日本でもCBDブームが盛り上がりへ。オイルやキャンディなど多彩なアイテム登場
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本でもCBDブームが盛り上がりへ。オイルやキャンディなど多彩なアイテム登場

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

海外のCBDブームの波が日本にも押し寄せ、2020年夏頃からCBDを配合した製品が次々と市場に投入されている。日本における過去1年間の「CBD」検索ボリュームは、2020年後半から徐々に増加。CBD製品を目にする機会が増えたことで、人々の関心が高まっている。日本、そしてブームの本拠地ともいえる米国のCBD市場で今どのような動きがあるのか、現状を俯瞰する。

オイルからサプリ、吸引タイプまで幅広いCBD製品が誕生

麻由来成分CBD(カンナビジオール)の特徴として最もよく知られているのが、ストレスや不安感を軽減する働きだ。そこで、CBDを配合することで、質の良い睡眠をサポートする製品が生まれている。

睡眠の質向上や、ビジネスパーソンのストレス緩和のためのCBD

就寝前に飲むことで睡眠の質の向上をうたうのが、「SLEEP BY SHEEP」の睡眠に特化したCBDオイルだ。ココナッツ由来のMCTオイルをベースに、CBDを1,000mg配合し、そのまま舌下に垂らしたり、ドリンクに混ぜたりして飲むことができる。ストレスや不安などで寝つきの悪いときに使用することが推奨され、睡眠が改善すれば疲労回復や肌質改善にも繋がるとする。月1 回定期的に商品が届くサブスクリプションサービスとして2020年7月にリリースされ、コロナ禍で多くの人々が不安を感じている時期に重なったこともあり、初回限定で用意された200本は2週間で完売した。

画像2

出典:株式会社MOVE

2021年1月に販売を開始した「Chill Island」は、香りでCBDによるリラックス効果を得られるCBDベイプペン製品で、電子タバコのようにスティック状のデバイスを口にくわえて使用する。「吸って美味しく、吐いて香る」をキャッチフレーズに3種のフレーバーを用意。肺や粘膜はCBDの吸収率が高いことから、口から吸い込んで効率的に含有量150mgのCBDの効果が得られるとする。電子タバコとは異なり、ニコチンやタールは使われていないので依存性はなく、電源やリキッドを使う必要もなく、特別な手入れも不要だ。初めての人でもCBDライフを気軽な嗜好品からスタートできるようにとの思いから開発された。

画像1

出典:cbd island株式会社

また沖縄科学技術大学院大学を拠点に活動するスタートアップ、株式会社SAVORYによる、無農薬・高濃度CBDのプレミアムベイプブランド「TEODA」は、2020年6月1日にクラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを公開、2日間で目標の200%を達成した。ビジネスパーソンのくつろぎ時間というコンセプトで販売されている。


美容サロンやフィットネスでのオイル、化粧品としてのCBD活用

美容サロンでもCBD製品が使われはじめている。「たかの友梨ビューティクリニック」でもCBDオイルを導入した。

この続きをみるには

この続き: 3,080文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf