アーユルヴェーダが世界を席巻なるか。クリーンビューティ時代の新トレンド
見出し画像

アーユルヴェーダが世界を席巻なるか。クリーンビューティ時代の新トレンド

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

欧米を中心にグローバルに拡大するクリーンビューティのトレンドを受け、北米市場で急速に注目を集めつつあるのがインドを発祥とするアーユルヴェーダを取り入れた化粧品やケア製品だ。世界を席巻したKビューティのようなトレンドになっていくのか。その現状を探る。

アーユルヴェーダは5,000年以上の歴史を持つインドの伝統医学体系で、身体エネルギー「ドーシャ」のバランスを整え健やかな状態を保つことで、長寿や若さを実現する実践的な生活健康法として受け継がれてきた。

昨今の美容業界における、体に有害な人工化合物を極力避け、自然由来の成分を用い、環境へダメージを与えない“クリーンビューティ”を求める消費者志向は、ビューティとウェルネスの境界をどんどん曖昧にしている。Kビューティに続く次のヒットを模索するなかで、どんな種類の合成化合物も一切使用せず、体内に入るものは100%天然素材を原則とするアーユルヴェーダが脚光を浴びてくるのは当然の流れといえる。

「北米やヨーロッパの先進国でストレスの高い忙しい毎日を送っている消費者にとって、食生活を正し、ヨガや瞑想を行うことで心と体のインナーバランスを調整するというアーユルヴェーダのホリスティックなアプローチが魅力的に映るのは間違いない」とユーロモニターのリサーチアナリストは語り、「アーユルヴェーダビューティの処方を取り入れるブランドも増えている」とする。

そうしたブランドの1つが、アロマセラピー製品のGuruNanda で、同社のエッセンシャルオイルはウォルマートでも販売している。また、世界最大のクリーンビューティECサイトを標榜するCredo や、高級百貨店Saks Fifth Avenue、そのほかアマゾンでもアーユルヴェーダビューティブランドの取り扱いは増えているという。

ラグジュアリーリテールで展開

Uma Oils は、インドで生まれ育ち、両親がマスタードオイルでマッサージするセルフケアを日課にしているのを見ていたという女性が、2016年に米国で創業したアーユルヴェーダブランドである。

この続きをみるには

この続き: 3,858文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf