バルクオムはメイクラインと初の旗艦店、グローバル展開で第二フェーズの成長へ
見出し画像

バルクオムはメイクラインと初の旗艦店、グローバル展開で第二フェーズの成長へ

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

メンズコスメブランド「バルクオム」が、2021年8月10日、ブランド初となる旗艦店を新宿マルイ本館 1階にオープンした。同時に、約2年の開発期間を経て誕生したメイクアップラインもリリース。ブランド設立9年目を迎え、日本のメンズコスメ市場を牽引してきたバルクオムが、今の日本市場をどのように捉え、世界No.1シェアブランドへの道のりを描いているのか、株式会社バルクオム 代表取締役CEO 野口卓也氏に話を聞いた。

最新テクノロジーを駆使したブランド初となる旗艦店

ブランドカラーであるブラックとホワイトを基調とした「BULK HOMME THE STAND(バルクオム ザ スタンド)」は、新宿マルイ本館1Fの表通りに面したApple 新宿のちょうど真裏にあたるスペースを占め、誰もがふらっと気軽に立ち寄って、ブランドの世界観とともにメンズコスメを試せる体験型ストアだ。「メンズビューティの革新と発信」をコンセプトに、店内にはクリエイティブを支えるテクノロジーが随所に採用されている。

画像1

通路に面して設置された
3Dホログラムディスプレイ

店舗上部と側面に配置された3Dホログラムディスプレイには、バルクオムのロゴとメイクアップラインのコンセプトムービーが立体的に映し出され、通行人の目を引きつける。店内に足を踏み入れると、中央には大型ミラーサイネージ「デジタルミラー」が3台設置されており、鏡に映った自身の肌の色と比較しながらコンシーラーなどのメイクアッププロダクトのカラー選択が可能で、使い方を説明する動画も一緒に見ることができる。

ブランドの世界観に合わせて、ミラーサイネージを組み込む什器の装飾もインハウスデザイナーがディレクションを担当しており、ソフトウエアに関しては、どのように製品提案を行うのがよいのかを社内で議論を重ね、他社サービスをAPIで組み込むのではなく自社で開発したという。

画像2

店内に設置された
大型ミラーサイネージ
撮影:編集部

出店にあたり、株式会社丸井グループからは、スタッフの派遣や店舗デザインの支援のほか、提携クレジットカード「BULK HOMME エポスカード」の発行などの協力を得ている。出店時には同社からのプレスリリースも配信された。

野口氏は、ブランドシェア最大化のためのひとつの施策として店舗展開の選択肢は以前からあったと話す。しかし、メンズスキンケア人口が一定数以上にならないと厳しいとの予想から、タイミングの見極めの難しさも感じていたという。今回、出店を決めたのは、ちょうどバルクオムにメイクアップラインが加わり、“メンズビューティ”という価値をトータルで提案できるようになったからだ。

この続きをみるには

この続き: 4,282文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf