見出し画像

アドバンジェンなど医薬部外品の育毛剤がけん引する薄毛・育毛アイテムの可能性

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

20〜30代の若年層でも薄毛に悩む人が増えている。医療機関で治療を受けるほかに、医薬部外品を使ったセルフケアを始める人が多くそれに伴い育毛剤市場は年々拡大している。今回は、育毛ケアのさまざまなアプローチと、市場における医薬部外品の可能性について考察する。

拡大する薄毛市場、若年層向けオンライン診療サービスも登場

AGA(男性型脱毛症)や、FAGA(女性男性型脱毛症)、FPHL(女性型脱毛症)のような深刻な薄毛の悩みだけでなく、「最近、分け目が目立つようになってきた」「以前のようにセットが決まらない」といった薄毛に悩みをもつ層は年々増加傾向にある。富士経済の調査によると、2020年のスカルプケア・発毛剤市場は、前年比6.2%増の843億円にまで拡大している。

リクルートの美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」が実施した「薄毛に関する意識調査2021」でも、「薄毛である」と回答した人の割合は男性が3割弱、女性が1割弱で、薄毛の認識がない男女でも約3割が「不安がある」とし、2割弱はすでに「対策をしている」と回答。また、薄毛対策にかけている金額は、直近3年で増える傾向にあり、とくに20代男性や20代・30代女性は、ほかの年代に比べて対策費用が高いことがわかった。

出典:薄毛に関する意識調査2021

薄毛の原因は、加齢、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、日々の生活習慣の乱れやストレス、AGAやFAGAなどさまざまだが、いずれも毛髪サイクルの「成長期が短くなる」ことが薄毛の原因の1つと考えられている。サイクルが正常な人でも、成長期は20代をピークとして短くなっていくことがわかっており、20代のうちからヘアケアで対策しておくことが大切だとされる。

毛周期には、毛が伸びる成長期、抜ける準備をする退行期、抜け落ちるまでの休止期の3つのフェーズがあり、毛髪の成長期は5~7年、その後、数週間の退行期を経て、休止期(3カ月)となる。
出典:株式会社アドバンジェン公式サイト

増える選択肢、医療から医薬部外品の育毛剤まで

薄毛の治療法には、内服薬、外用薬、注入療法、自毛植毛、光・LED治療といった医療的アプローチと、医薬部外品、化粧品によるアプローチがある。薄毛治療薬の代表的なものには、内服薬の「プロペシア」、外用薬の「ミノキシジル」があるが、これらを使用したときには、性欲減退、勃起不全、肝機能障害、うつ症状、動悸・息切れといった副作用のリスクがあることが知られている。また、医療として受診することへの、精神的あるいは金銭的な負担も消費者にとっては高いハードルといえる。

同時に、こうしたハードルを下げる動きが医療系サービスにおいておきている。上記のような薄毛治療薬を毎月定期的に届けるサブスクサービスとして、EDとAGAの診療に特化したオンライン診療サービス「Oops(ウープス)」や、男性薄毛、女性薄毛、EDを取り扱う「Actually,(アクチュアリー)」なども登場し、スタイリッシュなデザインのWebサイトや商品パッケージで、コンプレックス商材にありがちなネガティブなイメージを払拭するサービスも出てきている。

その一方で、副作用のリスクが医療系より低く、すぐに対策を始めやすいのが医療部外品による育毛ケアだ。とくに、コロナの影響でオンライン会議が増加し、モニター越しに自身の頭髪を意識する機会が増えたことなどから需要が高まっており、通販メーカーの新規参入が活発化しているという。

FGF-5などの因子に着目したアドバンジェンのアプローチ

2002年に茨城県つくば市産業技術総合研究所内で創業したバイオテクノロジーベンチャー株式会社アドバンジェンも、医薬部外品の育毛剤でパンデミック中に認知度を高め売上を伸ばしている企業のひとつだ。2014年からテレビショッピングを主要な販売チャネルとして、育毛ケア製品の好調な売上実績をあげ、そのほかのPR施策をあまり行っていないにも関わらず高いリピート率をあげている。

多くの医薬部外品育毛ケア製品が、配合成分の作用機序(薬物が作用を発現するメカニズム)に注目して、その主要成分を軸に製品開発を行っているのに対し、アドバンジェンは、毛髪サイクルに関係している線維芽細胞増殖因子(Fibroblast growth factors、以下FGF)のFGF-5とFGF-7に着目し、その因子に作用する成分探しから製品開発を行ってきたところに独自性をもつ。

FGF-5は、毛周期の成長期から退行期へのスイッチとなっていることが、1994年に発見され、体内で作られたFGF-5が毛乳頭へ働きかけ、脱毛シグナルを出していると考えられている。そこで同社は、FGF-5を抑制する成分を、医薬部外品として使用できる2,000近い成分リストのなかから探索。一つひとつ確かめていったところ、ワレモコウエキスなど数種類の植物エキスにFGF-5活性抑制効果と成長期延長効果を見出し、独自の処方を組み立てた。

以下はある論文内のデータで、育毛効果を検討するために23人の被験者を対象に臨床実験を行い、ワレモコウエキスを1日2回、頭皮につけて軽くマッサージしてもらうことを4カ月継続した結果、シャンプー時に抜ける抜け毛数は2カ月後に13%、4カ月後に32%減少し、抜け毛中の軟毛(短い毛)が4カ月後に37%減少したという。2007年には、脱毛に悩む被験者39名の協力を得て、ワレモコウエキスに抜け毛数および休止期毛率を有意に減少させる効果があることを証明し、論文でも発表している。

ワレモコウエキスで観察された臨床的効果
出典:株式会社アドバンジェン公式サイト

そして、2008年に製品化されたのが「Jo-Ju スカルプローション(育毛剤)」だ。株式会社アドバンジェン 製品開発部部長 横田淑美氏は、「植物エキスは、収穫年によって含まれる活性成分にゆらぎがある。アドバンジェンでは、その活性成分の比率にも規格値を定め、基準を満たしたものを原料として仕入れ、工場に支給し、製造している」という。

またFGF-7は、毛乳頭にある発毛促進因子で、毛母細胞の分裂を促すことで発毛を促進する働きがあることが知られている。そこで、FGF-7の働きを促進する成分として、ビワ葉エキス、β-グリチルレチン酸を配合して、2021年に製品化されたのが「Jo-Ju REDスカルプローションEX(育毛剤)」(税込7,920円)だ。

株式会社アドバンジェン 製品開発部部長 横田淑美氏
プロフィール/1988年、京都大学大学院 生命科学研究科修士過程終了(遺伝子操作・タンパク質解析研究)。その後、国内医薬品メーカーの応用生化学研究所に入所。バイオセンサーの工業化に成功。(国研)産業技術総合研究所に勤務し、バイオセンサーの研究に携わる。2008年、株式会社アドバンジェン入社

同社では、ヘアケア製品のほか、FGFをはじめとした「因子」にフォーカスしたスキンケア製品なども展開しており、今後も新しい育毛成分の研究開発やQOL向上のための製品など、科学的根拠をベースにした製品開発を行っていくとする。

外資系製薬会社のトップなどを歴任し、2021年4月に株式会社アドバンジェン 代表取締役社長に就任した藤井光子氏は、「(大型の広告キャンペーンを打つこともなく)商品の良さだけで消費者の支持を得て、業界水準からすると驚くほど高いリピート率があることを知り、正直、この製品がもつポテンシャルに驚いた」と話す。

すでに、米国や欧州などでの販売を展開し、海外進出先でも順調に伸びているが、日本国内では今後、InstagramなどのSNSを活用したデジタルマーケティングにも力を入れ、毛髪ケアの重要性を啓発していくとしている。

「現在、国内では50歳以上のユーザーが多いが、40代のお客様も増えている。若い年代の方にも、毛周期に関する正しい知識を身につけ、早めに毛髪ケアを始めることの大切さを伝えていきたい」(藤井氏)

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
Top image: kei907 via shutterstock

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf