見出し画像

デジタルによる色の民主化、Coloroが美容業界に与えるインパクト

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

長きにわたり、パントーンに頼ってきた色の可視化がColoroというデジタルコーディングの仕組みで再構築された。テクノロジーで色を操り、クリエイティビティの可能性を広げ、そしてデータのかけあわせでビジネスの効率化をはかる。日本でも、リリース直後に大手化粧品メーカーが採用し、理論的な色戦略で売上増への期待をかける。Coloroのマネージング・ディレクター、ソーステン・トゥロゴット(Thorsten Traugott)氏に話を聞いた。

カラーコーディングの新システム、Coloroとは?

出典:https://int.coloro.com/

色はビジネス上では消費者の購買意向を左右し、製品の価値を決める大切な要素でもあり、ブランドにとってはそのイメージやストーリーを形作る重要な役割を果たしている。しかし、これまでは感覚的な判断で語られることが多かった分野でもある。

色を科学的・理論的にとらえつつ、誰でもが直感的に使えるデジタルツールColoroが2017年に発表され、それまの常識をがらりと変えた。これは、ロンドンに本社をおくB to Bビジネスのサポート企業、Ascentialが、そのグループ企業で世界的に有名なファッショントレンド予測サービスのWGSN日本では伊藤忠ファッションシステムと提携)と、繊維に関する情報サービスを提供する中国のCTICと組んで生み出したものだ。CTICは、人の目が実際に分別する色についての調査研究を20年に及び行ってきた実績がある。

さらに、ファッション業界だけでなく、アディダス、メーシーズ、アシックス、フォルクスワーゲン、ウォールマート、ボーコンセプト(BoConcept)といった、すでに色に対して独自の考え方や経験値を持っている多様なリーティング企業を色のエキスパートとして迎え、協働した。彼らの長年にわたる色に関する研究と情熱、ビジネスニーズを背景に、テクノロジーと人知が融合した革命的な色のコーディングシステムが世に送り出されたのだ。

「Coloroを開発するにあたりエキスパートとして参加した各社の担当者は、自社の持つ色情報やブランドの色システムを理論的に体系化して、もっと簡単に今後の色戦略策定に活かしていきたいという強い願望があり、積極的に開発プロセスに参画するだけでなく、今ではColoroのコーディングシステムを大いに活用している」とトゥロゴット氏はいう。

Coloroは、色相/明度/彩度の色の三属性によるアルバート・マンセルによる分析手法をベースにしつつ、色のいわば3Dモデルが基本だ。理論的に再現可能な160万色のなかから3500色を選び、デジタル上で7桁の数値で体系化し、ユーザーはそれをオンライン上と実際の色チップや布の形態で自由自在に操ることができる。

いままで色の共通言語として使われてきたパントーンの色体系と比べてみると、整理された色数が上回るだけでなく、そもそもアプローチが異なる、とトゥロゴット氏はいう。

「これまでの色体系でも色に番号がついているが、その番号自体に一貫した理論が背景にあるわけではなかった。また布、プラスチックなど素材別にも色が体系化されており、整理しにくかった部分がある。Coloroは、色を共通のロジックに基づいて分類でき、7桁の数字は色相(160種)、明度と彩度(各100種)の3つを具体的に表し、また素材に関わらず一元化されたユニバーサルな色体系になり、簡易に扱えるだけでなく色を語る共通言語ともなる」


具体的な仕組みと使い方のヒント、アドバイザリーサービスの活用

実際に、Coloroにはどのようなツールがあるのかは、下記の動画を見るとよくわかる。

63冊のツールボックスに体系化された3500色を布として手に取ることができ、デジタル上では魔法を操るかのように色を直感的に扱えて、かつ理論的な検証が可能だ。希望する色がない場合はその色をオーダーすれば、布の形で手元に届く。

さらに全色を体系化したコードブックで、実際の色の組み合わせの試行錯誤ができ、さまざま分析も行える。たとえば過去の製品ラインナップの色を、9つの色セグメントに分類し、ターゲット層や実際の販売状況などの要素と掛け合わせて検証してみると、今後必要とされそうな色のセレクションがわかるなど、未来のビジネスチャンスまでも浮き彫りにされる仕組みになっている。さらに、Coloro のアドバイザリーシステムで、グループ企業の様々な特性を生かし、地域別の色の解釈や、トレンドなども考慮しながらのカラー戦略策定も可能だ。企業ニーズに合わせてのトレーニングやワークショップなど、手厚いサポートも準備されている。

また、オンライン上でも、用意されている3500色をすべて見られるだけでなく、色の組み合わせのトライアルや保存が簡単にできるワークプレイスが用意されている。会員登録さえすれば無料で使えるというところも、Coloroの目指す色の民主化とこのシステムへの自信が見て取れる。



美容業界での導入メリット、そして将来への布石

まずはファッション業界での利用が活発になっているColoroだが、トゥロゴット氏によれば、美容分野でもすでに日本の大手化粧品会社がColoro開発直後に顧客となったという。

「メークアップアイテムでは、クール、ナチュラル、ウォームといった分類がまずベースにあり、その上でさまざまな色が選択されてコレクションが作られることが多い。これまでは目視による作業で、ばらつきが出てくる可能性もあった。Coloroで一貫性のあるカラーコード分類を使えば、そのメークアップアイテム自体の素材や形状にとらわれず、過去の色パレットの評判や売れ筋もも考慮しながら一貫した色戦略が立てられる。また、肌のトーンにあったメークアップの色選定も可能だ。もちろん、色のハーモニーを決定するためにファッションやトレンドカラーも考慮に入れられる」。

 色を理論的に捉えるツールができたことで、より戦略的に、企業やブランドの価値向上や売上・効率アップに色を活用できる。デザイナーの側も、クリエイティビティの可能性を広げると同時に作業効率を上げられる。マーケティングやバイヤーたちにとってはPRやブランディングのための必須ツールとなり、製造パートナーとも正確な色情報の共有がきわめて容易になるので、サプライチェーンでの効率化も期待できる。Coloroと同じグループ企業のWGSNでは、既にAI(人工知能)を活用したサービスも展開されている。今後、ColoroでもAIを活用したレコメンデーション機能や革命的なツール展開も期待できるところだ。
 
人々の嗜好もニーズも多様化し、変化が読みにくく、かつ激しい時代に、Coloroのようなツールを用いての未来予測、色戦略の見直しはひとつの切り札になるだろう。まずは手始めに、今年WGSNが注目する「イエロー」のグラデーションをColoroのオンライン上のワークスペース(会員登録で無料で使える)で実際に探してみてはどうだろう(7桁のコードで、037-81-37、043-85-34、041-85-31を入れる)。このイエローは、米国のいわゆるジェネレーションZたちが定義する、バナナから福寿草までの晴れやかでバランスのよい色幅だという。あるいは、いま米国で話題のミレニアルピンクは、日本ではどのようなニュアンスのピンクになるか、実際につくってみるのも面白い。

美容業界にとっては、これが便利であると同時に、色の民主化により参入障壁が低くなり、さらに競争が激しくなることも予想される。未来を予測し、トレンドを自らつくっていくことが至上課題であるいま、このテクノロジーには、早い段階からチャレンジしていくべきであろう。


text by 望月奈津子(Natsuko Mochizuki)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
4
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp