LIPSのアルゴリズムが生み出す、Z世代の静かなる熱狂
見出し画像

LIPSのアルゴリズムが生み出す、Z世代の静かなる熱狂

BeautyTech.jp

(※2018年7月28日 店内POPについての追記あり)

◆ English version: How this makeup review app stole the hearts of Japan’s Gen Z
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

サービスローンチから1年半で100万ダウンロードを突破した、コスメのクチコミアプリ「LIPS」。どこかとらえどころがないと言われるゆえんは、コミュニティプラットフォームでもあり、LIPSというブランドが確立したメディアのようでもある両面性からだろう。AppBrewの目指す、ファンを生み出すデータドリブンなコミュニティ運営について聞いた。

AIがタイムラインをパーソナライズ

東大発ベンチャーとして話題になったAppBrewの最初のサービスとして世の中に出たコスメのクチコミアプリ、LIPS。「アルゴリズムで熱狂を生むプラットフォームをつくりたい」と、創業者であり代表取締役の深澤雄太氏が目指す世界の、第一歩だ。

画像1

出典:LIPS

「LIPSは取締役の松井友里がターゲットペルソナ」と話すのは、同社の広報兼広告事業責任者の紺野佳南氏だ。2016年のサービス誕生から、2018年に入ってすぐ行われたデザインリニューアルまでを一貫して主導してきた松井氏だが、そこには、彼女自身も含め20代の女性の消費者行動やサービス体験データに基づいた設計が生きているという。

今回のリニューアルで大きく変わったのは、それまで10代がメインであったユーザーが20代、そしてそれ以降まで広がったことだ。10代が集う心地よさはそのままに、「ちょっと私たちには若すぎるコミュニティかも」という懸念が払拭された、絶妙なバランスのデザインリニューアルは大成功だったといっていい。若い世代に支持されるゆるっとしたつながりは、デジタルネイティブでなくても心地よい。

現在、100万ダウンロードを突破し、しかも、獲得が難しいといわれるZ世代からの支持を得たうえに、それ以上の年代のユーザーにも幅を広げつつある。この快進撃の理由のひとつがAIによるパーソナライズだ。

LIPSのアプリを開くとタイムラインが表示されるが、このタイムラインはユーザー全員同じではなく、年齢や肌質、好きなブランド、また誰をフォローしているかによってAIが一人ひとりに最適化している。

この続きをみるには

この続き: 3,223文字 / 画像8枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf