欧州美容ブランドの知恵が結集、2019年に「売れるため」の3大トレンド
見出し画像

欧州美容ブランドの知恵が結集、2019年に「売れるため」の3大トレンド

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

欧州美容業界の最新トレンドと、デジタル時代の波にのり急速に進む革新の分析から見えてきた、2019年売れるブランドとなるためのキーワードが、「コンテンツ」「クリーンビューティ」「メンズコスメ」だ。

2018年9月26日、英国ロンドンで開催された「Beauty Trends & Innovations」カンファレンスには、ロレアルや資生堂など大手から、人気上昇中のBenefit Cosmeticsなど急成長組を含む、40以上のビューティブランドと老舗デパートなどリテイラーの部門責任者や専門家が登壇。「マーケティング・キャンペーンや改革プランに、業界の最新トレンドをいかに取り入れてマネタイズを実現するか」を基本テーマに、多彩な内容の講演やパネルディスカッションが行われた。そこから浮かび上がってきたのは、2019年のカギとなりうる3つの潮流である。

画像1

1. デジタル・マーケティング - コンテンツが成功の鍵を握る

ソーシャルメディアの巨大化と普及は、消費者の興味や嗜好が移り変わるスピードがさらに高まることを意味する。毎日、いや、毎時間、毎分、次々と新しいことが呟かれ、投稿され、拡散しているのである。企業にとって大切なのは、いかに素早くその変化をキャッチして対応し、先取りできるかという点だ。この意味においてデジタル・マーケティングの重要性はこれまで以上に増すだろう。

デジタル・マーケティングを成功に導くためには、何よりもまず優れたコンテンツをつくることが第1条件だ。では、数多のデジタルソースのなかから消費者の注意を引きつけ、なおかつブランドへのロイヤルティを高める、顧客の心をつかむ“受ける”コンテンツとは具体的にどのようなものなのか?

画像2

資生堂のEMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ地域本社)のイザベル・ロジャース(Isabella Rogers)氏は6つのポイントをあげる。

1つには「共有性」があること。いわゆるシェアしたくなる内容である。わかりやすい例としては、大きなイベントをめがけてのカウントダウンなど、ユーザーが一体化し、みんなでともに盛り上がっていける空気をつくる工夫だ。

この続きをみるには

この続き: 4,947文字 / 画像6枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf