見出し画像

PR TIMES、マテリアルなどオンライン発表会支援サービス6社の考える「これから」

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

オンライン発表会が当たり前になり、パンデミック後の発表会のあり方をブランドも模索している。プレスなど参加する側も物理的な移動のないオンライン開催の継続要望は大きい。オンライン発表会の支援サービスを提供しているPR TIMES、ネクプロ、マテリアル、テー・オー・ダブリュー、博報堂マグネット、メディア・グローブの6社のそれぞれの担当者に、これまでのサービス内容と実際の美容ブランドの発表会事例、そしてこれからの展望を聞いた。(掲載はサービス開始順)

■ PR TIMES 「PR TIMES LIVE」

パートナーのメディア10媒体以上への転載を含むパッケージプラン

プレスリリース配信サイトの運営などを行うPR TIMESの「PR TIMES LIVE」は、プレスイベント、記者発表会の模様を同社のカメラクルーが撮影し、同社公式SNSやYouTubeアカウントでライブ配信するサービスで、2017年11月にサービスを開始しており、今回紹介するサービスのなかでは提供期間が最も長い。

スチール撮影、登壇者の発言内容の文字起こし、ダイジェスト動画制作・配信、パートナーのメディア10媒体以上への転載も含んだこのパッケージプランは、10営業日前までの発注で実施可能で、撮影した動画やスチール素材などは、イベント翌日には同社のメディア会員限定でダウンロード可能なライブラリに格納される。メディアはそれらの素材を二次利用することができる。またパッケージ内で制作されるダイジェスト動画は5万回再生保証で同社の公式SNSに投稿され、プレスだけでなく直接消費者に向けたPRとしても機能する。

同プランを利用し、2021年3月、常盤薬品工業「エクセル」が、同ブランド初のオンライン発表会をデジタルメディア向けに行った。化粧品情報を扱う多数のデジタルメディアから申込みがあったという。コンテンツは開発担当者による新商品プレゼンテーション(7分)にはじまり、モデルによる新商品デモンストレーション(11分)、質疑応答(7分)の三部構成(トータル25分)で行われた。このうちデモンストレーションでは、出演モデルがセルフでメイクアップとメイク落としの実演を行い、「テクニックフリーでトレンド感のあるメイクを実現できる」という特徴をアピールした。

画像1

2枚目差し替え画像

「エクセル」春の新商品オンライン発表
(2021年3月)
メイクアップやメイク落としの
実演を行った
提供:PR TIMES

また、質疑応答は、参加者から開発担当者に対する質問を事前に集める形式で実施したという。「開発担当者に直接聞けることに価値を感じた実のある質問が集まり、その質問に開発担当者の生の声を、十分に準備をして届けることができた。集まった質問を受けてのコンテンツ制作も、より参加者の関心事に寄せた内容に調整できた」と株式会社PR TIMES PRパートナー事業部 パートナーチーム 根本智帆氏は振り返る。「紹介したメイクテクニックを取り入れた記事や、商品をレビューする記事などアウトプットにも多くつながり、参加者からは有益な解になったと非常に好意的なコメントが寄せられた」(同)という。

PR TIMESでは、今後オンラインイベントの企画からサポートするワンパッケージもリリース予定だ。同社 PRパートナー事業部 動画チーム マネージャー新岡真治氏は「オンラインイベントは、現状、イベント中、イベント開催後の参加者と企業との双方向コミュニケーション機会が、懇親会などができるオフラインに比べ限定的になってしまっていると感じる。その解決のための一策として、事前の質疑などもあるが、オンラインによる1対1の個別取材の設定も考えられるのではないか」と提案する。また、事前のサンプルギフティング等、今後のサービス展開も示唆する。

■ ネクプロ 「ネクプロ」

集客告知ページの作成からウェビナー開催・管理までワンストップで可能なツール

画像9

「ネクプロ」のユーザー視聴画面
提供:ネクプロ

2019年から「ウェビナー中心にWebキャンペーンを簡単に作成でき、Web上で顧客との接点を継続的に多く持てるプラットフォーム」として展開しているのは「ネクプロ」だ。運営する株式会社ネクプロはもともと、大手学習塾などに対してOEMでラーニングシステムを開発しており、同システムの特徴であるウェビナー配信やコンテンツ管理機能をSaaS化したかたちだ。Adobeやマイナビなど、これまでに合計300社以上がアカウントを作成しているという。CMSで作成可能な集客告知ページから、配信、参加実績集計レポートまでワンストップでウェビナーを開催・管理できるだけでなく、オンラインとオフラインで同時開催の場合でも、参加希望者の申込データを統合データベースで一元管理したり、オフライン会場の受付で、QRコード化したチケットを主催者側のスマートフォンアプリで読み取るだけで受付完了できるなど、オンオフ両方で活用できる機能も備える。

スクリーンショット 2021-07-09 9.56.35

主催者側の管理画面で
確認できる集計レポート
提供:ネクプロ

これまでは比較的機械系メーカー領域での展示会が多かったが、美容ブランドの商品発表や説明会の場としても活用できるという。たとえば、はじめに参加者全員に向けて商品概要の説明をおこなった後、メディア属性や興味のある切り口などによって参加者をグループに分け、グループごとに異なるレクチャーを行なうといった企画がたてられる。参加者は主催者に対しチャットで反応が可能だ。またライブ配信後に主催側が、申込者のリストからライブ視聴しなかった人を抽出し、アーカイブに招待するメールを送信したり、資料ダウンロードやアンケートへ導線を設計したり、アクション後のコミュニケーションが可能なCRM機能を備えている。

また消費者向けには、さまざまな切り口で制作した商品や使い方の紹介動画をアーカイブし、会員を属性や興味ごとにグループ分けした会員管理機能でターゲティングして限定公開することで、ファンの醸成に役立てたり、あるいは、スタッフ向けのeラーニング教材などとする使い方も可能だ。

株式会社ネクプロ コミュニケーションデザイナー/セールスの増田大介氏によると、今後はSalesforce連携やSatori連携などの機能面でのアップデートを随時行いつつ、集客面やマーケティング支援のサービス強化も行なっていく方針という。

■ マテリアル 「オンライン発表会(オンラインイベント)」

SNSを活用した情報拡散にも強み

PR会社マテリアルの「オンライン発表会(オンラインイベント)」は、同社の「オンラインPR」内のメニューで、Zoom やYouTube Liveなどによるメディア向けオンライン発表会の開催をサポートするものだ。PR会社の知見を生かしたイベントコンテンツの企画から設計、会場の手配、制作、配信、メディア露出獲得までをトータル支援しており、音楽や映像を用いたプレゼンテーションの演出や、ゲストタレントのキャスティングなどもメニュー内でサポートする。別メニューの、オンラインイベント後にSNSを活用し、その後の認知拡大・話題化する手法にも強みがある。

2021年4月には、カネボウ化粧品が「KATE 小顔シルエットマスク 第2弾」発売イベント(オンライン発表会)を実施した。

スクリーンショット 2021-06-28 11.15.43

スクリーンショット 2021-06-28 11.26.50

「KATE 小顔シルエットマスク 第2弾」
発売イベント(2021年4月)
提供:マテリアル

KATEで発売した小顔印象に見せるマスクの紹介と、マスク着用下での新たなメイクの楽しみ方を提案することを目的とした発表会で、タレントの井上咲楽さんとヘアメイクアップアーティストの今原まゆみさんを起用し、マスクにあわせた、KATEの小顔印象を演出する「パーツリサイズシャドウ」を使用したメイクのデモンストレーションを実施した。

同発表会は、これまでアプローチしきれていなかった地方メディアなどを含め、テレビ、紙面、Web媒体合わせて572件のメディア露出を獲得したという。Twitterにも「KATEマスク第2弾欲しい」「KATEのマスク第2弾楽しみ」「新しいメイクにもチャレンジしたい」等の製品に期待する好意的なツイートが並んだ。株式会社マテリアル ブランドプロデュース局 岩本彩貴氏は、「オンライン発表会であることで、遠方のメディアにもアプローチできた。オンライン発表会に参加した多くのメディアを通して、マスクを“しなければいけないもの”から、“マスクもメイクの一部”というメッセージを消費者に届けることに成功した好事例」と振り返る。

また、岩本氏は、遠方のメディアへのリーチや視聴率の計測、参加者の温度感やリアクションを可視化できる点などを、オンラインならではのメリットとして挙げつつも、「オンラインイベントは従来のオフラインイベントよりも開催が難しいとまだ敬遠されがちだ」とし、また「メディアにとっては、リアルの展示会で可能なその場での撮影、単独取材やオリジナル素材の入手が、オフラインでは難しいケースも多く、主催者からの素材提供を待たなければならいのがデメリットだ」と現状の課題を指摘する。そして「どのような素材が必要か事前にヒアリングするなどして、提供できる素材の幅を広げていきたい。より多くのメディアを誘致するためには、オンラインでもなるべく個別取材や囲み取材の場を用意する必要がある。今後もクライアントの状況に合わせた柔軟な支援を行っていきたい」と意気込む。

■ テー・オー・ダブリュー「TOW オンライン イベントパッケージ」「PResh」

リアルとオンラインの手法を最適に組み合わせた支援パッケージ

リアル、デジタルを問わずさまざまなプロモーションを手がけるテー・オー・ダブリューが提供する「TOWオンラインイベントパッケージ」には8つのメニューがある。Zoom等を活用したオンライン発表会が実施できる「オンライン記者発表会」、リアル空間を特殊な4Kカメラで360度撮影し、ブラウザ上に再現する「オンラインPOP UP(VREE)」、店舗、ショールーム、スタジオなどからのオンラインのデモンストレーションをサポートする「オンラインショールーム」、ブランドオリジナルの体験ボックス(サンプル)を作成して事前に送付、オンラインでレクチャー動画やAR機能を使い参加者に商品体験を楽しんでもらえる「オンラインサンプリング」、オンオフどちらからも参加できるハイブリッド型カンファレンスも実施可能な「オンラインカンファレンス」などだ。いずれも、テー・オー・ダブリューが、これまでリアルイベントを支援してきた知見を活かしながら、オンラインの体験価値を提供するパッケージプランだ。

テー・オー・ダブリューでは、2020年6月、初めて発令された緊急事態宣言の解除直後に、「TOWオンラインイベントパッケージ」の提供を開始し、同パッケージ提供開始前には25%程度だったオンライン案件の比率は、いまや約70%まで増加しているという。

具体的な化粧品ブランドの事例としては、資生堂が2020年10月、世界88の国と地域で展開するグローバルプレステージブランドの「SHISEIDO」で、サステナブルな活動や製品開発を通じて、ビューティーカンパニーならではの社会価値を創造するグローバル プロジェクト「Sustainable Beauty Actions(サステナブル・ビューティー・アクションズ)」を始動するにあたり、“より美しい世界の実現に向けて考える場”として、有識者によるパネルディスカッションやゲストを迎えたトークショーを盛り込んだ発表会を実施。YouTube Liveで配信し、同日のワールドビジネスサテライト等での露出にもつながったという。

画像11

画像5

SHISEIDO Sustainable Beauty Actions
発表会(2020年10月)
提供:資生堂

またテー・オー・ダブリューではYouTubeやInstagramのライブ配信を活用した消費者向けの商品紹介動画配信の実績もあり、アイスタイルのECイベントである「@cosme Beauty Day」の連動企画として実施した、15日間連続のインスタライブ配信「#サキドリLIVE」などを手がけている。

株式会社テー・オー・ダブリュー体験デザイン本部 IP室 村松亮氏は、「企業、消費者、メディアそれぞれが多くの『オンライン施策』に慣れてきた今、発表会のあり方は大きく変化しているタイミングだと感じている」という。

「発表会といえば、従来はメディアファーストの考え方が主流だった。しかし今では、記者だけでなく消費者にも配信を通してダイレクトに公開することで、企業と消費者が直接つながることも当たり前になった。消費者に直接情報を届けることができれば、メディアを介することでの『解釈の違い』は少なくなる。“消費者ファースト”とまではいかなくても、情報露出の仕組み・考え方の幅は広がったのではないか」(村松氏)

また、「リアルとオンラインは二律背反するものではなく、双方を最適に組み合わせ、どのような成果を導き出して行けるかが重要」とし、それをふまえて今後のサービス展開を検討していきたいとする。

テー・オー・ダブリューでは、「TOWオンラインイベントパッケージ」のほかにも、株式会社スカパー・ブロードキャスティングとの協業で、イベント会場やスタジオでの発表会の模様を直接各キー局へ伝送することが可能な「PResh(プレッシュ)」も展開している。2021年7月には神谷町オフィス内に配信スタジオを開設。また、オンライン・オフラインを問わずにプロモーションのKPI設計と成果追求を担う専門チーム「顧客体験マーケティング室」を新設したほか、同社が手掛ける年間1,000件超のプロモーション成果データをAIで解析し、類似プロモーション施策の成果データを事前にシミュレーションすることを可能にする「体験デザインエンジン」の提供開始を2021年末に予定しており、成果志向の発表会やPRのプランニング・プロデュースを強化していく方針だ。

■ 博報堂マグネット「REMOTEN」

リアルさながらの双方向コミュニケーションを実現

ファッション・美容領域へのソリューションを強みとする広告会社、博報堂マグネットのリモート展示会サービス「REMOTEN(リモテン)」は、従来のリアルな発表会の臨場感や主催者と来場者の双方向コミュニケーションの再現に重点がおかれているのが最大の特徴だ。同サービスもまた、コロナ流行に対応する形で緊急的に立ち上げられた。準備は管理画面から全てリモートで完結し、申込みから最短約2週間でオンライン展示会の開催が可能だ。

オンライン会議システムにログインすると現れるファーストビューには、ブランド側で動画や画像を埋め込んで自由にカスタマイズできたり、ライブ配信を行ったり、リリース・画像などを来場者が自由にダウンロードできるようにセットできる「ブランドエリア」と、サイトに滞在しているブランド側の関係者や来場者をアイコン化し、リアルタイムで表示する「コミュニケーションエリア」がある。

スクリーンショット 2021-06-28 14.32.27

「リモテン」
ファーストビューのイメージ
提供:博報堂マグネット

このコミュニケーションエリアに今いる人を示すアイコンに、他の参加者がカーソルを合わせると、その人の所属と氏名が表示され、文字チャットやビデオ通話ができる。つまり来場者がブランドの担当者に好きなタイミングで質問したり、来場者同士でコミュニケーションすることが可能だ。しかしバイヤーの参加者にかぎっては、競合等への配慮から匿名で入場可能で、来場者間のコミュニケーションもできない仕組みとしている。

一方で主催者側の管理画面では来場者を一覧で把握できる。気になる来場者にブランド側から個別に声をかけたり、最多16人までと同時に会話可能な機能を活用してオフラインさながらの来客対応が可能だ。また商品のリースや貸し出しについては、参加者は商品一覧ページで予約できるが、主催者側の管理画面では、バイヤーやプレスがどの商品をよく閲覧しているのかがランキング表示される。動画の閲覧やリリースのダウンロードを会期中は24時間いつでも可能としていることなどとあわせ、オンラインならではの付加価値を提供している。

画像7

アナ スイ コスメティックス
2020 NAIL COLLECTION
展示会(2020年9月)
提供:博報堂マグネット

化粧品関係では「アナ スイ コスメティックス」が2020年09月に2日間(アーカイブ展示は17日間)、リモテンを利用して「2020 NAIL COLLECTION 展示会」を開催。商品紹介の動画配信と個別のチャットやビデオ通話による商品説明をおこなった。また2020年12月には「エレガンス コスメティックス」がライブ配信を交えて、商品説明、ハウツー動画配信をおこない、実施後のアンケートでは「ライブ配信があったことでリアル感がプラスされた」といったコメントとともに、約9割の来場者から満足したという回答が得られたという。

株式会社博報堂マグネット 取締役 執行役員 黒原康之氏は、コロナ対応としての引き合いは最近は落ち着いてきているとしながらも、「誰向けに開催する発表会なのかを詰めていくとオンライン発表会の可能性は今後もあるのではないか。たとえば、多店舗展開するブランドのリアル発表会では、出張費などの都合で店長しか来場できないといったことがある。社内向けにオンライン発表会を活用すれば、スタッフ全員の商品理解や、モチベーション向上に繋げられるのではないか」と提言する。

■ メディア・グローブ 「オンライン発表会の配信サポートサービス」

美容専門のPR会社が発表会自体初めてのブランドも支援

美容専門PR会社、メディア・グローブも2021年3月にオンライン発表会の支援パッケージをローンチした。配信はメディア・グローブのZoomアカウントを使って行い、同社スタッフ1名が、ライブ配信中のパネリストの画面切り替えなど配信管理を担当する。参加者のリスト化、録画データの管理、発表会後に展開するアンケートフォームの設定や回答のデータ管理も合わせて行い、配信終了後に主催者にまとめて提出する。

スクリーンショット 2021-06-30 16.06.21

提供:メディア・グローブ

同バッケージを利用するにあたり、ブランドはプレゼンテーションの素材を用意するだけでよい。Zoomを利用したごくシンプルなプランだが、メディア・グローブは、これまで25年以上、リアル、オンラインともに多数支援してきた化粧品発表会のノウハウをまじえ、企画の段階からアドバイスしたり、メディアだけでなく、ビューティKOL(インフルエンサー)も合わせた、招待者選定、招待状メール作成、招待状配信、誘致、出欠管理といったプレス誘致のサポートもあわせて行うことが可能という。発表会自体の開催が初めてというような、ローンチ間もない独立系のブランドにはとくに強力なサポーターとなりそうだ。

メディア・グローブで2020年8月に実施をサポートしたクラランスのオンライン発表会は、発表製品が「60秒で効果を体感できるスピード」を売りにしたアイセラムだったことにちなみ、参加者にプレスキットの一部として「060」を開封ナンバーとした鍵付きボックスを事前送付した。そして発表会のなかで同ナンバーとその意味を明かし、参加者に60秒という数字を印象付けた。

クラランス様

クラランスのオンライン発表会(2020年8月)
新製品にちなんだキーナンバーで
解錠できるボックスを参加者に事前送付した
提供:メディア・グローブ

オンライン環境であることを念頭に、全体的にコンパクトでわかりやすい表現に言葉づかいを工夫したことや、進行役で出演していたPR担当者が途中からアバターとなって登場し、商品の注目ポイントを指し示したりする演出で「演出に工夫があり製品への理解が深まった」「最後まで楽しんで見た」など好評で、紹介した商品は同年のさまざまなベストコスメ賞を多数受賞したという。同ブランドのオンライン発表会サポートはその後も継続しており、2021年2月は「旅」、同5月は「ニュース番組」をテーマとし、映像やデモンストレーションなどを組み合わせ、新製品を印象付ける工夫を行っている。

株式会社メディア・グローブ PR部マネージャー 京極邦代氏は「オンライン発表会も定番化しており、魅せる工夫がより必要になっている。オンラインのツールを使い、質疑応答などは実施しているが、より参加型や、相互コミュニケーションがとれるような仕掛けや工夫を日々模索している」という。また、「状況をみながらではあるが、今後はオンライン・オフラインのハイブリット型での発表会の展開を想定している。新しい配信プラットフォームや仕組みなどの情報収集もしており、常にクリエイティビティーの高い新しいサービスを提供できるよう検討中だ。2021年1月にβ版がスタートしたPR支援プラットフォーム、ビューティプレスボードを通してもプレスへ発表会の案内ができる仕組みの開発を進めている」(同)

Text: 大塚愛(Megumi Otsuka)
Top image: 株式会社メディア・グローブ(2021年5月開催のクラランスのオンライン発表会で「ニュース番組」をモチーフにした演出)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf