AIによる究極の人と人のつながり。サンフランシスコ BeautyTech Meetup の現場から
見出し画像

AIによる究極の人と人のつながり。サンフランシスコ BeautyTech Meetup の現場から

BeautyTech.jp

◆ English version: When AI Meets Beauty
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年6月25日、サンフランシスコで4回目となるBeautyTech Meetup in SFが開催された。今回のプログラムでは、テックをテコに、既存の価値を揺るがす新しいアプローチでビューティ&ファッション業界に新風を吹き込む6人の起業家が、AI、AR、データ分析など技術を駆使して、消費者の心に響く体験を創り出すことをメインテーマに、それぞれの試みや考え方を披露した。

@BeautyTechSFコミュニティは、仏ロレアル出身の投資家オディール・ルジョル氏によって2017年4月に創設されてわずか1年あまりだが、すでにニューヨークやパリ東京、ソウルなどヨーロッパやアジアの各都市でも定期的に開催されており、450人を超える起業家が参加している。

その趣旨はある意味とてもシンプルだ。自分自身の発案からビジネスを興したスタートアップの起業家たちが一堂に集い、意見やアイデアを交換しあう交流を通して、インスピレーションを受けつつ、課題を解決するヒントや次のステップに向けたプランなどを得る場所を提供しようというものだ。

テーマは「データドリブンなスタートアップ」

Orange Silicon Valleyを会場に開かれた今回のMeetupには、定員満杯の80名が参加。ウェイティングリストは100名にまでのぼったという。

今回のメインテーマは「データドリブンなスタートアップ」。プレシードからシリーズAまでの起業家6名が登壇し、ビッグデータやデジタルマーケティング技術を活かした起業の実体験と、サービスを展開していくうえで乗り越えなければならない課題、そしてときには失敗談が率直に語られた。そこからみえてきたのは、1つの共通する意識、すなわち、ユーザーの隠れたニーズをすくいあげ、各個人にパーソナル化してダイレクトにつながろうとする姿勢だった。

画像1

真剣に聞き入る聴衆

AIとリアルコミュニケーションを融合

「ニキビのないキレイな肌は人生を変える。だが、一般の人にとって専門の皮膚科医に会うことは必ずしも簡単ではない」。最初のトークセッションで、一人ひとりの肌に合わせてカスタムメイドしたニキビ処方スキンケアを提供するCurologyの創業者デイヴィッド・ローストチャー博士は、起業の理由をこう語った。

この続きをみるには

この続き: 2,622文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf