新しい発想や素材で海外バイヤーの目を引く日本ブース。コスモプロフ・アジア2018
図1

新しい発想や素材で海外バイヤーの目を引く日本ブース。コスモプロフ・アジア2018

◆ English version: Japanese firms captivate overseas buyers with new materials and ideas
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

毎年香港で開催され、世界各地から3,000社以上が出展し、来場者は8万7,000人を超える世界最大級のビューティ見本市コスモプロフ・アジア。ジェトロが主導する日本ブースには、高い技術力と独自のアイディアでユニークな製品を開発する企業が集まった。

ジェトロ(日本貿易振興機構)では、輸出に不慣れな日本の中小企業が海外進出を目指す支援として、コスモプロフ・アジアにジェトロ・ジャパンブースを設けている。ジェトロものづくり産業部生活関連産業課の春田麻里沙氏は、「ジェトロ・ジャパンブースへの出展は、主催者審査などを経て、上位20社が参加できるという仕組みになっている。その意味では海外で展開できる体勢が整った、厳選された参加企業が揃っている」という。

「今年のジェトロのブースでは特定のトレンドというよりも、長年他業種で培ってきた技術やノウハウを化粧品に生かして、世界中探しても他には作りようがない、ユニークな高品質製品を開発製造している企業がいくつもある」という春田氏の言葉どおりの日本ブランドをいくつか紹介しよう。

ジェトロものづくり産業部生活関連産業課の春田麻里沙氏 

目的別3Dフェイスマスク

1970年創業のニチエイは、近年の世界的マスクブームを陰で支える立役者である。顔の各パーツにぴったりと密着する3Dマスクの特許を取得したトップメーカーとして、世界中のブランドのOEM生産を行っている。

2020年に創業40周年を迎えるのを記念して、海外向けに自社ブランド「日本マスク本舗」を起ち上げ、保湿、毛穴引き締め、くすみの除去、リフトアップの4つの目的別マスクを2018年9月に発表した。今回のコスモプロフ・アジアは、新製品を世界へ披露する初の場である。

それぞれのタイプに必要な美容成分の処方に対して、もっとも機能的に相性が良い不織布素材を20種類以上あるレンジから選んで組み合わせており、マスクのプロフェッショナルならではのこだわりを発揮した自信作という。その完成度の高さで、会場では世界中からの来場者を唸らせていた。

この続きをみるには

この続き: 2,647文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf