マガジンのカバー画像

著者一覧

50
BeautyTech.jpで執筆いただいているメンバーのご紹介です。
運営しているクリエイター

#beautytechjp

【著者紹介】臼井杏奈(Anna Usui)

ライター、編集者 青山学院大学文学部卒業。産経新聞社サンケイスポーツ編集局で記者職を経験後、INFASパブリケーションズでビューティ業界紙WWD BEAUTYおよびWWD JAPAN.comで記者・編集職。中国や欧米などの海外美容市場やビューティテック、スタートアップなどを中心に取材。 2020年4月からフリーランスとして、東洋経済オンライン、WWD JAPAN.com、WWD BEAUTY、ITmedia ビジネスオンライン、Forbes JAPAN、TOKIONなどで

スキ
8

【著者紹介】佐藤まきこ(Makiko Sato)

ハワイ在住エディター 上智大学理工学部卒。細胞培養の研究を専攻した後、メディア・広告の世界へ。雑誌編集者や広告のプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのプランナー、エディターとして活動中。ハワイ関連メディアの企画のほか、新規メディアの立ち上げ・運営、広告のコピーライティング等を行っている。 Instagram: @hawaii_milestone 執筆記事一覧 ■ 【関連記事まとめ】資生堂、Loop ECサイト専用リユース容器を発表ほか ■ 【

【著者紹介】大石結花(Yuka Oishi)

Pinterest米国本社勤務/週末クリエイター カナダ生まれ、アメリカと日本で育った帰国子女。国際基督教大学卒業後、IT関連企業勤務を経て、Pinterest Japan の立ち上げをコミュニティマネージャーとしてサポートした後、現在はサンフランシスコ本社で特にクリエイターの海外グロースを担当。週末は YouTube、ポッドキャストなどの自身のクリエイター活動を行う、週末クリエイター。 執筆記事一覧 ■ 「美容はテックで再定義されるのか?」 5度目のMeetUpサ

スキ
4

【著者紹介】橋本沙織 (Saori Hashimoto)

フリーライター 1987年京都生まれ。 フリーライター。大阪大学外国語学部を卒業後半導体メーカー勤務を経て、2014年よりニューヨーク在住。ライターとしてIT、マーケティングやアート、ライフスタイルなど幅広い分野を執筆。またニューヨークベースのフードスタイリストとして雑誌や広告などのフードスタイリングに従事するほか、ケータラ―としても活動。 執筆記事一覧 ■ メンズコスメの取扱い10年、銀座ロフトの直近トレンドにみる男性顧客のインサイト ■ コロナ禍で急成長、友人と

スキ
11

【著者紹介】橋本 愛喜(Aiki Hashimoto)

フリーライター 大阪府出身。 大学卒業後、製造業界で職人育成や品質管理などに従事。2009年、ニューヨークに拠点を移す。某局内で報道の現場に身を置く傍ら、マイノリティにフィーチャーしたドキュメンタリー記事の執筆を開始。 現在は、日本・韓国・アメリカを転々としながら、異文化差異から労働問題、IT関連記事まで幅広く執筆中。 執筆記事一覧 ■ 韓国コスメが世界で強い理由、スタートアップの多さと柔軟性、そしてスピード ■OCEAN TOKYOの付加価値戦略はサロン業界「差別

【著者紹介】チーム・ロボティア(Team Roboteer)

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア、ロボティアのライター・編集者チーム。内外の最新技術トレンドやビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える筆力に定評がある。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社)の著者・河鐘基が務める。 Twitter: @Roboteer_Tokyo Facebook:@ roboteerpage 株式会社ロボティア Top image: NeONBRAND via Unsplash

スキ
3

【著者紹介】谷 素子(Motoko Tani)

パリ在住ジャーナリスト 学習院大学フランス文学科卒。外資系化粧品・消費財企業でマーケティングに従事した後、渡仏。パリ第3大学で修士号取得。現在、フランス文化・ライフスタイルに関する書籍、ガイドブックなどの執筆に加え、日仏文化交流イベントの企画・進行、コーディネーターとしても活動中。週末は美術館やギャラリーを訪れ芸術鑑賞。蚤の市をめぐることも好き。 執筆記事一覧 ■ 仏美容業界トレンド、触覚の数値化や企業横断の環境インパクト評価基準など 【Cosmetic 360】 ■ 

スキ
7

【著者紹介】河 鐘基(Jonggi HA)

株式会社ロボティア代表 1983年北海道生まれ。テック系ウェブメディア「ロボティア」を運営。著書に「AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則」(扶桑社新書)、「ドローンの衝撃」(扶桑社新書)、「ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実」(光文社)。訳書に「ロッテ 際限なき成長の秘密」(実業之日本社)、「韓国人の癇癪 日本人の微笑み」(小学館)など。 Twitter: @Roboteer_Tokyo Facebook:@roboteerpage 執筆記事一覧 ■ G

スキ
3

【著者紹介】杉山顕太郎(Kentaro Sugiyama)

亜洲天使(北京)広告有限公司 董事総経理 東京都港区生まれ 慶應義塾大学法学部政治学科卒 1997年 新卒で豊年製油(現Jオイルミルズ)入社 1999年退社 1999年 株式会社ナレッジパークを創業。大学生ポータルサイト「CampusPark」立ち上げ 2002年 「読モブログ」をアメーバブログ内のオフィシャルブログとしてスタート インフルエンサーマーケティングの先駆けとなる。 2005年 読モプロダクション事業の所属モデルが4500名を超える 2006年 ブログ連動(

【著者紹介】飯島光代(Mitsuyo Iijima)

日系企業マーケティング担当 日系の化粧品会社に12年間勤務し、主に美白アイテム、サンケアアイテムの広告・マーケティングに従事。当時関わっていた市場であるアジアで働きたいと思い、転職してマレーシア在住2年目。日系企業にてマーケティングからPRまで行う。多民族文化を持つマレーシアおよび成長が著しいアジア圏で暮らすことの刺激は大きい。ASEANに限らず広いエリアで、今起きていることへの好奇心を大切に、多彩なテーマを追求しレポートしたいと考えている。 執筆記事一覧 ■ マレ

スキ
2

【著者紹介】高橋クロエ(Chloe Takahashi)

Mixin Lab LLC 代表取締役 サイバーエージェント子会社、国内スタートアップで営業を経験後にカナダとアメリカに渡る。Y Combinator生が創業したプログラミングブートキャンプを日本人初の生徒として卒業。UI/UXデザイナーとして独立し、日系企業の海外進出をコンサル・デザイン事業を行う。4年におよぶ北米生活の中で、アジア人に適したコスメやスキンケアへのアクセスの不便さを課題に感じ、昨年からは日本化粧品のサブスクリプションサービス「Cosme Hunt」をサ

スキ
3

【著者紹介】 小野梨奈 (Lina Ono)

 合同会社カレイドスタイル代表 サイエンスエディター / Webプロデューサー 北海道函館市生まれ。東北大学理学部で宇宙地球物理学を専攻し、当時まだ発見されて間もなかった雷雲上で起こる発光現象「スプライト」の研究に打ち込む。大学院修了後は、IT企業、女性向けWebメディア編集部で勤務し2006年に独立、合同会社カレイドスタイルを設立。サイエンス、IT、編集という自身の経歴も生かしサイエンスコミュニケーション支援に力を入れており、理系女性のクリエイター集団、リケコを率いる。ま

スキ
8

【著者紹介】林 美由紀(Miyuki Hayashi)

フリーライター 神奈川県茅ケ崎市出身。 FMラジオ放送局、インターネットサービス会社、雑誌ECでの社会人生活を経てフリーランスライター。スタートアップや新しいサービスの紹介、雑貨、ライフスタイル、子ども関連など、さまざまな分野の原稿を執筆している。ものを書くこと以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。絵本制作に携わるのが夢。 執筆記事一覧 ■ BeautyTech関連記事まとめ2018. 9.4-9.10 ■ Beauty

【著者紹介】 甲斐美也子 (Miyako Kai)

香港在住ジャーナリスト 東京で女性誌編集者として勤務後、ヨーロッパ在住7年を経て香港在住11年目。ジャーナリストとして「フィガロ・ジャポン」、「anan」、キャセイパシフィック航空「香港スタイル」などのメディアに多数寄稿するほか、コーディネーターとしても活動。現地に密着した取材姿勢から人脈が広がり、The Bar Awards Hong Kong 2016、2017審査員などの役職を務めるように。また、香港の「Apple Daily」、「Jessica」や台湾の「秋刀魚