CEW France、美容業界エグゼクティブがスタートアップに学ぶエコシステムと透明性
CEW_Franceのロゴ

CEW France、美容業界エグゼクティブがスタートアップに学ぶエコシステムと透明性

◆ English version: CEW France spotlights the potential of startups amidst big beauty brands
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界の大企業とスタートアップのエコシステム(協力関係)はグローバルでどう違うのか。そしてそれをどう考えていくのか。こんなトークセッションを開催したのが、美容業界の女性管理職のための国際組織、コスメティック・エグゼクティブ・ウーマン「CEW」のフランス支部CEW Franceだ。

フランスは高級化粧品、自然派化粧品ブランドを数多く抱え、美容大国というイメージが強いが、欧米、アジアにおけるD2CやEコマースなどのスタートアップ台頭にともない、今後、フランスの化粧品企業が世界でどのようにプレゼンスを高めていくのかというのも大きな課題だ。CEW Franceでは、国内外の注目企業やトレンドに関する講演会や交流イベントを積極的に行い、会員の視野を広げるとする。

その一環として11月19日に開催されたトークセッションでは、サンフランシスコ発の美容やファッション関連起業家と投資家をつなぐコミュニティFaB(Fashion and BeautyTech Community)代表オディール・ルジョル(Odile Roujol)氏と2人の女性起業家が招かれた。CEW Franceの代表フランソワーズ・モントネイ(Françoise Montenay)氏は、元シャネル社長で、現在は同社の監査委員長を務める。その背景もあり、化粧品関連業界の関係者100名ほどが集まったこのセッションはシャネル本社のオーディトリアムで行われた。

①登壇者4名

左からキャロル・ジュッジュ氏、
オディール・ルジョル氏、
イザベル・ラビエ氏、
ロランス・ムーラン氏

CEWとは、1954年に米国で発足した美容業界で働くエグゼクティブの女性のためのアソシエーションで、1986年にフランス支部、1992年には英国支部が誕生した。現在世界30カ国、1万名の会員組織に拡大し、美容業界におけるキャリアと知識を伸ばすための交流イベント、講演、調査レポートなどを通して、互いがネットワークを築く機会を創出している。発足当初は女性のみの組織だったが、2010年以降、男性も会員になることができるようになった。

今回の登壇者は3名だ。FaBを率いるオディール・ルジョル氏は、シャネル、イヴ・サンローラン、ロレアルグループのランコムCEOと美容業界に20年以上のキャリアをもつ。その後、フランス大手通信会社オランジュで顧客・データ戦略ディレクターとして約7年の経験を重ね、2017年にシリコンバレーでFaBを発足した。現在、世界15都市に、3,000人以上の起業家のネットワークをもつ。2018年には美容&ファッションのD2Cビジネスに投資・支援するFab Co-Creation Studio を立ち上げ、さらなるエコシステムの充実化を目指す。

イザベル・ラビエ(Isabelle Rabier)氏は、FaB Parisのオーガーナイザーの1人でもあり、AIを使った独自のマッチングシステムと美のスタイリストが一人ひとりに合った化粧品を見つけだすパーソナル・ショッピングサービス「Jolimoi」の共同創業者だ。

この続きをみるには

この続き: 4,982文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf