私たちは独りじゃない。世界の美容業界は助け合ってCOVID-19を乗り越える
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

私たちは独りじゃない。世界の美容業界は助け合ってCOVID-19を乗り越える

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

今日、4月1日はエイプリルフールだ。だが、今日の企画は「エイプリルワイズ」と称したい。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の勢いが止まらないなか、罪のない嘘による小さな笑いより、未来に希望をつなぐ真実のニュースがふさわしい。COVID-19がもたらすさまざまな困難に手を差し伸べる、美容業界の “エイプリルワイズ” な試み、寄付やサービスの無償提供などを紹介する。それはSolidarity(連帯)、そして私たちは独りじゃないというメッセージだ。

COVID-19は症例数が78万件を超え、なお拡大を続けている。ヨーロッパ各国をはじめ、全国規模のロックダウン(封鎖)や厳格な外出制限を定める国も増えている。多くの人が不自由な生活を強いられるのはもちろん、医療現場での物資の不足や医師への感染も伝えられる。そんななか、化粧品生産ラインを活用する消毒ジェルの製造や関係団体への寄付、自社製品やサービスの無償提供など、自分たちにできることをしようと多数の美容関連及びそのほかの企業が立ち上がっている。

ロレアルのように、COVID-19で休業を余儀なくされたヘアサロンや化粧品専門店などの中小ビジネスに対し、営業が再開するまで売掛金の回収を停止したり、ディストリビューターへの支払いを早めたりと、資金面で業界をサポートする企業もある。

また、ヨーロッパの大手化粧品リテールDouglasは3ヶ月間、自社ECサイトをマージンなしで無料開放し、中小の小売店や化粧品メーカーが同サイトを通じて製品の販売ができるようにすると発表した。

既存の生産ラインを使い消毒ジェル製造

LVMH、エルメス、ロレアル、クラランス、コティ、そしてエスティ ローダーなどの大手化粧品・香水ブランドが次々とスキンケアや香水の生産ラインを利用し、手指の消毒用サニタイザーの製造を開始。医療機関を中心に無償提供をはじめた。

ロレアルの「ガルニエ」は、自社製品を置いてくれる顧客であるスーパーマーケットなどの欧州の食料品店に数百万本の消毒ジェルを提供する。これは、封鎖のなかでも生活の生命線である食料品店は開いており、感染リスクにさらされながら働く従業員の健康を守れるようにとの配慮からだという。

この続きをみるには

この続き: 2,707文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf