サンゴ礁も肌も守る。日焼け止めの新潮流はオーガニック&生分解性成分
見出し画像

サンゴ礁も肌も守る。日焼け止めの新潮流はオーガニック&生分解性成分

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年5月1日、サンゴ礁に有害な日焼け止め成分を禁止する法案がハワイで可決され美容業界に衝撃が走った。そこで脚光を浴びているのが、紫外線を遮断する効果を持つ天然由来成分と、微生物によって分解可能な生分解性成分だ。各地のラボで研究が進む、日焼け止めを根本から変える物質とは?

オキシベンゾンとオクチノキサートがもたらす重大被害

長年にわたって美容業界は、老化やがんのリスクを高める紫外線から肌を守るためSPFが表示された製品を使用するよう消費者に呼びかけてきた。だが、その裏では、年間1万4,000トンもの日焼け止めが、海水浴客の遊泳や生活排水を通じて海へ流れ込んでいた事実もある。

画像1

Image: Yanguang Lan via Unsplash

なかでも、店頭に並ぶ日焼け止めの多くに使用されている紫外線カット成分のオキシベンソンとオクチノキサートの2つの化学物質は、海洋環境と海の生態系に重大な被害をもたらしていることが、非営利の学術団体の調査で明らかにされた。とくにサンゴ礁への影響が大きく、サンゴにこれらが染み込むと内部に住む藻類が死滅して白化現象を引き起こし、すでにダメージが広がりつつある世界のサンゴ礁の壊滅の危機にますます拍車がかかることになる。

これを受けて、ついに米ハワイ州が成分にオキシベンソンとオクチノキサートを含む日焼け止めの販売を禁止する法案を可決した。該当する製品は、グローバルで販売されている大手企業の主力ブランドなど3,500以上にのぼるとみられる。

こうしたなか、化学物質を使用しないオーガニック系化粧品会社の日焼け止めに注目が集まっている。その1つ、Goddess Gardenでは「人体にもサンゴにも安全な天然ミネラル・サンスクリーンの利点を消費者に伝えるのがミッション」と意気込む。

また、薬剤師が開発したロンドン発のオーガニックコスメThe Organic Pharmacyは、サンゴ礁が破壊されている状況に警鐘を鳴らすSave Our Reefsキャンペーンを英国内で開始し、希望者には化学物質を含む日焼け止めと同社の商品サンプルを無料交換すると発表している。

この続きをみるには

この続き: 1,963文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf