MR、ライブ、パーソナライズ化。ショッピング体験の新しい波はカリフォルニアから
見出し画像

MR、ライブ、パーソナライズ化。ショッピング体験の新しい波はカリフォルニアから

◆English version: Shifts and movements in Beauty as dictated by Gen Z
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

サンフランシスコで開催されたBeautyTechSFのミートアップでは、加速度的に進化するテクノロジーをいちはやくビジネスに活かすファウンダーたちの登壇に、会場の熱が高まった。

2018年9月25日、今や世界各都市に支部を持つBeautyTechSFコミュニティ誕生の地で開催された4回目のミートアップ。世界標準の電子署名ソリューションを提供するドキュサインの本社オフィスの、湾を見晴らす眺めも美しい会場には90人あまりの起業家や投資家が集い、各社の事例の紹介や活発な意見交換が行われた。

多彩なディスカッションに通底する今回のメインテーマは、ひとことでいえば「ミレニアルやZ世代の消費者が求める新しいショッピング体験をいかに実現するか」である。D2Cモデルや、ライブストリーミングなどリアルタイムなコミュニケーション、人々が知りたいデータを的確に明示するとともにパーソナライズへとつなげる工夫など、スタートアップはもちろん、グローバルブランドの企業にとっても有用な、美容業界へのヒントが満載だった。

消費者との対話

ソーシャルメディアの台頭が、これまでトップダウンで行われてきた商品開発を大きく変えたと指摘するのは、ロンドン発オンライン・ビューティECサイトFeelunique のCEO ジョエル・パリックス(Joel Palix)氏だ。InstagramやFacebookなどクラウド上には、プロダクトやブランドに対する消費者の率直な感想や要望、批判も含めた貴重な意見が溢れている。

そこは、トレンドをいちはやくキャッチするための宝の山であり、インディブランドがグローバルで注目を集めることを可能にする場でもある。それゆえに、ブランドがSNSを通して直接顧客と対話することが、これまでになく重要になっているとパリックス氏は語る。

画像:左から、Devon Bergman、Calgary Avansino、Joel Palix

顧客との双方向性を重視するのは、ビューティ専門ライブストリーミングアプリGlamcam の創業者カルガリー・アヴァンシーノ(Calgary Avansino )氏も同様だ。『英国版ヴォーグ』で15年働いた経験をもとに、誌面に掲載され読者の目に触れるまで3ヶ月を要する雑誌の世界と、ライブストリーミングを比較した。

この続きをみるには

この続き: 2,768文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf