なかでも勢いがあるのが、セラミドやヒアルロン酸など顔のスキンケア並みの有効成分を配合した高機能ボディケア製品だ。Drunk ElephantやGlossierも参入する同市場の現在をひもとくともに、あわせて日本のボディケア市場の状況も解説する。

米メディアも注目するボディケアへの関心の高まり

新型コロナウイルスによる生活スタイルの変化で多くの美容企業が打撃を受けるなか、逆に好調なカテゴリーも出ている。レチノールやヒアルロン酸など、スキンケア商品と同質の高機能成分を配合したボディケアアイテムがその1つだ。ハイエンドなブランドからドラッグストアブランドまで、新製品が相次ぎ投入され、消費者の関心の高まりを示すデータもさまざまな形で表れている。その背景には新型コロナウイルスの影響だけでなく、2019年以前から長期的に続く美容への意識の変化がみてとれる。高機能ボディケア市場の盛り上がりとその具体例、背景で起きている消費者の変化の状況をまとめる。

米オンラインマガジンBeautyMatterGlossyは、スキンケアの「次なるフロンティア」がボディケアであるとして、高機能ボディケア製品群が拡大する状況を伝えている。NPD Groupによれば、2020年1〜3月の米国でのボディセラムの売上は32%、ボディオイルの売上は10%増加した

こうした傾向は、2020年より以前にさかのぼる消費者の関心の高まりにも裏打ちされている。製品レビューサイトのInfluensterでは2019年、ボディケア製品のレビューが40%増加していた。さらに「セルライト」や「タトゥーケア」といったニッチな分野に限れば、それぞれ252%、549%と爆発的な伸びをみせていた。Google Trendでみても、「Body Serum」の検索は2019年から2020年にかけて倍近く伸びており、「Body Wash」も過去5年ほどで倍増している

Glossierなど欧米人気ブランドが相次いでボディケア参入&強化

では実際にどのような商品が市場に投入されているのか、人気のブランドからみていく。

Drunk Elephantは2020年3月、ボディクレンザーとボディローション(各20ドル/約2,100円)、デオドラントクリーム(16ドル/約1,700円)から成るボディケアラインを発表した。既存のスキンケア商品と同様に、刺激が強いとされる成分や香料などは含まず、安全かつ有効とされる植物由来成分やアミノ酸、セラミドなどを配合している。また、Dr. Jart+(ドクタージャルト)は定番のセラミド配合スキンケア商品「Ceramidin」のラインにボディローション(25ドル/約2,600円)を加えた。Glossierも2020年にはボディ用のスクラブ(14ドル/約1,500円)とオイル(28ドル/約2,900円)を投入し、ボディケア分野の売上は対前年比で137%伸びているという

この続きをみるには

この続き: 4,122文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf