miraとAILL、 注目のAIサービスは「レコメンド」と「コミュニケーション」の大きな変革
見出し画像

miraとAILL、 注目のAIサービスは「レコメンド」と「コミュニケーション」の大きな変革

◆ English version: Japanese AI services mira and AILL help users to reveal their hidden charm
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界では、商品の製造、広報、販売など各プロセスにおいてAIの利活用がめざましい。そのなかで、顔の特徴解析をもとに美容やファッション業界におけるレコメンド&パーソナライゼーションを行う「mira」、コミュニケーションの「気持ち」の部分をアシストする「AILL」が、日本のAIスタートアップによって開発されている。大きな可能性を秘めるそれぞれのサービスについて開発会社2社のCEOに話を聞いた。

AI顔タイプ診断アプリmira を運営するKINDLER株式会社の門脇明日香代表取締役CEOは、大学および大学院在学中から、画像認識やロボティクスの知能などを研究してきた経歴を持つ。mira開発に際しては、エンジニア、デザイナーとしても参画している。

画像1

AI顔タイプ診断アプリ「mira」
出典:mira公式サイト

まずは自分を知る手助け、そのうえでレコメンド

miraは顔のパーツのバランスや大きさ、形などの特徴を抽出しAIで解析。各ユーザーの顔のタイプや「似ている有名人」を診断する。またその診断結果にもとづいて、コスメやファッションアイテム、関連記事など、各ユーザーに最適化された多彩なコンテンツをレコメンドするというサービス全体像となっている。

miraはもともと自分が欲しいと思っていたサービスだったという門脇氏が、友人に意見を聞いてみると「仕事や生活が忙しく、なかなかコスメや服を選ぶ時間がない」という声がやはり多くあった。そこで、顔のタイプを即座に診断してくれるサービスを構想し、2019年1月にLINEで顔写真を送ってくれたら診断カードを返信するというプレサービスを展開したところ、すぐに300人ほどの応募があったという。

当時、スタッフも少なく人力で対応していたが、応募が増えたため急いで診断を自動化するAIシステムを実装した。

「その結果、1カ月半で10万回使用され、ユーザーのみなさんが共通の課題を抱えているのを実感した。アンケートを実施したところ、10~20代に同じような悩みが多かった」と門脇氏は振り返る。

画像2

KINDLERの
門脇明日香CEO

この続きをみるには

この続き: 4,069文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf