新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ZOZOCOSME」3月開始へ、カラー診断ツールZOZOGLASSが大きく変える購買体験

アパレルECサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOが、コスメ専門モールとして「ZOZOCOSME」を2021年3月18日にオープンする。目指すはリアル店舗に匹敵する、いやそれ以上のユーザー体験だ。化粧品との出会い、マッチングのためのツールとして、まずは眼鏡型のフェイスカラー計測ツール「ZOZOGLASS」を開発した。その意図するところを、株式会社ZOZO 取締役兼COO 伊藤正裕氏に聞いた。

ZOZOGLASSが精緻に導き出すその人その人のスキンカラー

ZOZOはこれまで、ファッションECの課題であるサイズの不安を解消してより快適な購買体験を提供するために、試着ができない洋服のサイズ問題を解消する「ZOZOSUIT」や足の3Dサイズを計測する「ZOZOMAT」などの計測テクノロジーを用いたサービスを展開してきた。

「化粧品における課題とは何かを考えたときに、手に取って見ることのできないECでは、それが色、カラーだと思った」と伊藤氏はいう。そこからZOZOGLASS開発にふみきった。

その人がもっている肌色を精緻に検出できれば、似合うファンデーションやカラーが探しやすくなると考えた伊藤氏は、スマホのカメラを通じていかにそれを正しく「補正」できるかを考えた。太陽光、蛍光灯、白熱灯などさまざまな色の光で、肌の色は微妙に異なって写るからだ。その基準値となるのが、さまざまな色が施されているこのZOZOGLASSである。

「ZOZOGLASSは、カラーチャートとして機能させるために、通常の眼鏡とはまったく異なる方法で製造されている。フラットで溝のないフレームの形状からオリジナルで制作しており、光の反射や吸収をできるだけ少なくするためにフレームの素材とインクの組み合わせにもこだわり、高精度な技術を用いてカラーチップの色に個体差が出ないように成形している。室内でも、屋外でも、どんな環境下でも、このZOZOGLASSの基準色との比較で正確なカラーチャートが取得できれば、そこから逆算して正確な肌色を導き出すことができる。シンプルな眼鏡に見えるが、このプロダクト自体がイノベーションだ」(伊藤氏)

計測方法は、次のとおりだ。まず、色とりどりのカラーチップが施されたZOZOGLASSをかけた状態で、アプリ(ZOZOTOWNの予定)の音声ガイドに従いながら顔を8方向から撮影し、今いる空間の光環境を把握する。カラーチップの中には、位置情報を取得するための8つのマーカーがあり、そこから顔の凹凸などの3次元情報も取得できるという。その後、ZOZOGLASSを外した状態で再び同様の撮影を行い、光補正を行うことで実際の肌の色が計測される。

プレスリリース使用画像_press_03

肌の色は、頬、額、あご、鼻、唇などの9箇所が計測され、それらを考慮した総合的な色が「あなたの肌の色」として表示される。色みについては、ヘモグロビン量(赤み)とメラニン量(暗さ)との関係値から導きだされる。デモ段階では計測結果画面ではスキンカラーがわかるようになっているが、日本顔タイプ診断協会監修のものと、サービス開始時にはイエベ、ブルベなどのパーソナルカラー診断結果についても計測が可能になるという。

ZOZOGLASSで自分にあった化粧品との出会いの機会を増やす

ファンデーションの色は、ブランドから提供されるカラーチップなどを基準にするのではなく、一定の条件下で独自に計測した値を個別の商品の品番と紐づけてデータとして蓄積している。そのデータと肌計測データを照らし合わせて最も近い色が提案されるという仕組みだ。「ZOZOGLASSが提示するのは基準色で、そこから肌色を明るく見せたいか、暗くしたいのか、どういったファンデーションを選ぶかはユーザーに委ねている。あくまで、ユーザーが商品を選びやすくしたり、出会いの機会をつくるためのサポートツールとしての位置づけだ」と伊藤氏は語る。

プレスリリース使用画像_press_02

3月のローンチ時には、数百ブランドのファンデーションとのマッチングを実装する予定で、順次、ZOZOCOSMEで取り扱うすべてのファンデーションに対応させていく。また、ローンチから数ヶ月以内には、ファンデーションだけでなく、チーク、リップなど色選びが難しいメイクアイテムにも展開を広げ、ARバーチャルメイク機能も搭載する予定だ。ARバーチャルメイクも、ZOZOGLASSの基準色と補正の仕組みで、色の再現性に徹底的にこだわったものが登場すると伊藤氏はいう。これらすべてが自社開発技術だ。

ZOZOGLASSのアイディアを思いついたのは、カラーコスメの色選びの難しさを伊藤氏自身が経験していたことも大きかった。「海外出張に行くと、よく妻から化粧品を買ってきてほしいと頼まれていた。ただ、赤がほしいといわれても、実際にはいろいろな赤があり、いつも選ぶのに苦労していた。そこから、自社のもつ計測テクノロジーを活用して、一人ひとりにあった色をレコメンドできるツールが作れないかと考えた」(伊藤氏)

プレスリリース使用画像_Main

UXにおける学びとしてZOZOSUITの教訓から得たもの

「コロナ禍で、非接触リテールの重要性が高まるなか、ユーザーの購買体験をどこまで豊かにできるのかは、どのブランド、そしてリテーラーにとっても課題だ。ECで横並びに商品を扱ったときに、価格ではない付加価値を提供できないかと考えたときの、ひとつの答えがZOZOGLASSであると確信している」と自信をのぞかせる。その「体験価値」には、ZOZOSUITでの教訓もいかされている。

「ZOZOSUITでわかったことは、計測する側であるユーザーメリットが非常に重要だということだ。それを感じてもらえないと、わざわざ全身タイツを着てサイズ計測をしてもらうこと自体のハードルが高かった。しかし、ZOZOGLASSの場合、眼鏡型というのもあり日常的に使うモノで、その使い方は説明しなくてもわかってもらえる。肌計測もアプリで簡単にできるので、例えば、夏、日焼けしたあとや、新しいアイシャドウを購入したいと思ったときなど、季節や商品購入を検討するタイミングごとに肌色を計測するメリットは十分にあると考えている」(伊藤氏)

現在、ZOZOTOWNのユーザーは900万人。そのうち18〜24歳のZ世代がボリュームゾーンを占めており、コスメエントリー層で、愛用する特定のブランドを持たない人が多い。そうしたユーザーに、自宅にいながら自分にぴったり合った化粧品との出会いの機会を提供すると同時に、グループ企業であるYahoo! JAPANやLINEからも誘導を強化することで、これまでZOZOTOWNをあまり利用したことのない30代以降など、幅広い新規ユーザー獲得も狙っていく。

画像5

株式会社ZOZO 取締役兼COO
伊藤正裕氏
撮影:編集部

UIUXにこだわりECでの化粧品購入を促進、海外展開も視野に

ZOZOGLASSがあらゆるユーザーに浸透すれば、化粧品に関連するパーソナルデータが蓄積されたプラットフォームが形成されるが、伊藤氏はZOZOCOSMEが理想とする姿をこう語る。

「あくまで、ZOZOCOSME上では、ユーザーにあったアイテムを、高精度で提案をするためのサービスで、現時点では自社ブランドのパーソナライズコスメの開発などは考えていない。リアル店舗かECかの垣根を感じずに買い物を楽しんでもらい、『ZOZOに来たら、化粧品でも欲しいもの、自分にぴったりのものがみつかる』と思ってもらえる状況になるのが理想だ。そのためのUI/UXにはとことんこだわっている」

2021年1月29日には、無料でZOZOGLASSの予約受付も開始した。グループにおける巨大な潜在ユーザーと、ZOZOならではのテクノロジー活用で、ZOZOCOSMEはどのようなインパクトをもたらすのか。日本の化粧品EC購入率は世界でも少ない6%前後だが、その数字を押し上げる原動力となるだろうか。

さらにZOZOGLASSが浸透すればその利用は国内だけにとどまらない。ZOZOGLASSに印刷されているカラーチップはカスタマイズが可能で、さまざまな人種の肌色の計測も可能だ。

「ブランドの世界観や国の文化に合わせて、柔軟にカラーチップやデザインを変更できるのが強みで、海外展開も視野に入れている」

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
画像提供:株式会社ZOZO

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
33
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp