GEMやWaphyto、植物成分を最大限に活かす思想のサプリは半生やリキッドの新形状
見出し画像

GEMやWaphyto、植物成分を最大限に活かす思想のサプリは半生やリキッドの新形状

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックの影響でセルフメディケーションの意識が高まり、サプリメントをはじめとしたインナーケア需要が拡大している。そのなかで、植物のもつ成分をより効果的に摂取することを目指し、ナチュラル志向を深めたインナーケアアイテムが生まれている。米国発の 、いわば半生サプリ「GEM(ジェム)」と日本発の液体サプリ「Waphyto(ワフィト)」にみる新しいアプローチを紹介する。

■GEM
加工を最小限にして植物そのものを摂取するよう設計されたリアルフードビタミン

2018年創業のGEMは、藻類や植物由来の13種類の原材料からできたひとくちで食べられるリアルフードビタミンで、パウダー状の素材やフルーツ、種などをそのまま練り固めたような半生状の形状が特徴だ。保存料は一切使用しておらず、製造から6ヶ月、常温での保存が可能だ。

創業のきっかけは、GEM Vitamins社 CEO サラ・カレン(Sara Cullen)氏自身の経験にある。2017年に深刻な体調不良に悩まされたカレン氏は、ビタミンDや鉄分などの主要な栄養素が不足しているのに加え、小麦、大豆、とうもろこしなどの食品にアレルギーがあることが判明した。

そこで、必要な栄養素が補え、かつできるだけナチュラルな成分でできているサプリメントを探したが、市販されているほとんどのサプリメントには、充填剤、合成着色料などカレン氏にとっては不要と思われる成分が含まれており、天然の植物由来の製品を見つけるのが難しかったという。唯一、カレン氏の求める条件を満たした栄養源がスピルリナ(藻類)で、それを摂取し始めてから健康状態が劇的に改善したことから、カレン氏は栄養学について独学で学び、研究を深めたのちにGEMを立ち上げた。

開発過程では、第一線で活躍する医師や科学者からなるチームに研究と情報提供を依頼。何千もの科学論文をもとに現代の食生活でみられる栄養不足を解消し、日々のストレスや疲労などの日常的な問題を解決するために、女性が最も必要とする15種類以上の主要な栄養素を特定した。

約1年かけ、30以上の試作品を経てGEMとして商品化。現在も、統合医療、機能性医療、神経学、分子生物学、栄養学、そして食の分野にまたがる科学者、医師、研究者からなる複合的なチームで開発を行っている。

この続きをみるには

この続き: 3,070文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf