見出し画像

ディオールが社会に示す女性エンパワメント。その長期的視点、多様なプログラム

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フランスにおいて国際女性デーの3月8日は、女性のリーダーシップを考える機会にもなっており、美容企業も女性の機会均等を推し進めるべくそれぞれが力強いメッセージを発信している。なかでもディオールは、#DIORSTANDSWITHWOMEN や#DIORCHINUP というスローガンを掲げ、さまざまな領域で活躍する女性が自ら道を切り開いた経験を共有した。またキャンペーンだけでなく、実質的にも女子学生のためのメンタリングプログラムや、リーダーシップ育成などに取り組んでいる。

世界に向けてフェミニティを讃えるディオールのイニシアチブ

ディオールは、#DIORSTANDSWITHWOMEN、#DIORCHINUP のプロジェクトを通じて、女性に勇気、自己肯定、プライド、経験を伝え、フェミニティを讃えている。2021年は国際女性デーに合わせて、同メゾンのフレグランス「ジャドール」のアンバサダーを務める女優のシャーリーズ・セロン氏をはじめ、女優のナタリー・ポートマン氏、元フィギュアスケート選手のキム・ヨナ氏といった現代を代表する女性たちが自らの経験を語り、女性を鼓舞するメッセージをWebサイトやインスタグラム上で発信した。登場する女性は皆、情熱を持って社会と深く関わり、世界に影響を与える活動家でもあり、ほかの女性たちにインスピレーションを与えるロールモデルとして、誇り高くそれぞれの人生を語っている。

パルファン・クリスチャン・ディオールでは、セロン氏が2007年に医療教育機関ネットワークの支援を目的に立ち上げたCTAOP(シャーリーズ・セロン・アフリカ・アウトリーチ・プロジェクト)を支援している。この団体はサハラ砂漠以南のアフリカの若者が健康を保ち、その能力を発揮できるよう活動するもので、 2018年には明日を担うリーダーの支援と援助を目指し、UCLAセンター・フォー・ワールド・ヘルス・アンド・スタディトラストと提携して、CTAOPユース・リーダー・スカラーシップ・プログラム(若手リーダー育英事業)を創設した。個人給付型の奨学金制度で、4年間の授業料、食事や住居、書籍代や交通費、ノートパソコン、個別の育成指導とリーダーシップの援助が得られるというものだ。制度を利用する若者の多くは、自らの暮らす地域に根ざした熱意ある取り組みが評価された女性たちで、これまでに15名の若者が大学教育を終え、社会に旅立ったという。

また、2019年からは#DIORSTANDSWITHWOMEN のプロジェクトとして、CTAOPをより一層支援しており、シャーリーズ・セロン氏はこのプログラムで素晴らしい成績を収めた南アフリカの若き女性2人にインタビューしている。女性や子どもを暴力から守る裁判官になるべく法律を専攻し、さらには政治家を目指しているチェヴァリオ・スワンポール(Chevario Swanepoel)氏と、生物学者になり、地域社会に貢献する医療現場で働きたいと精力的に勉学に励んでいるモクワンダ・マントシンスキ(Nokwanda Mantshintshi)氏だ。セロン氏は、幼少期からの夢を生き生きと語り、地域の若い女性をインスパイアし続ける2人に惜しみない称賛をおくった。

ディオール初の女性デザイナーが表明したフェミニズムへのコミットメント

ディオールは、#DIORSTANDSWITHWOMEN や#DIORCHINUP プロジェクト以前から、女性のエンパワメントを訴えてきたが、転機となったのは、マリア・グラツィア・キウリ氏がディオール史上初の女性のアーティスティック・ディレクターに就任したことだろう。

ディオールは、1947年にクリスチャン・ディオール氏がオートクチュールメゾンとして立ち上げたブランドだ。第二次世界大戦終結から2年というタイミングで、なだらかな肩のラインに細く絞ったウエスト、長いフレアースカートといったエレガントなコレクションを発表。そのスタイルは「ニュールック」と称賛され、世界的な成功を遂げた。同氏の亡き後は、イヴ・サン・ローラン氏、ジョン・ガリアーノ氏など多才な男性デザイナーが同メゾンの精神を受け継ぎ、時代に合わせたコレクションを発表してきた。

その後2016年に、キウリ氏が6代目の後継者として抜擢されて以来、女性の視点で捉え直した現代のフェミニティ(女性らしさ)とフェミニストのメッセージがコレクションを通じて次々と発信されている。最も象徴的なのは、同氏が初めて発表した2017年春夏のプレタポルテだ。シンプルな白いTシャツに “We Should All Be Feminists(私たちはみんなフェミニストであるべきだ)”というフェミニストを讃えるメッセージを掲げてモデルがランウェイを歩き、世界に衝撃を与えた。

そのほか、広告などで女性フォトグラファーのブリジット・ラコンブ(Brigitte Lacombe)氏や、映画監督のマッテオ・ガローネ(Matteo Garrone)氏を起用し、バッグのデザインでフェミニストの女性アーティストとコラボレーションするなど、フェミニズムの視点からのクリエイションを次々と発表しながら、ジェンダー平等や女性の社会的な地位向上、あるいは機会の平等を訴え続けている。

さらに、ポッドキャストでは、ディオールと協働したアーティストなどを招き、そのエクスクルーシブな会話を公開。2021年の国際女性デーには、キウリ氏がコラボレートした33名の女性写真家の作品が収められた写真集『Her Dior: Maria Grazia Chiuri’s New Voice(彼女のディオール: マリア・グラツィア・キウリの新たな表明)』が発売され、才能豊かな女性写真家たちをスポットを当てた。

写真集『Her Dior: Maria Grazia Chiuri’s New Voice
(彼女のディオール: マリア・グラツィア・
キウリの新たな表明)』

未来の女性リーダーを育てるメンタリングプログラム

また、ディオールは2017年から女子学生を対象にしたメンタープログラム「Women@Dior」をスタートしている。ディオールが提携している理系、文系、ファッション系のビジネススクールに通う優秀な学生を対象としたプログラムで、ディオールの社員が1年間にわたりメンタリングを受け持つ。4つのコアバリューである、自立、インクルージョン、創造性、サステナビリティにもとづくプログラムで、採用活動につながるチャンスもあるという。

画像3

出典:LVMH公式サイト
© Christian Dior

さらに、パンデミックが世界中に広がった2020年にはオンライン学習プラットフォームを開設して「ウィメン・リーダーシップ&サステナビリティ・エデュケイション・プログラム(Women Leadership & Sustainability Education Program)」を開始。世界の学生500名が1年間、ロンドン、ミラノ、パリなどの一流教育機関の教授によるジェンダー平等や女性のリーダーシップなどをテーマとした講義を受講した。また、ユネスコとのパートナーシップにより、ガーナ、タンザニア、南アフリカ、マレーシアなどの100名の学生にもアクセス可能にし、教育の機会を広げている。

理論的なプログラムの後には、参加者は地域レベルで若い女性をエンパワメントし、支援するための「Dream for Change(変革の夢)」プロジェクトを立ち上げ、プログラムで学んだ理論を実践に移す。もっともインパクトのあるプロジェクトは、ディオールとLVMHグループから支援が受けられるという。

若い世代は企業がどう行動を起こしているのかを見極めている

企業の長期的な成長には、次世代の有能な人材が不可欠である。デジタルネイティブであるミレニアル世代やZ世代は、SNSを最大限に活用して、新しい情報を自主的に集め、真偽や価値を見極め、自分の意見を表明することが習慣化している。また、考え方や生き方にも多様性があり、それぞれの個性が尊重されることを望んでいる。これらの世代にとっては、企業が発信するメッセージが商品選びの基準となるだけでなく、キャリアの選択にも大きな影響を及ぼす。

LVMHグループでは、女性のエンパワメントはグループの成長と長期的な成功に欠かせない要素であるとして、多様性と男女の機会均等に長年にわたって取り組んでいる。同グループの透明性の高さと情報発信力は、次世代を惹きつけるだけでなく、ほかの企業や組織をインスパイアするはずだ。こうしたコミットメントの強い企業が牽引役あるいは模範となり、社会全体に変化をもたらすことが期待される。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: Christian Dior(YouTube)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
13
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp