「Co-Learning」、企業向けアプリで学べるデジタルマーケティングのAtoZ
見出し画像

「Co-Learning」、企業向けアプリで学べるデジタルマーケティングのAtoZ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

進化の早いデジタルマーケティングのスキルは、継続的かつ効率的に学ぶ必要がある。ドクターシーラボでの経験をはじめとして美容業界のデジタルマーケティングにも精通した株式会社シンクロ代表取締役社長の西井敏恭氏が、誰でもデジタルマーケティングを初歩から学べるアプリ「Co-Learning(コラーニング)」を開発した。ユーザーと導入企業のそれぞれのメリットを探る。

もはやデジタルマーケティングは、商品やサービスの販売だけでなく、HRやIR分野でもマストの知識だ。属人的あるいは独学になりがちなこの分野を、アプリで誰でも学べるようにしたのは、西井氏の知識と経験によるところが大きい。

2019年9月7日。デジタルマーケティングを学べるe-Learningアプリ「Co-Learning(コラーニング)」の提供が開始された。デジタルマーケティングのスペシャリストである西井氏の試みは、コンサルタントなど外部に頼るだけでなく自社で「マーケターを育てる仕組みづくり」があれば、組織は自走でき、さらに伸びるという実体験からだ。

写真001

シンクロの代表取締役社長・西井敏恭氏
撮影: 編集部

西井氏は、自ら起業したシンクロでマーケティング支援・教育事業などを展開するかたわら、オイシックス・ラ・大地株式会社で、チーフマーケティングテクノロジスト(CMT)として従事している。前職ではドクターシーラボに在籍しており、化粧品など美容業界のマーケットにも明るい。そんな西井氏率いるシンクロがコラーニングの提供をはじめた理由は何か。

「シンクロを起業して約6年が経過しようとしているが、これまでコンサルティング業務でご一緒したクライアントの方々には成果を実感してもらっているとの自信があった。また、いろいろな業種に関わる機会があった結果、現場が強い企業は絶対に伸びるという確信が生まれてきた」(西井氏)。

このように、現場スタッフのマーケティングの意識が高く、能力が高い人がいればいるほど業績が上がることを日々の業務を通して再認識した西井氏だが、一方でデジタルマーケティングを専門分野にする人材に対しての課題も感じたという。

この続きをみるには

この続き: 2,908文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf