コーセーの新「カウンセリングシステム」社内開発でBCとともにDXの中心へ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コーセーの新「カウンセリングシステム」社内開発でBCとともにDXの中心へ

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

コーセーが新たなDX施策をスタートした。2021年9月16日から稼働したカウンセリングプラットフォーム「WEB-BC SYSTEM」はビューティコンサルタント(美容部員、以下BC)とユーザーを繋ぎ、より高いレベルのカウンセリングを提供する。まずは「DECORTÉ(コスメデコルテ)」のサービス「DECORTÉ Personal Beauty Concierge(コスメデコルテ・パーソナル・ビューティ・コンシェルジュ)」として導入し、今後は他ブランドへの展開も視野に入れる。構想からリリースまで1年半のスピード、ほぼ内製したプラットフォームシステムの概要と、ユーザーに新たな体験を提供するサービス内容について紹介する。

コーセーが目指してきた「パーソナルな顧客体験」

コーセーのDXはパンデミック以前から始まる。2018年4月にはデジタルマーケティングの専門部署を新設(2021年3月にマーケティング政策室と統合)、情報統括部とともにECから店舗までデジタル化推進に向けたシステム開発を推進してきた。創業80周年に向けて中長期ビジョンとして掲げる「VISION 2026」のなかでも、「デジタルを活用したパーソナルな顧客体験」を2つの価値追求のうちの1つとしている。

2019年11月開設の自社EC「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」は“オウンドメディア”と位置付け、東京・銀座と表参道にある直営店とあわせた新たな顧客接点としている。2020年3月には同サイト内に、バニッシュ・スタンダードが提供するアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を導入。BCやコーセー社員がメイクやスキンケアの紹介画像を投稿することで、ユーザーとのコミュニケーションを促進している。

新型コロナ禍ではBCやメイクアップアーティスト、社員によるインスタグラムライブも実施し、ビデオコマースとしてEC内で展開。コンテンツの幅を広げてきた。

スクリーンショット 2021-10-05 10.15.06

出典:Maison KOSÉ

2021年12月期 第1四半期決算発表では、国内売り上げが前年比5.4%増(337億円)と成長するも、緊急事態宣言などの影響で百貨店チャネルはパンデミック以前の水準には達しなかった。一方でメゾンコーセーを中心にECチャネルの需要は変わらず高く、継続伸張している。そのなかで、次なる一手として期待されるのが9月にローンチした「WEB-BC SYSTEM」だ。

次なる一手「WEB-BC SYSTEM」の独自性

新たなカウンセリング手法としてコーセーが独自開発したプラットフォーム WEB-BC SYSTEMは、従来のオフラインカウンセリングのきめ細やかさを再現しつつ、オンラインの手軽さを両立させるものだ。

この続きをみるには

この続き: 3,720文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf