中国美容機器市場が拡大、COSBEAUTYやMESMOOTHなど、新興5ブランドの台頭
見出し画像

中国美容機器市場が拡大、COSBEAUTYやMESMOOTHなど、新興5ブランドの台頭

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

近年、中国の化粧品業界では多くの新興ブランドが台頭しているが、こうした波が美容機器業界にも訪れている。2021年に入って資金調達が相次ぎ、投資家も注目している。話題の育毛デバイスを手掛けるCOSBEAUTYをはじめ、注目度の高い5ブランドを紹介する。

LLLT技術を活用した「発毛帽」でも注目の「COSBEAUTY」

2021年7月17日~25日に上海で開催のビジネスショー「第6回淘宝網(タオバオ)工藝祭」で公開された、深圳可思美科技の「COSBEAUTY」ブランドによる育毛デバイス「電激光生髮儀(電気レーザー発毛器、通称『発毛帽』)」が、中国で話題を呼んでいる。

帽子状の機器を頭に装着するとレーザーが毛根を刺激し、発毛を促進する仕組みの商品だ。中国国家衛生健康委員会によると、国民の6人に1人が抜け毛の症状があり、その数は2億5,000万人を超えるという。こうした背景から、近年では毛髪ケアや育毛製品が多数販売されており、消費者からの注目度も高い。

発毛帽は、帽子の内側に装置があるため、一見すると育毛デバイスにはみえない。COSBEAUTYの新技術であるLLLT(Low Level Laser Therapy, 低出力レーザー)を搭載。81のノズルから照射した650nmの波長の低エネルギーレーザーが3~5mmの毛根に到達し、眠っている毛根を目覚めさせ、ダメージを受けた毛根の状態を改善、新しい毛髪の成長を活性化させ、かつ毛根が成長するための栄養分を供給するとうたう。

あわせて医療機器としての認可を受けており、使用は週3回までと決められている。臨床試験ではユーザーの80.9%に効果がみられ、1平方センチメートルあたり平均18本の毛が生えたという。USBでの充電が可能で、場所を選ばずに手軽に利用できる。

画像1

出典:COSBEAUTY JAPAN
プレスリリース

発毛帽は元々、2020年にシャオミ(小米科技)の家電製品ECプラットフォーム「YOUPIN(小米有品)」でのクラウドファンディングを通じて1万8,000台が販売された。プレスリリースによれば、3,002万元(約5億円)を集め、淘宝網工藝祭で公開された商品はその進化版だ。

この続きをみるには

この続き: 3,653文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf