見出し画像

ポーラ・オルビスHDの革新は、MIRC研究員が世界中をぶらぶらすることから始まる

◆ English version: Pola Orbis’ wandering wonders are the key to open the future
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界に限らず、さまざまな企業が新しい価値観、市場創出という観点でイノベーションをどう創出するかに心をくだいている。その方法は他分野の企業と提携する、スタートアップに投資したりアクセラレーターとして支援するなどさまざまだが、ポーラ・オルビスホールディングスがとったのは、社内にイノベーションをミッションとした部署、Multiple Intelligence Research Centerの立ち上げだ。通称MIRC(ミルク)が発足して約1年がたつ。研究員のミッションである「ぶらぶら」の結果、どんな成果があったのだろうか。

2018年1月、株式会社ポーラ・オルビスHDにMultiple Intelligence Research Center、通称MIRC(ミルク)が発足した。それまではポーラ化成工業にあった基礎研究、開発研究の基盤を、ホールディングス全体の研究開発をみていく部署として位置づけたものだ。

MIRCの役割は、同社のプレスリリースによると「グループ視点での研究戦略および知財戦略を策定し、研究成果のグループ最適配分」だ。そのほかに、ポーラ・オルビスHDのイノベーションの種をみつけることも任務に入っている。それが、「人々の美の探求に相応する次世代ニーズの探索」「最先端研究機関との連携」というミッションだ。

とはいっても、「イノベーションをおこす」の合唱だけでは、もちろんイノベーションを生むことはできない。そこでMIRCは組織としてのイノベーションを定義している。その定義を策定し、社内外にその重要性を説いてきたのが、ポーラ・オルビスホールディングス グループ研究・薬事センター担当 執行役員 マルチプルインテリジェンスリサーチセンター所長 末延則子氏だ。

末延氏は、イノベーションを「新結合」と定義した。新結合とは経済学者シュンペーターが用いた言葉であり、著書『経済発展の理論』の中で、技術革新だけでなく組織のあり方まで踏み込んだ新結合を説明する5項目が知られている

「ポーラ・オルビスHDはもともと肌研究が得意な会社で、肌のビッグデータも保有している。時代や社会が移ろいゆく中で、今までだったら見過ごされていたような機微や感情の変化を、お客様が心を開いてコミュニケーションしてくださることで、我々も新たに感じるようになってきた。こういったことをきちんと科学し、新しい何かを生み出すためには肌研究と新しい分野を結合させることが必要で、それがMIRCでのイノベーションだ。その結果として人生を彩り、社会を変えるきっかけを作っていきたいと思っている」(末延氏)。

直近で肌研究とかけ合わせた異分野は「宇宙」

ポーラ・オルビスHDは、内閣府やNEDOなどが主催する「S-Booster」という宇宙に関するビジネスアイディアコンテストに協賛。自社からも応募し、総応募数約200件の中から、2つのアイディアがファイナリストに選ばれた。

ひとつめの研究は「宇宙での肌と微生物の共生」に関するもの。微生物はそのままの状態では宇宙空間で生存できないが、宇宙ステーションでは肌に常在する微生物が生き続けることがわかっており、将来的に人類が宇宙で活動する際に重要な鍵となると予測される。このことから、宇宙特有の肌環境において、人間の肌と微生物を両立させる研究だ。

ふたつめは「美肌衛星予報」。宇宙視点から近赤外線(※)を感知し、予報として地球生活に役立てるというもので、その近赤外線が強いときは通勤ルートを変える、といった活用が考えられる。

(※)太陽光エネルギーの50%を占め、肌の深部、筋肉まで達することから肌老化に関係があるとみられている

どちらのアイディアも、「普段の研究の延長線上からはなかなか思いつかない。『宇宙』という異分野との掛け合わせという視点をもったからこそ出てきたアイディア」(末延氏)だという。もちろん、宇宙の研究は地球上の生活にも役立てられるため、今後は研究をベースに実際の製品などへの応用も検討していく。

S-Booster 2018最終選抜会の様子

ビッグデータ解析やオープンイノベーションで肌データを活用

MIRCのイノベーションの種の発掘を体現している活動のひとつが、世界中を行脚し、最先端技術や文化を発掘する「ぶらぶら研究員」だ。現在は女性3名男性1名のメンバー構成で、彼らは世界で起こっている事象について仮説をたて、自由に渡航して風土や哲学、文化などを調査する権限をもっている。たとえばファッション分野ではここ数年アスレジャー(アスレチックとレジャーを掛け合わせた造語)が話題になり、化粧品とウェルネスが近づくなど新しいトレンドが起こっている。こうした情報をいち早く察知して、震源地に赴き、情報収集をして分析することがぶらぶら研究員の役目だ。

研究員たちには、どこで何を研究してもよいという自由があたえられている。アメリカ、中国などの大国からグルジアのような小国まで飛び回り、会議はほぼリモートで行われる。すべて社内から公募したスタッフで、古典ハープを弾けるなど一風変わった特技を持つスタッフもいる。ぶらぶら研究員になるための条件は「できれば理科系の素養があり、世界中の人と仲良くなれること」(末延氏)だという。

この組織が発足して約1年がたつが、具体的な成果も出てきている。ポーラ・オルビスHDは2018年から、マサチューセッツ工科大学メディアラボのコンソーシアムに参画。「ぶらぶら研究員が、同大の研究員とグループのポーラ化成工業の研究員の共創をコーディネートすることにより、肌と感情の関係性の解明がスタートしつつある」と末延氏は語る。

美白とアスレジャーの相関関係を解明する

またポーラ・オルビスHDは、長年かけて集めてきた顧客の肌情報に関するビッグデータの有効活用にも取り組んでいる。たとえば「美白」。若いのにシミができたり、逆に年齢を重ねてもシミが少ない肌の人もいたりする。近年のビッグデータ解析技術の発展に後押しされ、美白のための遺伝子解析を実施したところ、判明したのは、皮膚そのものではなく、筋肉に存在する成分が美白に有効であるということだった。この結果はMIRCとしても予想外で、皮膚だけを研究していたのでは決して発見できなかったという。

ちなみにこの事実は、前述したアスレジャーの流行にも関係しているのではないか、というのが末延氏の考察だ。つまり、科学的には立証されていないものの、筋トレをすれば美白につながることを人々は感覚的にわかっており、その結果、いつでもトレーニング可能でかつスタイリッシュなアスレジャーというファッションスタイルにいきついたのかもしれない、というわけだ。これもぶらぶら研究員の成果からたてた仮説だ。

「ぶらぶら研究員やビッグデータ解析が結びつき、人々の生活習慣がどう美白に影響するのか、といったことがわかってきた。サイエンスにもとづいて文化や事象を解析できるのが、ポーラ・オルビスHDの強みになっている。美白と筋肉の関係も、近い将来に何かしらの形で提唱していきたいと考えている」(末延氏)。

ポーラ・オルビスホールディングス
グループ研究・薬事センター担当 執行役員
マルチプルインテリジェンスリサーチセンター所長
末延則子氏

またポーラ・オルビスホールディングスは2018年からCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を運営。MIRCは、こういった案件にも関わっている。2018年はスマートミラーを開発するスタートアップnoveraに出資をしたほか、12月にはパーソナルスタイリングサービス「SOÉJU Personal(ソージュパーソナル)」を展開するモデラートに出資した。

noveraについてはまだ投資してから日は浅いものの、ポーラ・オルビスグループが保有する肌データと、noveraが収集するデータをかけ合わせることができないか、といった話も進行しているという。「社内だけでなく外部とも協業することで、新しい価値を生んでいきたい」(末延氏)とし、今後もスタートアップをはじめ、外部との協働、いわゆるオープンイノベーションを進めていくという。

長期的な研究開発でもモチベーションは高い

MIRCの研究は、成果が出るまでに10年以上かかるアイディアも珍しくない。末延氏自身も、2017年に発売を開始し大ヒット商品となっている「リンクルショット」の研究開発に15年の年月を費やした当事者だ。また、“美白王子”と呼ばれる研究員の本川智紀氏が、「ぶらぶら」しているときにこそ、大発見につながるひらめきを得ているのは、社内はもとより、業界内でも知られた話である。

とはいえ、これだけ長期間成果が出ない研究ではモチベーション管理も難しいはずだ。末延氏は、緻密に長期計画を立てて、長いスパンの間でも少しずつ進捗がみえるようにするマネジメントを行っているというが、研究員たちのマインドは末延氏よりも先を見ているという。

「MIRCのメンバーは、さまざまな商品が10年以上かかって花開いているところを見ているので、若い研究員を含め、時間がかかったり成果がみえないことに対する不安が少ない。むしろ若手の研究員からは次々とアイディアが出てきて、選別が大変なほど。『あの研究も成功したのだから、こちらもなんとかなるはず』と、自分たちが未知のものをつくるんだという気概に溢れている」(末延氏)。

他にも自由な発想のもと新しい概念や変革を生み出し実践することを目指す「イノベる活動」といった取り組みも実施。和室で研究内容についてディスカッションするなど、自由闊達な議論ができる環境作りにも余念がない。

15年の歳月を要して開発されたリンクルショットは、
現在大人気商品となっている(image: POLA)

MIRCが研究・開発した内容はポーラ・オルビスHD内の事業会社が商品化していくのだが、逆に事業会社側からMIRCに相談もあるという。MIRCにはぶらぶら研究員のコネクションをはじめ、今まで培ってきたネットワークがたくさんある。それを活かし、社内外の専門家と事業会社をとりもつ窓口的な機能ももっているのだ。

「水面下ではさまざまなアイディアが実証にむけて進んでいる」(末延氏)という言葉どおり、今後も自由闊達なMIRCから、予想もつかない分野とビューティ関連のイノベーションが生まれてくるにちがいない。

Text: 納富隼平(Jumpei Notomi)、編集部
Top image: Mantas Hesthaven via unsplash


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
7

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

サイエンス

BeautyTech.jpで、サイエンスに関する記事をまとめたマガジンです。
4つ のマガジンに含まれています