ヘアサロンの経営支援から新たなビジネス創出まで、進化するサービス
見出し画像

ヘアサロンの経営支援から新たなビジネス創出まで、進化するサービス

◆ English version: A cut above: How digital services are helping Japanese hair salons
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ヘアサロンの増加が著しい。2018年10月末に厚生労働省が発表したところによれば、日本全国の美容室の数は24万7,578店で過去最高を記録した。美容師の数も約50万人を突破している。一方で、2018年1〜11月の美容室の倒産数は86件。こちらも過去10年で最多となった。原因別では、「販売不振」が最も多く9割以上。レッドオーシャン化した市場のなかで、効果的な集客方法の模索やサービスの質向上および差別化は急務だ。加えて、属人的な作業が多かったバックエンド業務をなるべく効率化することで、経営を合理化することも早急の課題となっている。

画像1

Photo by LiME HP

ヘアサロンの業務管理を円滑化するサービスが続々登場

ヘアサロンの顧客管理や売上管理といったバックエンド業務を効率化してくれるソリューションおよびサービスの代表格としては「カルテ管理システム」がある。そのなかでも、スマホで簡単に操作ができるサービスが「LiME」だ。従来、顧客の髪質・髪形などのデータは、美容師が紙に書いて管理することが一般的だったが、LiMEはデジタル上でそれらの作業を完結できる。スマートフォンで写真を撮影・アップロードすることでデータを管理しつつ、顧客情報を素早く検索することが可能だ。さらに予約管理ツールとしても利用できる点もLiMEの強みだ。受付用のPCなどから予約データを入力することで、美容師のアプリ内カレンダーに予定が共有される仕組みとなっている。

LiMEの代表取締役である古木数馬氏は現役の美容師でもあり、現場の課題を良く知るメンバーが開発を続ける同社は資金調達も進んでおり、今後の展開が楽しみなソリューションのひとつだ。

クラウドで顧客カルテ管理、予約管理、売り上げ管理、集計分析などが可能な日本のサービスには「Bionly」、「Salon Answer」、「Coming-soon」などがある。いずれも、初期費用に加えて月々1万円前後の料金で利用できるが、ヘアサロンとしては、自社の実情に適したサービスを選別したいところだ。LiMEは売上に合せて月額利用料が変化するうえ、他のサービスと比べて安価なため、使いやすさという点で際立っているようにみえる。

海外では、ヘアサロン用の予約管理、POS、顧客記録、在庫管理、財務報告システムを複合的に、なおかつ無料で提供するサービスも登場している。

ドバイとワルシャワに拠点を構える「Shedul」がそのひとつだ。同社のサービスは120ヶ国で4万店舗以上が利用しており、今年4月のBシリーズの資金調達を経て、企業価値は1億5,000万ドルにまで達している。いわゆる「SaaS(=Software as a Service)」のひとつだが、ShedulのアプリやウェブサイトはInstagram、FacebookなどSNSとも連動しているのがひとつのポイントとなっており、各店舗のマーケティングからオンライン予約までをサポートする。そのうえで予約成立の手数料が、Shedulの収入源となる。

この続きをみるには

この続き: 1,940文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf