P&Gやロレアルが明示、ハイパー・パーソナライゼーションの時代【CES2020】
見出し画像

P&Gやロレアルが明示、ハイパー・パーソナライゼーションの時代【CES2020】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

CES2020、美容領域ではハイパー・パーソナライゼーション時代の到来が明確に告げられた。第1弾レポートは、P&Gのデジタルコンシーラー、ニュートロジーナの肌分析&アドバイスアプリ、そしてロレアルの家庭用スキンケア&メイクデバイスを紹介する。顧客をどこまでも深く知り先回りするスキンケアだ。

2020年1月6日から10日まで米ネバダ州ラスベガスにて、毎年恒例の世界最大級のテクノロジーショー「CES2020」が開催された。展示会場内にはビューティテック専用エリアの設置こそないものの、広大な会場のあちらこちらにビューティ関連の最新機器やサービスが展示され、開発者やマーケティング担当者が登壇するセッションなども数多く開かれて、引き続きビューティテックに対する世界的な盛り上がりが感じられた。なかでも、フランス、韓国、中国の企業の奮闘が目立っていたのも特徴だ。

まずは、今回のCESで明らかになった、ビューティテックの今を語るうえでの最重要キーワードである「ハイパー・パーソナライゼーション」の実現に向けた業界大手の取り組みを2回にわたり紹介する。

画像1

ここ数年、顧客一人ひとりに向けてカスタマイズしたサービスを、ダイレクトに届けるパーソナライゼーションの推進は、美容分野における大きな潮流のひとつだったが、今年2020年はそれがさらに一歩進んだといえるだろう。テクノロジーを活用することで、ユーザー自身のことを本人よりも熟知し、先回りして顧客が求めている美を解き明かし実現していく、「ハイパー・パーソナライゼーション」への道筋がはっきり見えてきたからだ。

P&Gが完成させたスキンケアデバイス「Opté」の実力

今年のCESでまず目を引いたのは、昨年同様に複数のグループ企業からなる巨大ブース「LifeLab」を設営したP&Gである。

画像2

LifeLabでは「オーラルB」のスマート歯ブラシ、「パンパース」が提案する赤ちゃんのモニタリングを進化させたオールインワン・コネクテッドベビーケアシステムのほか、「ジレットラボ」による加熱シェーバー、スマートフレグランスディフューザー「AIRIA」など、消費者個人にパーソナルに寄り添い、毎日の暮らしをより便利かつ快適にするテック製品を多数ラインナップした。そこで、ひときわ注目の的だったビューティテック機器が、いわばデジタルコンシーラーと呼ぶべき「Opté Precision Wand」だ。

この続きをみるには

この続き: 3,613文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf