仏ディオールやゲランなど大手から新興D2Cまで「非接触リテール」への工夫
見出し画像

仏ディオールやゲランなど大手から新興D2Cまで「非接触リテール」への工夫

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フランスでは3月17日から続く外出禁止令だが、5月11日から段階的に解除され、少しずつ商業活動も再開に動くと発表された。4万平方メートル以上の大型商業施設をのぞく小売店は営業再開が可能になった。とはいえ、以前と同じ世界には戻れない。オンラインへの積極的な誘導と、オフラインもできるだけ接触を少なくしての再開を探りつつになるだろう。この非常事態のなかで、化粧品企業はどのような非接触リテールを展開しているのか、フランスの大手企業、スタートアップの施策を過去の事例も合わせて紹介する。

LVMH傘下で積極的にデジタル体験を導入しているブランドの1つ、ディオールでは、最高級フレグランスである「メゾン クリスチャン ディオール (Maison Christian Dior)」が、2月中旬からオンライン上で、3Dバーチャルブティックをオープンした。

リアル店舗をバーチャル訪問するショッピング体験

パリのシャンゼリゼ大通り店を3Dで再現し、ユーザーは実際にリアル店舗を訪れるかのように入口から入店。棚の前まで近づき、商品の前に現れるボタンをクリックして商品の詳細情報を確認したり、イメージ動画で香りのコンセプトを実感できる。動画はいずれも高音質で臨場感あふれる作りとしており、視覚と聴覚でラグジュアリーな購買体験を可能にしている。

スクリーンショット 2020-05-05 12.06.19

出典:メゾン クリスチャン ディオール公式サイト

店内にはファッションデザイナーであるクリスチャン・ディオール氏のポートレートやコレクションの写真が飾られ、同氏が愛したラ・コル ・ノワール城(現在はメゾン・ディオール所有)の動画も流れる。訪問者はブランドの世界観やメッセージが凝縮された空間を360度自由に歩き回り、細部まで堪能しながら商品を購入できる。

また、メゾン クリスチャン ディオールでは、4つのステップで理想的な香水を見つけるコンテンツも提供している。まず、自分用か贈答用かを選択し、3つの質問に答えると、22種類のラインナップから嗜好に合った香水が提案される。香りを嗅がずにフレグランスを購入するのはハードルが高いように思われるが、香りを色に例えたり、想像をかきたてるビジュアルを5つ表示して、どの  "香り高いひと時" を味わってみたいかといったユニークな質問項目により、未知の香りに期待を抱かせる工夫がある。購入時には香水ボトルに名前などを刻んでパーソナライズすることも可能だ。

スクリーンショット 2020-05-05 12.07.40

出典:ディオール公式サイト

このようなオンライン体験を通してフレグランスを選んだとしても、やはり香りを実際に試したいという人には「Try it First」と呼ばれるサービスも用意している。商品を注文すると、試供品サイズが無料で同封され、商品が到着したらまず試供品サイズで香りを確認できる。香りが気に入らなければ、未開封の商品を返品でき、代金も返金されるというシステムだ。「好みにあわなければ返品できる」という安心感から、オンライン購入を試みる層が増えると考えられる。こうしたサービスは、リアル店舗を訪れることができない行動制限下でも有効だ。

この続きをみるには

この続き: 5,054文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf