見出し画像

Perfectがグーグルと提携、ARバーチャルメイクは、美容領域のデジタルインフラへ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

Perfect Corp.は2020年11月11日、オンライン開催された「The Global Beauty Tech Forum」において、AR/AI技術によりブランドと消費者のエンゲージメントを全方向のシーンで実現する「Engagement 360°」の推進を紹介するとともに、グーグルと戦略的パートナーシップを結んだことを発表。12月にはSnapchatとも提携を発表し、2021年以降、バーチャルメイクアップは美容領域のデジタルインフラとなる方向性を示した。

YouCam メイクが全方向で消費者とのタッチポイントを創造

Perfect Corp.では現在、「Engagement 360°」をスローガンに、AR/AIを介して、全方向さまざまなシーンで美容ブランドが顧客とのタッチポイントをクリエイトできることをうたう。具体的には、オンラインとオフラインでのARバーチャルメイク、AIによる肌分析や各自に最適なファンデーションカラーの提案、ライブキャストにARトライオンを掛け合わせる技術やツールなどである。

図1

なかでも、コロナのパンデミックにより非接触リテールの必要性が緊急の課題となった結果、導入が進んでいるのが、リアルタイムのBA 1 on 1コンサルテーションだ。これは、ビューティアドバイザー(BA)と顧客がビデオ通話によるカウンセリングセッションをするなかで、レコメンドされた製品をその場でバーチャルに試すことができるのが特徴で、店頭で行われるタッチアップやメイクアップアドバイスをオンライン上でも実現させるものだ。

美容インフルエンサー動画などで気になったルックや製品を試したいユーザーが、スマートフォンからコールするだけで、エキスパートに気軽に相談できることを念頭に設計されている。

図1

このように、Perfect Corp.が描くのは、「製品をみつけたい」「肌の状態が知りたい」「自分に合うものを教えて欲しい」といった消費者のパーソナルな要求にダイレクトに応える「Beauty SaaS」としてのサービスラインナップだ。ブランドは自社製品の特性やマーケティングに合わせて、必要なツールを採用することができる。

「The Global Beauty Tech Forum」において「パーソナライズされたブランド体験」をテーマにしたトークセッションに登場した、アヴェダのデジタルストラテジー&トランスフォーメンション部門のエグゼクティブディレクター レイチェル・オストロム(Rachael Ostrom)氏は、Perfectのバーチャルヘアカラーツールを導入したことでユーザーのサイトでの平均滞在時間が2倍になったと話す。同時に「私たちは、これはあくまで顧客サービスの1つで、製品を販売するツールとは考えていない。むしろ、サロンにユーザーを誘導するのがメインの目的だ」とする。カラーシミュレーターを使うことをきっかけに、髪を染めたいというモチベーションを高めるために活用されているのだ。トライオンページの下方には「Find a salon(美容室をみつける)」ボタンがあり、自宅や職場から指定の距離内にあるサロンが表示される仕組みとなっている。

一方、多くの人々が日々思い悩む2つの問い「どうしたらよりキレイな肌を手に入れられるのか」「自身の見ためを最も引き立たせるにはどうすればいいのか」、その答えを探す手段として、スキンアナリシスとシェードマッチツールを装備したと語るのが、クリニーク・グローバル・テクノロジー・リードのVP ジェニファー・ブラント・ガルガン(Jennifer Brant-Gargan)氏だ。AIが科学的な分析にもとづき個別に導き出した肌の診断結果や、肌トーンの解析をベースにした最適な製品レコメンドは信用性が高く、顧客からの信頼を勝ち取ることでオンラインでの販売を押し上げているとする。

図1

AR/AIの次のステップとして、ヒューマンタッチを生み出すツールへ

Perfect Corp.の日本法人、パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏は「現実では試すことが不可能な数のトライオンを瞬時に叶えるARは選択肢の幅を広げ、新しい発見をもたらす。そして、AIはこの広がった選択肢をパーソナルに絞り込む役目を果たしている」と、段階的に自社技術を発展させサービスの幅を広げてきた同社の考え方を説明する。

さらに「次のステップは、リアルの価値を引き立たせること。つまり、ヒューマンタッチをどう取り入れるのかが課題となった」とする。その模索が、1対N(不特定多数)のライブストリーミングや1 on 1のカウンセリングにおいて、実際の商品の代わりとしてARを活用することにつながった。磯崎氏は「私たちは自社のサービスを“エンゲージメントツール”だと考えている」と話し、ブランドとユーザーのコミュニケーションに介在するデジタル技術であることを強調する。

グーグルとの提携でYouTubeを視聴しながらバーチャルメイクでお試し

ショッピングという「フィジカルな行為を楽しく便利にするデジタル技術」という文脈において、The Global Beauty Tech Forumでは重要な発表があった。Perfect Corp.がグーグルと戦略的パートナーシップを結び、YouTube上でメイクのARトライオンが行える新サービスを開始したことが明かされたのだ。これにより、ビューティブランドはYouTubeのInStreamビデオ広告に自社のメイクアップ製品のARカタログの表示ができ、ユーザーに動画を視聴しながらバーチャルメイクを楽しんでもらうことが可能になる。もちろん、気に入った商品があればブランド公式サイトやECページからすぐに購入に進める。

使い方も簡単で、ARトライオンを装備した動画をスマートフォンの画面を縦にして見ると「トライオン」ボタンが現れ、それをタップしてバーチャルメイクをスタートする。YouTubeクリエイターの配信映像も同時に画面上方に表示されるので、実際に商品を手にしてのアドバイスやチュートリアルを参考に商品選びができるのが大きなポイントだ。

フォーラムで行われた4番目のセッションで、グーグルのARビューティパートナーシップ部門の長であるキナリ・ジャヴェリ(Kinnari Jhaveri)氏と、ブランドパートナーとしてARビデオ広告のパイロット版を先行制作したe.l.f. Cosmetics CDO エクタ・チョプラ(Ekta Chopra)氏が、米国Perfect Corp.のGM兼SVP ウェイン・リュー(Wayne Liu)氏とともに登壇。同サービスが実現する新しい購買体験とそのポテンシャルについて語った。

セッションの冒頭、リュー氏は、YouTubeでARメイクシミュレーションができるこのサービスは「YouTubeの人気美容コンテンツをPerfectのARとAI技術で再現するものであり、より密なエンゲージメントが得られる」と話した。また、ジャヴェリ氏は、2019年にYouTubeでARバーチャルを導入したキャンペーンのテストを行った際には、視聴者から大きな反響があったとして、ARビデオ広告の有効性に自信をみせる。

チョプラ氏も、「ウェブサイトでARを導入したキャンペーンを実施したところ、一般的なキャンペーンに比べて、バウンスレート(最初の1ページだけ見てサイトから離脱する率)が21%減少した。あわせて、徐々に新しいユニークユーザーが増えており、1人のユニークユーザー獲得にかかるコストが63%減になった。また、(ARの導入後)YouTubeの広告を見たあとすぐにサイトを訪れるユーザーが19%増えた」として、現在は試験的に少ない製品で広告展開しているが、今後は取り扱うアイテムを増やしていきたい意向を示した。

このようにYouTube AR広告のメリットとして、ブランド側には消費者とのつながりを強化し顧客エンゲージメントの深化が期待できる。一方、ユーザーにはオンラインショッピングにエンターテイメントの要素が加わることで、化粧品を購入する前に自分に合うかどうか試したいという欲求を満足させるとともに、クリエイターとの一体感が得られ、より楽しいショッピングを叶えるものだ。

また、ジャヴェリ氏は当初グーグルではこういったデジタルアセットを自社開発しようと試みたが、「1つのリップを作り出すのに6〜7週間もかかってしまった」と話し、効率性を考えて、すでに多くのブランドにARバーチャルメイクを提供しているPerfect Corp.との提携を選んだことを明かす。Perfect Corp.にとっても動画投稿プラットフォームでYouCamのテクノロジーを走らせるのは初めてのことで、1つのマイルストーンになった。

グーグル上での化粧品のバーチャルトライオンに関しては、ARツール開発のModiFaceを2018年に買収し傘下にもつロレアルもサービスの提供を発表している。同社CDO ルボミラ・ロシェ氏はプレスコンファレンスで、ModiFaceのAR技術をグーグルのプラットフォームで利用できるとして、「たとえば、アイライナーやリップスティックをグーグルで検索すると、検索結果のページから直接バーチャルトライオンのボタンが押せる」と話した。あわせて、インフルエンサーのYouTube動画からもトライオンにアクセスが可能であるとしている。(参考記事 :2018年3月20日『ロレアルによるModiFace買収の衝撃、AR分野を制するのは?』)

SnapchatでもARバーチャルメイクトライオンを提供

加えて12月10日には、Perfect Corp.とSnap Inc.が提携し、Snapchatプラットフォーム上でARビューティトライオンが利用可能になったことが発表された。PerfectのAR技術をすでに導入しているビューティ企業は、Snapchatの各ブランドプロファイル経由でSnapchatレンズにアクセスしたユーザーにバーチャルメイクを試してもらうことができる。

Snap Inc. プロダクト・マーケティング・フォー・ARの長である、キャロリーナ・アルギュレス・ナヴァス(Carlolina Arguelles Navas)氏は「Perfect Corp.との提携により、200以上のビューティブランドがSnapchat上にバーチャルショップを簡単にオープンできることになった」と語っている。

Snap Inc.によれば、ARレンズショッピング機能を含むキャンペーンは、通常のキャンペーンより何らかのアクションが起こされる率が2.4倍高く、毎日1億8,000万人のスナップチャッターがARをトライしている。

画像4

出典:businesswire

美容領域の接客や購入において、デジタルツールはなくてはならないインフラへ

今回のフォーラムでは、パネリストたちは口々に、バーチャルトライやAIによりパーソナライズされた情報を、消費者がオンラインであろうとオフラインであろうといかに享受しているかを語った。化粧品購入にとって、デジタルツールが生み出す体験はショッピングの過程で欠かせない要素になりつつあることを示唆するものだ。

ライブコマースやオンラインカウンセリングが一気に広がりつつある今、クリエイターやBAの訴求力を向上させると同時に、リモートの不利を補完する意味でもデジタルツールの重要性がますます高まっている。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image: Perfect Corp.

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
24
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp