スマートスピーカーの美容コンテンツのいま。スキマ時間にいかに注目してもらうかが勝負
見出し画像

スマートスピーカーの美容コンテンツのいま。スキマ時間にいかに注目してもらうかが勝負

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

スマートスピーカーと呼ばれる、AI(人工知能)を搭載したスピーカー。米国で先頭を走り続けてきたAmazonのEchoシリーズが2017年11月に日本にも上陸し、日本で先行していたLINEの音声アシスタントClova搭載の「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」に加えて一層盛り上がりを見せている。美容業界はスマートスピーカーをどう活用すべきか。すでにコンテンツを提供し始めている米国と日本企業の事例から、スマートスピーカー×美容業界のこれからを考えてみる。

画像1

声で美容に関するアドバイスを提供

米大手出版社「HEARST」(本社米国ニューヨーク)は2017年11月1日、Amazon Echoを通じて美容アドバイスを提供するサービス「MY BEAUTY CHAT」を開始した。最新の美容トレンドや革新的な商品の紹介、美容に関する座談会や、女性消費者に向けたアドバイスを1日2回、音声で発信する。これらのアドバイスを送るのは、ハースト傘下の「HARPAR'S BAZAAR」「COSMOPOLITAN」「ELLE」「MARIE CLAIRE」などの編集者たちだ。WWDの記事によると、スポンサーにはロレアル(本社フランス)がついているという。

画像2

同サービスについて、前述のWWDは、「ストレスだらけの一日のうち、一人でいられるほんの10分のスキマ時間を狙っている。」とHEARSTのチーフ・ビューティー・ディレクターのLeah Wyar (リア・ワイアー)氏の声を紹介している。

ある日のMY BEAUTY CHATはこんな感じだ。ヘアケアについて3人の女性が自身の習慣や体験を元に笑いを交えながら話していて、まるで友人同士の会話を聞いているような感覚になる。メイクしながら、あるいは料理をしながら、仕事から帰って着替えている間など、ちょっとした時間に美容情報を聞ける。

米HEARST社はMY BEAUTY CHATを皮切りに、「今後1年でMY STYLE CHATや、MY HOME CHATなど、Amazonの音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」を使用した関連サービスを提供していくつもりだという。米HEARST社に、現在準備中というそれら2つの新サービスの概要や、MY BEAUTY CHATの展望及び数値的な目標などを問い合わせてみたが、残念ながら回答は得られなかった。現在のところ日本でのサービス展開は予定していないという。

資生堂は、毎朝、天気予報+美肌ケアをセットで提供

日本の美容業界では、資生堂(本社東京)がいち早くAmazon Echoの活用に乗り出した。米HEARST社同様、企業や個人が独自にコンテンツを開発できる「Amazon Alexa Skill」を通じ、気象情報に応じた美容面の注意点や、気になる肌悩みをカバーする方法を音声で提供する。

この続きをみるには

この続き: 2,673文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf